漁況情報・浜の話題 16-4

掲載日:2016年5月30日

漁況情報・浜の話題

No16-4(平成28年5月30日)/月2回発行          水産技術センター
                                         企画資源部   046-882-2312
                                         相模湾試験場    0465-23-8531

→バックナンバー (平成25年度まで)  (平成26年度以降)

→西湘地区の情報はこちら 相模湾試験場


漁況情報

○ 4月下旬から5月にかけて、東京内湾のあなご筒漁業は好漁が続いているそうです。水産技術センターでは今年の漁模様を昨年並みと予測しましたので、今後も好漁が続きどこまで総水揚量が増えるか楽しみです。

浜の話題

○ 5月2日、城ヶ島漁協直販所では、春の行楽シーズンを迎え、観光客が屋外のテーブルで地魚をおいしそうに召し上がっている姿が見られます。また、サザエやイセエビを購入し、自分達で焼いて食べるお客様もいらっしゃいました。新鮮な魚介類に大満足して頂けたようです。直販所では様々な活魚が見られるため、訪れた子供達も大変喜んでいました。

○ 5月6日、横浜市漁協柴支所所属の小型機船底びき網漁業者の小山(治平丸)さんが、6.5kgのアカメを漁獲されました。中の瀬を曳いているときに漁獲されたそうで、小山さんも見たことが無いほど東京湾では珍しい魚種だそうです。

 写真:漁獲されたアカメ

      漁獲されたアカメ

○ 5月9日、藤沢市漁協では、藤沢市の「魚介類放流事業」の支援を受けて、ハマグリの種苗放流を実施しました。2月17日に同漁協で開催した「チョウセンハマグリについて」の勉強会での知見を踏まえて、資源増殖のために小型種苗を調達し、放流しました。今回の小型種苗(33mm、9g)は、3月28日に放流した種苗(70mm、90g)と比べて、1kg当りの種苗の単価で約半分、1個当りの重量でおおよそ1/10なので、個数換算だと同じ放流金額で約20倍多く撒けることになり、漁業者は今後の資源増殖に期待を寄せています。

 写真:種苗放流の様子1 写真:種苗放流の様子2

                      種苗放流の様子

○ 5月10日、トラフグ漁業を営んでいる長井町漁協所属の漁業者が水産技術センターを訪れ、トラフグの資源管理や種苗放流のあり方について、当センターの研究員らと意見交換を行いました。また、当センターで生産中のトラフグ種苗の視察も行い、今後の種苗放流に期待をしていました。

○ 5月12日、公益法人相模湾水産振興事業団が腰越漁協の協力のもと、サザエ種苗25,000個を腰越地先に放流しました。また、5月13日には同じく公益法人相模湾水産振興事業団が鎌倉漁協の協力のもと、サザエ種苗20,000個を鎌倉地先に放流しました。漁業者は今後の成長に期待しています。

○ 5月初旬から、東京湾ではアカクラゲやミズクラゲが大量発生して、小型機船底びき網や刺網などの操業に支障が出ているそうです。横浜市漁協柴支所の漁業者によると、漁師になって50年以上になるが、ここまで東京湾全域がクラゲだらけなのは初めてだと話していました。

お知らせ

○ 平成28年度「かながわで漁師になろう」セミナーのお知らせ

 神奈川県ではどんな漁業が行われているのか?先輩漁師たちはどのように漁師になり、毎日どんな仕事をしているのか?漁師になるにはどうしたらよいのか?セミナーで神奈川県の漁業や漁師の仕事について知識を得ましょう。

・日時 平成28年6月11日(土曜日)14:00から16:30まで(13:30受付開始)

・場所 万国橋会議センター 4階401会議室 (横浜市中区海岸通4-23)

  (会場のHP:http://www.y-port-kousei.or.jp/6-1bannkokubasi.html)

 <アクセス>

 みなとみらい線「馬車道駅」6番出口から徒歩4分または、市営地下鉄「桜木町駅」から徒歩10分

 ※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。お車の方は近隣の コインパーキングをご利用下さい。

・対象 高校生や若者向けの内容ですがどなたでも参加可能です。(県外の方も可です)

・定員 50名

・参加費 無料

・内容

 第1部

  ○神奈川の漁業の概要について

  ○若手漁師の体験談1

  ○若手漁師の体験談2

  ○ベテラン漁師からの話(新企画)

  ○漁業者になる方法等について

 第2部

  ○漁師さんとの座談会(新企画)

※今年から新たに「ベテラン漁師からの話」と「漁師さんとの座談会」を企画しました。 漁師さんと直接お話ができる貴重な機会です。奮って御参加ください。第1部だけ、第2部だけの御参加も可能です。

【申し込み方法】県HPの申し込みフォーム又はお電話によりお申し込みください。

・県HP申し込みフォームURL(https://cgi.pref.kanagawa.jp/ques/questionnaire.php?openid=2000001717&check)

・お電話での申し込み先 045-210-4542(直通)水産課水産企画グループ

 ※お電話での受付は平日8:30から17:15までとなります。(申し込みフォームは24時間受付可能です)

 ※前日(6月10日)までにお申し込みください。当日、会場での受付も可能ですが、資料や会場の準備の都合上、なるべく事前申し込みをお願いします

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。