漁況情報・浜の話題 15-22

掲載日:2016年3月16日

漁況情報・浜の話題

No15-22(平成28年3月16日)/月2回発行          水産技術センター
                                         企画資源部   046-882-2312
                                         相模湾試験場    0465-23-8531

→バックナンバー (平成25年度まで)  (平成26年度以降)

→西湘地区の情報はこちら 相模湾試験場


漁況情報

○ 2月17日、みうら漁協金田湾販売所で、乾燥ワカメの入札が行われました。出荷量は440kgと昨年の540kgより減少しましたが、全国的にワカメが不漁だったせいか価格は昨年より高値で取引きされていました。

浜の話題

○ 1月中旬、静岡県熱海市の定置網で標識タグのついたヒラメ(全長34cm)が漁獲されました。これは小田原市漁協刺網部会が昨年11月24日に国府津沖で放流した個体でした。同部会では、毎年ヒラメの標識放流試験を実施していますので、エラ蓋に標識タグ(アトキンス)が付いたヒラメが再捕された時は、担当の普及員までご連絡下さい。

○ 2月6日(土曜日)、茅ヶ崎市漁協は、茅ヶ崎漁港で「生わかめまつり」を開催しました。当日は、えぼし岩の近くで養殖している「えぼしわかめ」の直売のほか、ワカメのしゃぶしゃぶやお刺身、伊勢海老でだしをとったワカメの味噌汁の無料配布も行われ、好評の内に完売したそうです。

○ 2月10、18、22日、平塚市漁協は、海底を耕すことによる底質改善や生物調査等を目的とする海底耕耘を平塚海岸で実施しました。今年度の調査では、例年と比べて海底のごみが少ない一方で、採取される生物もシタビラメの稚魚が僅かに確認されるなど、全般的に少なかったそうです。

○ 2月16日、鎌倉漁協の村田(天神丸)さんが年末に神奈川県鎌倉市沖で再捕した標識魚(ブリ)について、放流時のデータがNPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会から送付されました。平成27年8月19日に神奈川県大磯町沖で放流したもので、尾叉長は32cmでしたが、再捕時は45cmに成長していました。標識魚を再捕された時は、担当の普及員までご連絡下さい。

○ 2月19日、湘南地域県政総合センターは、(一財)漁港漁場漁村総合研究所の研究員を講師に迎え、「津波来襲時の漁船避難マニュアル策定にかかる講演会」を平塚市漁協で開催しました。当日は、同漁協15名、近隣漁協4名、関係機関3名が参加し、1月に16隻が参加した避難訓練で、実際に費やした時間等を踏まえた上での対策を検討しました。同センターでは、これまでに得られた知見等を踏まえて、「津波避難に関する対策マニュアル」を作成していくそうです。

○ 2月20日(土曜日)、藤沢市農業水産課が主催するワカメ養殖体験イベントが、江の島片瀬漁協のご協力のもと片瀬漁港で開催されました。当日は、市内の親子約100名が参加し、昨年12月に種付けを行い2m近くまで成長したワカメに皆さん驚かれていました。刈り取り体験の後、ワカメのしゃぶしゃぶや味噌汁が振舞われ、旬のワカメの味覚を堪能したそうです。

○ 2月23日、大磯町漁協の関野(正貞丸)さんと、相模湾試験場の普及員が大磯地先のアカモク繁殖状況を調査しました。大磯港西側で繁殖が確認できたものの未熟な状態でした。正貞丸さんは、今後繁殖状況や成熟状況を見ながら、収穫したアカモクを朝市等で直売することを検討しているとのことです。

○ 2月23日、腰越漁港にて水産技術センターが腰越漁協と協力して実施したアカモク養殖試験が終了しました。平成27年10月27日に養殖試験を開始した際は平均43cmだったアカモクは、試験終了時には長いものでは10mを超えるまでに成長しました。ご協力頂いた関係者の皆さんに御礼申し上げます。

○ 2月25日、小田原市漁協刺網部会の通常総会が、同漁協海業センターで開催されました。会議では、平成27年度事業報告や平成28年度事業計画の承認などが議題で取り上げられ、いずれの議案も承認されました。同部会では平成28年度、ヒラメの標識放流試験やサザエ・アワビの蓄養試験などを実施する予定です。

○ 2月27日(土曜日)、横須賀市走水のり事業者は「第8回走水のりフェスタ」を開催しました。当日は天候に恵まれ、フェスタ会場がゴールとなる「走水のりフェスタウォーク」も行われ多くの方々が来場し、ノリ、ワカメ、コンブなどとそれら加工品が大盛況の内に完売したそうです。恒例ののりすき体験も好評を博したそうです。

○ 2月28日(日曜日)、横浜市漁協金沢支所は金沢漁港で「金沢漁港海産物フェスタ」を開催しました。当日は天候に恵まれ多くの方々が来場し、あさりご飯や、生のり味噌汁の無料配布、生ワカメつかみ取りなどに長蛇の列ができました。また、横須賀市と三浦市の漁業者の加工品販売ブースや厳選グルメブースも好評を博していました。

○ 2月29日、全国漁業士連絡協議会が農林水産省で開催され、本県から宮川均漁業士会長(みうら漁協)が出席しました。活発な情報交換が行われ、全国の漁業士の意見、要望が直接水産庁に伝えられました。閉会後に交流会が開催され、山田修路参議院議員と佐藤水産庁長官も出席され盛会となりました。

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。