アマモ場再生への取組み

掲載日:2016年4月26日

市民との協働によるアマモ場の再生

栽培漁業は、種苗を生産して放流する「種まき」と、放流した種苗が健全に育つよう海の環境を整える「場づくり」を車の両輪とすることで、その効果が大きく発揮されます。「場づくり」の一つの方法として、神奈川県では2001年から市民と協働したアマモ場の再生に取り組んでいます。

アオリイカ卵

アマモ場に産みつけられたアオリイカの卵(三浦市城ヶ島)

再生アマモ場

再生されたアマモ場(横浜市野島海岸)

当センターでは、多くの市民の方々の参画をいただきながら、遺伝子かく乱のおそれがない東京湾産のアマモの種苗を安定生産しています。そして、東京湾にアマモ場を再生させようとする自治体や団体には種苗を無償で提供し、技術面での支援を行っています。また、海への種まきや苗移植に市民が参加できるイベントを開催したり、行政と連携して海の再生のための勉強会を実施しています。

アマモ場の花つみ

天然のアマモ場から花がついた枝を採ります(横須賀市走水海岸)。

アマモを入れた水槽

水槽に活け込んで種子の熟成を待ちます(当センター内)。

イベントスケジュール

アマモ移植会  平成28年4月29日(金曜・祝日)

アマモ花枝採取会  平成26年6月1日(日曜)

アマモ移植会  平成26年5月18日(日曜)

●第5回東京湾のアマモ場・浅海域再生勉強会  平成20年3月12日(水曜) 

●参加者募集! アマモの苗床作り種まきイベント 平成19年11月17日(土曜)

●アマモの種まきイベント開催される! 平成19年11月3日(土曜)

神奈川県

このページの所管所属は 水産技術センター です。