神奈川県農林水産系研究機関研究成果発表会     -“かながわ発”食と生産技術ー

掲載日:2018年1月26日

トップージへ戻る   

神奈川県では、農林水産業の活性化に向けた取り組みを進めており、その目的を達成するために農林、水産、畜産、林業、各分野の研究機関を設置し、「地産池消の推進」や「食の安全・安心」に寄与する研究開発を進めています。

今回は、その研究成果の一端を、県民の皆様に知っていただくため、研究員自らがわかりやすくご紹介します。

◇発表テーマ◇

各研究機関が今、イチ押しの研究成果についてお伝えします。

 1)農薬に頼らず害虫をコントロール -殺虫から制虫へ-(農業技術センター)

 2)県内初の肉用鶏‘かながわ鶏’開発ストーリー(畜産技術センター)

 3)キャベツでムラサキウニを育てる!(水産技術センター)

 4)スギ、ヒノキの花粉発生を減らす(自然環境保全センター)

◇研究成果の展示・試食◇

各研究機関最新の研究成果を直に見ることや試食をすることができます。

 展示:スプラッシュヴィーノ(スイートピー新品種)、魚の中骨抜き具、無花粉スギ 等

 試食:湘南ゴールド(カンキツ)、湘南ポモロン(トマト)、かながわ鶏、マグロのコンフィ

◇日時・会場◇

  平成30年3月6日(火曜日) 

   17時30分から19時30分(受付は17時より)

  かながわ県民センター 2階ホール

    横浜駅西口・きた西口を出て徒歩5分

  対象者:県民、学生、関係者の方のご参加をお待ちしております。

  申込み:不要です。直接、会場にお越しください。

  料金:無料

  問い合わせ先:神奈川県農業技術センター 企画経営部

            TEL 0463-58-0333(代)  FAX 0463-58-4254

研究成果発表会チラシ [PDFファイル/8.5MB]PDFファイルを表示するには、Acrobat Readerが必要です。

先頭に戻る


Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 農業技術センター です。