漁況情報・浜の話題 15-23

掲載日:2016年3月29日

漁況情報・浜の話題

No15-23(平成28年3月29日)/月2回発行          水産技術センター
                                         企画資源部   046-882-2312
                                         相模湾試験場    0465-23-8531

→バックナンバー (平成25年度まで)  (平成26年度以降)

→西湘地区の情報はこちら 相模湾試験場


漁況情報

○ 2月下旬以降、西湘地域の定置網にはブリの入網が目立ってきています。2月22、23日に真鶴沖網(真鶴町漁協)に合計約500本入ったのを皮切りに、3月10日には米神漁場(小田原市漁協)に約540本の丸々太ったブリが入網し、にわかに浜が活気づきました。漁業者や市場関係者等はみな、豊漁だった昨年以上に水揚げが続くことを期待しています。

 写真:丸々と太ったブリ 写真:8kg前後のブリが多かったです

 丸々と太ったブリ               8kg前後のブリが多かったです

○ 3月11日、今年のしらす漁が始まりました。各浜で日によって差がありますが、解禁直後は100kg/日前後の漁があり、幸先の良いスタートになりました。漁獲されたしらすは、釜茹で、天日干し加工され、相模湾の春を告げる、「湘南しらす製品」として販売されています。釜揚げしらすの天日干しの始まりは、湘南に春を告げる風物となっています。

 写真:かながわブランド「湘南しらす」生しらす 写真:かながわブランド「湘南しらす」加工品

 かながわブランド「湘南しらす」生しらすと加工品

浜の話題

○ 藤沢市漁協では、ひな祭りに引き合いの多い、「湘南はまぐり」の桁びき網漁が盛漁期を迎えております。多い日には200kg/日の漁があり、同漁協が第2土曜日9:30から開催する朝市でも直売され、大振りで食べ応えのある「湘南はまぐり」は、湘南しらすと合わせて人気商品となっています。

 写真:大振りな「湘南はまぐり」 写真:湘南はまぐりPRのぼり

 大振りな「湘南はまぐり」         湘南はまぐりPRのぼり

○ 3月1・2日、東京都千代田区のグランドアーク半蔵門で、第21回全国青年・女性漁業者交流大会が開催されました。本県からは横須賀市東部漁業協同組合横須賀支所カキ部会の譲原(武丸)さんが、『横須賀の新ブランド「養殖カキ」と直売場等での新たな取り組み』と題して、平成21年度からのカキ養殖と直売場等での販売や浜焼き小屋などについての活動を発表しました。

 写真:発表する譲原さん

 発表する譲原さん

○ 3月3、8日 城ヶ島漁協、長井町漁協、みうら漁協松輪地区の漁業者が水産技術センターにて、アワビ種苗(1400から1600個)に標識付けを実施しました。数日程度養生した後、各地区の親貝場に放流されました。将来は産卵母貝となって、資源回復に役立つことが期待されます。

○ 3月8日、しらす船曳網連絡協議会は、鎌倉漁協で漁期前研修会を開催しました。当日は27名の会員が参加し、水産技術センター舩木主任研究員より「春しらす漁の漁況予測」について、カタクチイワシ資源が減少傾向にあり、解禁当初は越冬しらす及びマシラス主体で、前年並みの漁模様であろうとの説明がありました。

 写真:しらす協議会会長の挨拶 写真:研修会の様子

 しらす協議会会長の挨拶            研修会の様子

○ 3月10日、小田原水産合同庁舎において、水産技術センター相模湾試験場と神奈川県定置漁業研究会が共催する「相模湾の定置網漁海況予測説明会」が開催されました。この説明会では、アジ、ブリなどの定置網主要魚種の漁況経過と今後の見通しや「神奈川県におけるイワシ類の漁獲動向」の報告が行われ、出席した漁業者はみな熱心に説明を聞いていました。

 写真:研修会の様子 その1 写真:研修会の様子 その2

 研修会の様子

○ 3月13日(日曜日)、藤沢市、江の島片瀬漁協及び藤沢市漁協の共催で、片瀬漁港で「みなと春まつり」が開催されました。当日は、江の島片瀬漁協ではカマス、カタクチイワシ、活ヤリイカ等、定置網の朝どれ地魚直売と遊魚船による江の島周辺のクルージングを行い、藤沢市漁協では、湘南しらすや湘南はまぐり等を直売しました。また、地元料理店の出店もあり、地魚を使った「魚のモツ煮」や「フィッシュバーガー」も販売され、こちらも好評とのことでした。

○ 3月14日、鎌倉漁協及び(公財)相模湾水産振興事業団が、(公財)神奈川県栽培漁業協会よりあわび種苗を3,100個購入し、鎌倉市地先にあわびの種苗放流を行いました。なお、放流にあたっては、同漁協漁業研究会会員が、潜水により行いました。放流したあわびが無事に成長し、将来の漁獲量増加に寄与することが期待されます。

 写真:あわびの種苗放流の様子 その1 写真:あわびの種苗放流の様子 その2

               あわびの種苗放流の様子

○ 3月15日、水産技術センター企画資源部及び同相模湾試験場の研究員が、長井町漁協において「主要浮魚類の資源動向説明会」を開催しました。各研究員から今後の海況の予測や、さば類、マアジ、いわし類の資源動向について説明があり、出席した漁業者との間で活発な質疑や意見交換が行われました。

 写真:主要浮魚類の資源動向説明会の様子 その1 写真:主要浮魚類の資源動向説明会の様子 その2

           主要浮魚類の資源動向説明会の様子

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。