漁況情報・浜の話題 16-10

掲載日:2016年8月29日

漁況情報・浜の話題

No16-10(平成28年8月29日)/月2回発行          水産技術センター
                                         企画資源部   046-882-2312
                                         相模湾試験場    0465-23-8531

→バックナンバー (平成25年度まで)  (平成26年度以降)

→西湘地区の情報はこちら 相模湾試験場


漁況情報

○ 8月3日、解禁されたイセエビの漁模様を城ヶ島漁協で聞き取りましたが、小型個体が多いながらも漁獲量はまずまずとのことでした。漁業者は、今後も漁獲が継続していくことを期待しているとのことでした。

浜の話題

○ 8月2日、二宮町漁協では、(公財)相模湾水産振興事業団のサザエ種苗5,000個を、同漁協所属 春一丸で梅沢海岸地先に放流しました。

○ 8月2日、国立研究開発法人水産研究・教育機構増養殖研究所は、共同研究を実施している水産技術センターや長井町漁協所属のトラフグ漁業者と共に、横須賀市長坂地先でトラフグの稚魚1万5千尾(平均全長7cm)を放流しました。今後、水産技術センター栽培推進部が中心となり、潜砂行動(砂に潜る行動)調査等を実施する予定です。

○ 8月6日、横浜川崎地区農政事務所が主催する「かながわ農業大発見!-横浜・柴の農業・漁業再発見2016-」が開催され、午前中に農業体験をし、午後からは横浜市漁協柴支所で漁業部門の体験学習が実施されました。当日は、小学生とその保護者29名が参加し、水産技術センターの岡部研究員から神奈川県の漁業の紹介、横浜市漁協から小型機船底びき網漁業、あなご筒漁業と魚市場の紹介ビデオの上演のあとロープの結び方を習いました。農業と漁業と盛りだくさんでしたが、子供達は元気に学んでいました。

○ 8月7日、小田原漁港で「小田原みなとまつり」が開催されました。獲れたて鮮魚や軽食の販売、遊漁船による定置網の見学、マダイ種苗の放流体験などが行われ、およそ55,000人の来場者でにぎわいました。

 写真:小田原みなとまつりの様子 写真:小田原みなとまつりの様子

              小田原みなとまつりの様子

○ 8月7日、水産技術センター相模湾試験場では「小田原みなとまつり」にあわせ、小学生親子を対象に「川と海のつながりを学ぶフィールド体験」を早川河川漁協と内水面試験場の協力のもと実施しました。早川で川釣りに挑戦した親子は、アユをはじめとした川魚を釣り上げて楽しんでいました。

○ 8月10日、横須賀三浦地域県政総合センターが、京急観光株式会社、京浜急行電鉄株式会社、横須賀市大楠漁協、平敏丸(平野)さん、鶴丸(鶴蒔)さんの協力のもと、平成28年度三浦半島実感事業 地域資源活用ツアー(第1弾)として、夏休み中の小学生とその保護者を対象とした漁業体験ツアーを開催しました。平敏丸さんがタコ漁及びしらす船びき網漁業を行い、鶴丸さんに乗船したツアー参加者が漁業の様子を見学しました。帰港後、ツアー参加者は平敏丸さんの直売所へ移動し、たこの下処理体験やシラス干し体験を行い、しらす尽くしの昼食を食べました。盛りだくさんの内容に、参加者はとても満足していました。

○ 今年から国民の祝日「山の日」となった8月11日に、新江ノ島水族館で海と山の繋がりに係わる展示があり、平塚市漁協が取り組んでいる秦野市堀山下での植樹活動や、間伐材を使った漁礁等の、同漁協所属漁業者が取り組んでいる活動についても、紹介されました。

○ 8月15日、県小釣連絡協議会第47回通常総会と交流懇談会が水産技術センターで開催され、漁業者20名が出席しました。交流懇談会では水産技術センター企画資源部の武内技師が、「キンメダイ資源の現状と今後の見通しについて」と題し、現在のキンメダイの資源状況や、キンメダイが今年度から資源評価対象魚種に設定されたことなどについて講演しました。

お知らせ

○ 平成28年度漁業就業マッチング会のお知らせ

 漁師になりたいけどツテがない、どうしたらよいかわからないという方、漁業に縁のない方が漁師になるには、まずは漁協や漁業会社等に就職することが一つの方法です。

 漁業界では担い手の減少と高齢化が進んでおり、若い担い手が求められています。

 漁業就業マッチング会は、漁業への就業希望者が、求人を希望している神奈川県内の漁協・漁業会社・個人漁業者等と、就業について直接相談できる場です。漁業への就業をお考えの方はぜひ御参加ください。

・日時

 平成28年9月10日(土曜日) 14:00から16:00

・場所

 波止場会館 5階 多目的ホール

  〒231-0002 横浜市中区海岸通1-1

  みなとみらい線「日本大通り」駅2番出口から徒歩5分

  JR・市営地下鉄「関内」駅から徒歩15分

  会場へのアクセスについて詳細は、波止場会館HP(http://www.hatoba.jp/)をご覧ください。

  ※できる限り公共交通機関でお越しください。

・対象者

 神奈川県内で漁業に就業したい方、漁業に興味のある方

・内容

 漁業就業希望者を求めている神奈川県内の漁協・漁業会社・漁業者が出展します。

 御来場いただきましたら、興味のある漁業者等のブースを訪問いただき、就業について直接御相談いただくイベントです。

・持ち物

 特に必要ありませんが、漁業者に強くアピールしたい方は履歴書などお持ちいただくことは自由です。

・参加費

 無料

・参加団体(漁業者側)について

 県内の漁業者(個人・団体)を10者前後予定しています。

 参加団体については準備ができ次第、本ホームページにてお知らせします。

・申込みについて

 申込フォーム、又は電話によりお申し込みください。

 申込フォーム(https://cgi.pref.kanagawa.jp/ques/questionnaire.php?openid=2000001515&check

 お電話の場合は、045-210-4542(神奈川県環境農政局農政部水産課水産企画グループ)までお電話ください。受付時間は平日8:30から17:15までです。

・事前申込期限

 平成28年9月8日(木曜日)

 当日受付も可能ですが、資料準備の都合上、できる限り事前申込をお願いします。来場者多数の場合は、事前申込の方を優先入場とします。

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。