丹沢大山総合調査

掲載日:2015年1月6日

写真:丹沢山地の遠景

1999年度(平成11年度)3月に「丹沢大山保全計画」が策定され、丹沢山地の自然環境を守るための対策を講じられてきましたが、自然環境の衰退に歯止めをかけるには至りませんでした。

そこで、問題解決の新たな仕組みを探るために、県民・NPO・学識者・企業などの多様な主体により丹沢大山総合調査実行委員会が組織され、2004年度(平成16年度)から2005年度(平成17年度の2ヵ年をかけて「丹沢大山総合調査」が実施されました。

この調査の結果、これまでの保全対策の強化に加えて戦略的な自然再生の実行が必要であることとなり、神奈川県では「自然再生」の手法を新たに取り入れた「第1期丹沢大山自然再生計画」を2007年度(平成19年度)3月に策定して、丹沢山地の自然再生事業に取り組んでいます。


丹沢大山総合調査に向けた取り組み



アドビリーダーのダウンロードPDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社が無償配布しているAdobe Readerが必要です。アイコンをクリックすると、ダウンロードページが別ウィンドウで表示されます。

神奈川県

このページの所管所属は 自然環境保全センター です。