漁況情報・浜の話題 15-17

掲載日:2015年12月10日

漁況情報・浜の話題

No15-17(平成27年12月10日)/月2回発行          水産技術センター
                                         企画資源部   046-882-2312
                                         相模湾試験場    0465-23-8531

→バックナンバー (平成25年度まで)  (平成26年度以降)

→西湘地区の情報はこちら 相模湾試験場


浜の話題

○11月4・12・19日、平塚市漁協は、地元の小学校を回り、食育の一環として平塚の漁業と地魚について説明しました。当日は、川長三晃丸さんや庄三郎丸さんが定置網で獲れたサバ等を使ってさばき方を披露した後、定置網、刺網、しらす船びき網等、平塚の漁業と地魚について説明しました。小学生からは、平塚で多く獲れる魚や珍しい魚について質問があったそうです。

○ 11月6日、刺網漁業者や魚市場、行政関係者などで構成される小田原市産地協議会・サザエ蓄養試験部会が開催されました。同部会では10月よりサザエの蓄養試験を実施しており、当日は蓄養から1ヶ月経過したサザエの試食も行われました。出席者は、当日水揚げされた天然サザエと蓄養サザエを食べ比べ、味の差などについて意見を述べていました。

○ 11月18日以降、江の島片瀬漁協では、大型スーパー「イオンスタイル板橋前野店」(東京板橋区)に大型定置網の朝どれ地魚を出荷しています。今の時期は、脂がのったアカカマスやタチウオ、カワハギの他、小振りのカマスも特売品として出荷され、都会の消費者の方にも好評で完売しているそうです。また、毎週日曜日は茅ヶ崎のイオンにも出荷しており、「湘南の朝どれ地魚をぜひ味わって欲しい」と、同漁協販売部長も話しています。

○ 11月18・19日、磯焼け対策全国協議会が東京の農林水産省講堂で開催され、諸磯漁協と横須賀市大楠漁協の組合員や職員が聴講しました。感想を聞くと、「全国の漁業者の藻場再生の取組みを聞いて良い刺激になった、今後の活動に役立てたい。」とのことでした。

○ 11月19日、如水会館(東京都千代田区)において、2015年度漁協運動功労者表彰式が開催され、神奈川県では、藤沢市漁協の葉山一郎氏(組合長)が表彰されました。葉山氏は、長年にわたり漁協の組合長を務めるほか、県漁連役員などの要職も歴任されました。近年では、チョウセンハマグリ稚貝の放流やナガラミの資源管理に取り組むとともに、朝市の開催や市民との交流にも積極的に取り組むなど、地域水産業の振興に尽力されました。これら功績が評価され、漁協運動功労者として表彰されました。おめでとうございます。

○ 11月19日、小田原市漁協刺網部会の漁業者研修会が、県小田原水産合同庁舎会議室で開催されました。当日は水産技術センター相模湾試験場の普及指導員よりアカモクについて、また同場の専門研究員より魚介類の蓄養について講演があり、出席した部会員はみな熱心に聞き入っていました。

小田原市漁協刺網部会の漁業者研修会の様子 小田原市漁協刺網部会の漁業者研修会の様子

小田原市漁協刺網部会の漁業者研修会の様子

○ 11月21日、横浜市の波止場会館で、求人中の漁業者と漁業への就業希望者が面談形式で就業について直接相談を行う、漁業就業マッチング会が開催されました。求人側の漁業者は11名、就職希望者は56名の来場があり、会場は熱気に包まれていました。

漁業就業マッチング会の様子 漁業就業マッチング会の様子

漁業就業マッチング会の様子

○ 11月22日、大磯港で、「大磯ふれあい農水産物まつり」が開催されました。当日は、アジ、サバ、カマス等の定置網の朝どれ地魚や、大玉柿や生しいたけ等の地元の秋の味覚の直売、魚のさばき方教室や、ポン菓子や牛乳の無料サービス等もあり、盛況だったそうです。

○ 11月24日、長井町漁協所属の鈴清丸(鈴木繁和)さんが、城ヶ島沖の水深約400mで活きた未知のイカを釣り上げました。京急油壺マリンパークの職員にお願いし、29日に国立科学博物館の窪寺先生がマリンパークに来館されたときに見ていただき、「ムチイカ」と分かりました。図鑑によると分布域は日本沿岸からインドネシアで深層だそうです。

釣り上げられたムチイカの写真

釣り上げられたムチイカの写真

○ 11月24日、しらす協議会は鎌倉のホテルで漁業者研修会を開催しました。当日は35名の会員が集い、水産技術センター相模湾試験場の担当普及員より「しらす漁師に役立つ情報」と題して、ITで閲覧できる漁業情報、魚の活〆、アカモク等について、また、水産技術センター企画資源部でイワシを担当している研究員より、「今年の夏シラスの不漁について」説明がありました。研修会終了後には、今年度から新たに当協議会に加わった若手会員4名の紹介もありました。

しらす協議会漁業者研修会の様子 新たにしらす協議会に加わった若手会員の紹介

しらす協議会漁業者研修会の様子     新たにしらす協議会に加わった若手会員の紹介

○ 11月27日、三浦半島「食」の展示・試食会が、横須賀商工会議所で開催され、水産関係では三浦市の金田湾朝市部会、君栄丸、横須賀市の房竹丸、猿研(猿島ワカメ)が出展しました。自慢の鮮魚や加工品等のアピールや試食を行い、出席した商業者と面談しました。

○ 11月30日、藤沢市漁協所属 葉山組合長(堀川網)は、地産地消と食育の推進するため、藤沢市内の小学校の学校給食用に、湘南しらすの釜揚げしらす製品を提供しました。地元の小学生にも、湘南しらすを使った給食メニューは、人気があるそうです。

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。