機械

掲載日:2017年4月13日

*平成29年3月14日に開催した「平成29年度神奈川県職員採用試験に向けた説明会」の概要をご紹介します。
*所属名称は配属当時のものです。

流域下水道整備事務所 飯塚 康成 副技幹

飯塚副技幹の写真

キャリアステップ(新規採用時から現所属まで)

酒匂川流域下水道整備事務所 → 相模川総合整備事務所 → 流域下水道整備事務所 → 住宅営繕事務所 → 現所属

現在担当している業務内容

相模川及び酒匂川流域下水道の建設工事(機械)の調査、長寿命化、企画及び設計監督に関すること

新採用当時の思い出

 最初の配属先は、酒匂川流域下水道整備事務所でした。下水処理場の機械設備の設計監督が主な仕事で、配属後、経験者採用ということもあり、直ぐに設計書の作成や工事監督の仕事を任されました。最初の頃は、下水道特有の専門用語に悩まされ、なかなか話が理解できず“これはマズイ”と焦って、コツコツ勉強したのを覚えています。諸先輩方からも「分からない事は遠慮なく聞いて」と声を掛けて頂いたので、よちよち歩きながら、なんとか仕事をこなしていました。とても懐かしい思い出ですし、色々教えて頂いた先輩方に、本当に感謝の気持ちで一杯です。

仕事のやりがい

 下水道は、県民にとって必要不可欠な公共施設です。その建設工事に携わることができることに大きなやりがいを感じています。

 下水の工事は、設計を含めると約2年から3年、4年の長期的な仕事が多いのが特徴です。工事が完成するまでには多くの人が関わり、膨大な時間と労力を伴いますが、実際に機械が稼動し運用される時は、“グッと”くるものがあります。

皆さんへのメッセージ

 神奈川県の機械職は他の職種に比べて人数が少なく、特に若手が少ないのが現状です。柔軟に新しい発想でチャレンジしてもらえたらと思います。

 是非、私たちと一緒に神奈川県で働きましょう。皆さんと共に働けることを楽しみにしております。


寒川浄水場 草階 崇史 技師

草階技師の写真

キャリアステップ(新規採用時から現所属まで)

入庁時から現所属

現在担当している業務内容

  • 県営水道の配水設備の維持・管理
  • ポンプ、バルブといった機械設備に関する設備の修理や更新
  • 浄水場外(ポンプ所、配水池)の設備(空調、防食等)の点検委託

入庁時の志望動機

 もっと人々の生活に身近な仕事がしたいという気持ちが強くなったことが一番の動機です。

 その中でも当時神奈川県を訪れることが多かったからか神奈川県内で仕事がしたいという思いが強くなったことや、横浜から津久井方面まで広い範囲で様々な仕事に携われるのではと考え神奈川県職員を志望しました。

新採用当時の思い出

 仕事は与えられましたが、どのように仕事を進めたらよいのか全くわからない状態で頭に?がいっぱいでした。そのため、先輩や上司にたくさん質問しました。先輩や上司も嫌がることなくとても丁寧に教えてくれて嬉しかったのを覚えています。また、自分の担当の仕事をやりきった時は達成感や、次はもっと上手に仕事を進めたいという向上心が溢れてきて、今でもその思いは冷めることはありません。

仕事のやりがい

 前例踏襲や既存のことに囚われることなく、自由に自分の考えを形にできます。

 担当工事をこなす毎に明確な達成感が得られます。

 学ぶべきことがたくさんあるので、努力をした分、自分を成長させられます。

 毎年異なる仕事を担当することができます。

皆さんへのメッセージ

 この仕事は自分の考えや思いを形にでき、それが何年も残る仕事です!就活中は不安や心配がたくさんあると思いますが、最後まで諦めずに頑張ってください!皆さんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

神奈川県

このページの所管所属は 人事委員会事務局 です。