研究&普及情報

掲載日:2017年2月27日

 神奈川県畜産技術センターから、一般社団法人神奈川県畜産会の「畜産情報」紙に原稿提供している畜産農家向けの情報について、いつでもごらんいただけるように掲載しました。
 題名をクリックすると詳細画面に移動します。上にあるほど新着の情報です。
 研究情報企画研究課技術情報普及指導課が提供しています。

29年度

技術情報 2017年4月「県内養豚生産者の良質豚肉生産に向けた支援について」

28年度

研究情報 2016年11月「飼料用米を給与した豚肉の理化学分析結果について」
技術情報 2016年9月「酪農経営収益性向上のための効率的な後継牛確保について」 
研究情報 2016年7月「農林水産関係試験研究推進構想(畜産の部)について」 
研究情報 2016年5月「スーダン型ソルガムを活用した省力的多収飼料生産技術」  

27年度

研究情報 2016年3月「養豚場現場における臭気評価方法の検討」 
研究情報 2015年11月「畜産への理解を深めるために-県畜産技術センターの取り組み」  
研究情報 2015年9月「神奈川県産の鶏肉を!-かながわ肉用鶏作出の取り組みについて」 
技術情報 2015年7月「県内産牛肉の脂肪酸組成向上にむけた取り組み」 
研究情報 2015年5月「消費者型官能評価による豚肉の嗜好と肉質分析値との関連性」 

26年度

研究情報 2015年3月「乳中コルチゾール濃度による乳牛のストレス評価について」 
研究情報 2014年11月「えさの成分と牛肉の食味性との関連について」 
技術情報 2014年9月「畜産における有害鳥獣被害調査」 
研究情報 2014年7月「密閉縦型発酵装置の排気熱で温水を作る技術について」 
研究情報 2014年5月「ほ乳期の混合飼育が離乳後の子豚に与える影響」 

25年度

研究情報 2014年3月「トウモロコシの不耕起栽培」 
研究情報 2014年1月「平成24年餌付け採卵鶏の経済検定成績」 
技術情報 2013年11月「堆肥に残留した除草剤による生育障害について」 
研究情報 2013年9月「性判別受精卵生産への性選別精液の利用」 
研究情報 2013年7月「畜産経営の「消費電力の見える化」について」 
研究情報 2013年5月「採卵鶏の育成期からの飼料用籾米給与による産卵性等への影響」 

24年度

技術情報 2013年3月「高品質な自給飼料生産で飼料自給率をアップ」 
研究情報 2012年12月「平成23年え付け採卵鶏の経済検定成績より」 
研究情報 2012年11月「福祉的要素を取り入れたほ乳・離乳子豚の飼養管理方法の検討」 
研究情報 2012年10月「太陽光及び風力発電で得られた電力を堆肥化処理に活用する取り組み」 
研究情報 2012年9月「牛の性選別精液の使い方」 
研究情報 2012年7月「受精卵移植を活用した種豚導入システムについて-胚の輸送方法の検討-」 
研究情報 2012年5月「塩類濃度の低い堆肥の特徴」 

23年度

研究情報 2012年3月「和牛子牛の人工哺育 畜産技術所の飼養管理方法」 
研究情報 2012年2月「トウモロコシ二期作の経済性の検討」 
研究情報 2011年12月「平成22年え付け採卵鶏の経済検定成績より」 
研究情報 2011年11月「トウフ粕を利用した黒毛和種肥育の経済性について」 
技術情報 2011年10月「県内産豚肉の脂肪性状の傾向について」 
研究情報 2011年9月「太陽光及び風力発電で得られる電力を畜産経営へ活用する取組み」 
研究情報 2011年8月「消費者は畜産物に何を求めているのでしょうか?」 
研究情報 2011年7月「快適性の高い離乳子豚の飼育システムの検討」 
技術情報 2011年6月「暑熱対策をみなおし、夏を乗り切りましょう」 
研究情報 2011年4月「省力的な採卵方法の検討-FSH1回投与による新しい取り組み-」 

22年度

研究情報 2011年3月「塩類濃度の低い乳牛ふん堆肥を作るには」 
研究情報 2011年2月「本県に適応したトウモロコシ二期作栽培体系の検討」 
研究情報 2010年12月「平成21年え付け採卵鶏の経済検定成績より」 
技術情報 2010年11月「自給飼料生産の現地情報」 
研究情報 2010年10月「快適性に配慮したケージシステムによる採卵鶏の飼養技術の検証」 
研究情報 2010年9月「畜産経営への自然エネルギー導入の取り組み」 
研究情報 2010年8月「経膣採卵による後継牛確保-泌乳初期や妊娠期への応用-」 
研究情報 2010年7月「黒毛和種肥育牛に対する生トウフ粕の給与について」 
技術情報 2010年6月「飼料用米の利活用に関する実証試験について」 
研究情報 2010年5月「系統豚『カナガワヨーク』を利用した優良種豚の生産について」 
技術情報 2010年4月「肥育生産者が和牛子牛に求めるもの」 

21年度

研究情報 2010年3月「神奈川県における飼料用トウモロコシ二期作栽培(その2)」 
研究情報 2010年2月「神奈川県における飼料用トウモロコシ二期作栽培(その1)」 
研究情報 2009年12月「平成20年え付け採卵鶏の経済検定成績より」 
研究情報 2009年11月「家畜ふん堆肥の塩類濃度と塩類濃度の低い堆肥の製造」 
技術情報 2009年10月「県肉豚共進会出品豚における背腰長及び椎骨数の変化について」
研究情報 2009年9月「豚舎汚水からリンを含んだ肥料を回収する方法(その3:農家実証試験)」 
研究情報 2009年8月「豚胚の非外科的移植技術について」
研究情報 2009年7月「黒毛和種肥育牛に対する生トウフ粕の給与について」 
研究情報 2009年6月「シンバイオティクスを用いた乳用子牛の哺育管理技術の開発」 
研究情報 2009年5月「発酵リキッド飼料による中ヨークシャー交雑種での発育性、肉質の向上」 

20年度

研究情報 2009年2月「豚舎汚水からリンを含んだ肥料を回収する方法(その2)」 
研究情報 2009年1月「平成19年え付け採卵鶏の経済検定成績より」 
研究情報 2008年11月「和牛放牧による有害鳥獣及び荒廃地対策への支援」 
研究情報 2008年10月「アニマルウェルフェアに配慮した採卵鶏の飼養技術の検証」 
技術情報 2008年9月「若い世代が頑張っています-県養豚協会-」 
研究情報 2008年8月「系統豚『カナガワヨーク』と『ユメカナエル』を活用した豚肉生産」 
研究情報 2008年7月「アミノ酸かすヒューマスを利用した家畜ふんの抑臭堆肥化技術」 
研究情報 2008年6月「受卵牛へのホルモン剤投与が受胎に及ぼす効果について」 
研究情報 2008年5月「生トウフ粕の黒毛和種肥育牛への給与」 

19年度

技術情報 2008年2月「卵殻色・卵黄色の傾向について」 
研究情報 2008年1月「平成18年え付け採卵鶏の経済検定より」 
技術情報 2007年12月「暗渠管を利用した堆肥づくりについて」 
研究情報 2007年11月「乳成分値を利用した栄養診断」 
研究情報 2007年9月「ナノピコオゾン水による豚舎及び長靴の洗浄効果」 
研究情報 2007年8月「豚舎汚水からリンを含んだ肥料を回収する技術」 
研究情報 2007年7月「食品残さ飼料給与豚の肉質改善について」 
技術情報 2007年6月「MUN(乳中尿素窒素)値を活用しましょう」 
研究情報 2007年5月「食品残さ飼料による肉用牛肥育の取り組み」 

18年度

研究情報 2007年2月「耕作放棄地の省力的な草地造成方法」 
研究情報 2007年1月「平成17年え付け採卵鶏の経済検定より」 
研究情報 2006年11月「繁殖が困難な牛からの受精卵の生産」 
研究情報 2006年10月「子供たちがペットボトルで透視度計をつくったよ(イベント情報)」 
研究情報 2006年9月「牛受精卵移植に関する最近の取り組みについて」 
技術情報 2006年8月「なぜ『食育』が必要なのでしょう」 
研究情報 2006年7月「植物パネル(コケパネル)を利用した暑熱対策について」 
研究情報 2006年6月「活性汚泥浄化槽による微生物脱臭装置の脱臭廃液処理」 
研究情報 2006年5月「豚の非外科的受精卵移植のための子宮深部注入用カテーテルの開発」 
技術情報 2006年4月「浄化槽を上手く管理するには 日ごろの観察が大切です」 

17年度

研究情報 2006年3月「植物と鹿沼土を用いた家畜用浄化槽処理水中の窒素リンの低減」 
研究情報 2006年2月「細断型ロールベーラを用いたトウモロコシサイレージの調製技術」 
研究情報 2006年1月「平成16年度採卵鶏の経済検定試験より」 
技術情報 2005年12月「肥育牛に対するビタミンの影響と使い方」 
研究情報 2005年11月「初産分娩月齢を早期化するための育成牛の管理」 
技術情報 2005年10月「微生物資材による鶏ふん発酵乾燥ハウス内の臭気軽減について」 
研究情報 2005年9月「LCAを用いた環境影響評価の取り組みについて」 
研究情報 2005年6月「系統豚『カナガワヨーク』と『ユメカナエル』を活用した豚肉生産」 
技術情報 2005年5月「養豚における剪定枝の敷料利用-子豚期の事故率を軽減するために-」 
研究情報 2005年4月「オゾンによる豚舎内の衛生環境改善への取り組み」 

16年度

研究情報 2005年3月「活性汚泥浄化槽を活用した畜舎排水と臭気の同時処理システムの開発」 
研究情報 2005年2月「新しい繁殖技術による後継牛生産」 
研究情報 2005年1月「細断型ロールベーラを用いたトウモロコシサイレージの調製技術」 
研究情報 2004年11月「高品質牛肉の低コスト生産を目指して」 
研究情報 2004年10月「簡易堆肥化試験研究について」 

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 畜産技術センター です。