漁況情報・浜の話題 16-9

掲載日:2016年8月15日

漁況情報・浜の話題

No16-9(平成28年8月15日)/月2回発行          水産技術センター
                                         企画資源部   046-882-2312
                                         相模湾試験場    0465-23-8531

→バックナンバー (平成25年度まで)  (平成26年度以降)

→西湘地区の情報はこちら 相模湾試験場


浜の話題

○ 7月14日、19日に水産技術センターが生産した全長45mmのトラフグ種苗を、横須賀市東部漁協横須賀支所と鴨居支所地先に5千尾放流しました。トラフグは放流後すみやかに海底に向って泳いでいきました。

○ 7月14日、上宮田漁協が浜の活力再生プランを基に魚礁設置を検討している場所について、潜水により状況調査を実施しました。数十年前に漁協が設置した魚礁周辺では、マナマコ、メバル、カサゴなどの生息が確認され、漁業者は今回新たに設置する魚礁の効果にも期待しているとのことでした。

○ 7月20日、横須賀市大楠漁協の協力のもと、神奈川県水産技術センターは久留和漁港でトラフグ種苗5千尾(平均全長45mm)を放流しました。同漁港には砂浜と小川の流れ込みがあり、トラフグの成育に好適な条件が揃っているため、今後の成長が期待されます。

○ 7月21日、水産技術センターが生産した全長45mmのトラフグ種苗を、みうら漁協金田湾支所に1万7千尾放流しました。種苗が順調に成長してくれることに漁業者も期待しているとのことでした。

○ 7月28日、横浜市漁協本牧支所の番勝丸(忍足)さんが、東京内湾では珍しいナマコを小型機船底びき網で漁獲しました。水産技術センターの研究員によると背側がざらざらと硬く、いぼいぼなどの特徴からアカオニナマコではないかということです。

○ 7月29日、小田原市漁協、小田原魚市場、小田原市、県などが参画している「小田原市産地協議会」の取組みのひとつである、小田原漁港の蓄養水面における2ヶ月間のサザエ蓄養試験が終了し、食味評価を行いました。給餌試験区・無給餌試験区の比較で、刺身では給餌区の評価が高く、つぼ焼きではほとんど差が出ませんでした。

○ 7月29日、大磯港みなとまちづくり協議会主催の「いそっこ海の教室2016」が、大磯港で開催されました。当日は好天に恵まれ10組23名の親子が参加し、定置網漁やしらす船びき網漁といった大磯の漁業の説明を受けたあと、定置網による朝どれのサバを題材とした魚のさばき方教室や、与宗丸さんに乗り込んでマダイ稚魚放流体験や湘南定置網を見学し、大磯の海や魚を満喫されていました。

写真:大磯の漁業の説明 魚のさばき方教室

      大磯の漁業の説明            魚のさばき方教室

○ 6月中旬、大磯町漁協では、テレビ局の取材を受けました。当日は、同漁協の定置網漁や定置網の朝どれ地魚を用いた地魚料理店「めしや」の取材があり、8月6日(土曜日)21時から、テレビ東京「出没!アド街ック天国」で放映されました。

お知らせ

○ 相模湾試験場の村上専門研究員は「漁業現場などにおけるロボット技術へのニーズ紹介」と題し、8月30日14時から県産業技術センター(海老名市下今泉705-1)において開催の第5回ロボット研究会フォーラムで発表いたします。興味のある方のご参加をお待ちしております。

○ 平成28年度漁業就業マッチング会のお知らせ

 漁師になりたいけどツテがない、どうしたらよいかわからないという方、漁業に縁のない方が漁師になるには、まずは漁協や漁業会社等に就職することが一つの方法です。

 漁業界では担い手の減少と高齢化が進んでおり、若い担い手が求められています。

 漁業就業マッチング会は、漁業への就業希望者が、求人を希望している神奈川県内の漁協・漁業会社・個人漁業者等と、就業について直接相談できる場です。漁業への就業をお考えの方はぜひ御参加ください。

・日時

 平成28年9月10日(土曜日) 14:00から16:00

・場所

 波止場会館 5階 多目的ホール

  〒231-0002 横浜市中区海岸通1-1

  みなとみらい線「日本大通り」駅2番出口から徒歩5分

  JR・市営地下鉄「関内」駅から徒歩15分

  会場へのアクセスについて詳細は、波止場会館HP(http://www.hatoba.jp/)をご覧ください。

  ※できる限り公共交通機関でお越しください。

・対象者

 神奈川県内で漁業に就業したい方、漁業に興味のある方

・内容

 漁業就業希望者を求めている神奈川県内の漁協・漁業会社・漁業者が出展します。

 御来場いただきましたら、興味のある漁業者等のブースを訪問いただき、就業について直接御相談いただくイベントです。

・持ち物

 特に必要ありませんが、漁業者に強くアピールしたい方は履歴書などお持ちいただくことは自由です。

・参加費

 無料

・参加団体(漁業者側)について

 県内の漁業者(個人・団体)を10者前後予定しています。

 参加団体については準備ができ次第、本ホームページにてお知らせします。

・申込みについて

 申込フォーム、又は電話によりお申し込みください。

 申込フォーム(https://cgi.pref.kanagawa.jp/ques/questionnaire.php?openid=2000001515&check

 お電話の場合は、045-210-4542(神奈川県環境農政局農政部水産課水産企画グループ)までお電話ください。受付時間は平日8:30から17:15までです。

・事前申込期限

 平成28年9月8日(木曜日)

 当日受付も可能ですが、資料準備の都合上、できる限り事前申込をお願いします。来場者多数の場合は、事前申込の方を優先入場とします。

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。