児童扶養手当と公的年金給付等との差額が受給可能になります

掲載日:2014年11月13日

平成26年12月1日から「児童扶養手当法」の一部が改正されます

 これまで、公的年金(遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など)を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が、児童扶養手当額より低い方は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになります。児童扶養手当を受給するためには、お住まいの市区町村担当課への申請が必要です。

今回の改正により新たに手当を受け取れる場合

●お子さんを養育している祖父母等が、低額の老齢年金を受給している場合
●父子家庭で、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合
●母子家庭で、離婚後に父が死亡し、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合   など

支給開始日

●手当は申請の翌月分から支給開始となります。ただし、これまで公的年金を受給していたことにより児童扶養手当を受給できなかった方のうち、平成26年12月1日に支給要件を満たしている方が、平成27年3月31日までに申請した場合は、平成26年12月分の手当から受給できます。
●平成26年12月から平成27年3月分の手当は、平成27年4月に支払われます。

詳しく制度について知りたい方は?

児童扶養手当(法改正)パンフレット [PDFファイル/488KB]

児童扶養手当法の改正Q&A(公的年金等と合わせて受給する場合) [PDFファイル/150KB]

 

本文ここで終了

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 県民局 次世代育成部 子ども家庭課 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア/国家戦略特区
  • 京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区(特設サイトへ)
  • さがみロボット産業特区
  • 健康寿命日本一をめざして
  • かながわスマートエネルギー計画