漁況情報・浜の話題 16-12

掲載日:2016年9月29日

漁況情報・浜の話題

No16-12(平成28年9月29日)/月2回発行          水産技術センター
                                         企画資源部   046-882-2312
                                         相模湾試験場    0465-23-8531

→バックナンバー (平成25年度まで)  (平成26年度以降)

→西湘地区の情報はこちら 相模湾試験場


浜の話題

○ 9月2日、諸磯漁協の漁業者が、べっ甲の原料となるタイマイを混獲しました。既にへい死していたため、NPO法人エバーラスティング・ネイチャーが測定したところ、甲羅の長さ39cm、重さ6kgの雄のタイマイということでした。

○ 9月2から3日、関東東海ブロック漁業士研修会が静岡県伊東市で開催され、本県漁業士会から会長が出席しました。1日目は各県活動報告、若手漁業者(女性を含む)の育成及び活動に関する取組についての協議を行い、2日目には、いとう漁協の活動紹介、同漁協直営レストラン「波魚波」の視察等を行いました。

○ 9月6日、平塚市漁協所属日海丸さんの大型定置網に、標識の付いたマサバが入網しました。このマサバは、水産技術センターの江の島丸が今年の7月26日に葉山沖で標識放流した419尾のマサバの内の1尾で、同定置網では、8月19日に続いて2回目の再捕となりました。

○ 9月6日、(一財)横須賀西部水産振興事業団が横須賀市大楠漁協及び長井町漁協の協力の下、カサゴの稚魚を各4千尾ずつ放流しました。長井町漁協においては、地元の小学生も放流に参加しました。

○ 9月7日、横須賀市東部漁協走水大津支所の漁業者が、漁獲したあさりの中に小指の爪ほどの小さい危険な生物ヒョウモンダコが入っているのを見つけました。神奈川県でも再生産している可能性が高いといえます。

○ 9月7日、平塚市漁協所属の川長三晃丸さんは、平塚市立吉沢小学校で「ふれあい学校給食」を実施しました。当日は、川長三晃丸さんで定置網漁に従事する若手漁業者が、定置網、しらす船びき網、刺網といった平塚の漁業を紹介し、当日の定置網漁で水揚げしたサバをさばく実演もしました。同校の生徒の皆さんも、魚のさばき方に対する関心が高く、自分で料理して食べたいという声もあったそうです。

○ 9月8日から10日にかけて、湘南バンク平塚競輪場で、しらす協議会会長の丸八丸さんが協賛する「湘南しらす丸八丸杯」が開催されました。9月10日(土曜日)は、平塚の漁業PRキャラクター「ひらつかタマ三郎」も応援に駆け付けました。「湘南しらす丸八丸杯」開催期間中に発表されたキーワード記載の上、申し込んだ方の内9名に、湘南しらすTシャツと丸八丸さんのしらす沖漬け製品がプレゼントされるそうです。

○ 9月9日、横須賀市東部漁協久里浜支所は、(一財)東京湾南部水産振興事業団から1.2万尾及び(公財)神奈川県栽培漁業協会から7千尾の支援を受けて約12cmのマダイ1.9万尾と約7cmのクロダイ1万尾を地先の海に放流しました。種苗は状態も良く、放流するとすぐに底をめざして泳いでいきました。

○ 9月10日、漁業への就業希望者が、求人を希望している神奈川県内の漁業者等と就業について直接相談できる、平成28年度漁業就業マッチング会が横浜市内で開催されました。就業希望者は25名、漁業者等は9組が参加し、面接後、今後もお互いに連絡を取り合うために連絡先を交換する等、就業へ向けた動きが多数見られました。

○ 9月11日、宮城県漁協松島支所青年部14名が横浜市漁協柴支所を訪れ、斉田芳之副支所長他からアナゴ筒漁業と小型底びき網漁業の資源管理について説明を受けたあと、小柴のどんぶりやと小柴名産直売所を見学しました。

○ 9月11日、藤沢土木汐見台庁舎で、茅ヶ崎海岸の養浜事業に関する協議会が開催されました。当日は、相模湾試験場相澤研究員から、当該事業に係わる底質調査結果や、潜水調査での水中映像等を交えて報告がありました。その後、今後の茅ヶ崎中海岸侵食対策や養浜事業についての意見交換があり、茅ヶ崎市漁協所属漁業者が、養浜事業に対する意見や要望を述べました。

○ 9月13日、しらす協議会は鎌倉漁協で役員会を開催しました。当日は、既存のかながわブランドマークに加え、今年春に認定を受けたプライドフィッシュマークも入れた、新しいデザインのPRのぼりの作成や、かながわブランド販売促進支援事業の活用、しらす協議会漁業者研修会について協議し、しらす船びき網漁具関係のテーマで、11月29日に開催することになりました。

○ 9月13日、小田原水産合同庁舎において、水産技術センター相模湾試験場と神奈川県定置漁業研究会が共催する「相模湾の定置網漁海況予測説明会」を開催しました。当日は31名が参加し、高村研究員がアジやブリなどの「定置網主要魚種の漁況経過と今後の見通し」について、武内研究員から「神奈川県におけるさば類の漁獲動向」の説明がありました。

写真:「相模湾の定置網漁海況予測説明会」の様子1 写真:「相模湾の定置網漁海況予測説明会」の様子2

        「相模湾の定置網漁海況予測説明会」の様子

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。