CKDという病気、ご存知ですか。

掲載日:2016年6月3日

CKDに要注意-慢性腎臓病- [PDFファイル/3.61MB] CKD(=慢性腎臓病)は、主に糖尿病や高血圧など生活習慣病の悪化により発症し、症状が進行すると、人工透析に至る病気です。我が国においては約30万人が人工透析を受けるなど、国民の健康に大きな影響を及ぼしています。しかしながら、CKDの初期は自覚症状がないため、この病気の怖さに対する理解は、なかなか進んでいない現状にあります。そこで、ホームページを通じて、CKDに関する情報を提供してまいります。

CKDとは?

 CKD : hronic idney isease = 慢性腎臓病

 ○ 1か2のいずれかが3カ月以上持続した状態

   1 タンパク尿など、腎臓の障害がある

   2 糸球体濾過量(GFR)が60未満に低下している

 <糸球体濾過量(GFR)とは>腎臓は毎日約150リットルの尿の元を作っています。そのうち必要なものは再利用されて毒素などの不必要なものが最終的に1から2リットルの尿に溶けた形で体外に排泄されます。尿の元をつくる働きがGFRで、腎臓の機能の表す指標です。

CKDの進行度を確認。

 CKDは、糸球体濾過量(GFR)により進行度が、次のとおり病期(ステージ)分類されています。

 
CKDの病期(ステージ)の分類表

病期

(ステージ)

重症度の説明

進行度による分類

GFR(ml/分/1.73平方メートル)

たんぱく尿
-,± 1+以上

G1

正常または高値90以上

 

 

G2

正常または軽度低下60から89

G3a

軽度から中等度低下45から59
 

G3b

中等度から高度低下30から44

G4

高度低下15から29

G5

末期腎不全15未満

 GFR値の自動換算 : 日本慢性腎臓病対策協議会ホームページ

 簡易表 : 血清クレアチニン値に基づくGFR推算式早見表 [PDFファイル/14KB]

 病期(ステージ)が1から3期は自覚症状に乏しく、本人が気付いていないことが多いのですが、検査により発見することが可能です。貧血、疲労感、むくみなどの症状が現れたときには、病気がかなり進行している可能性があります。最も重度である5期は腎機能が高度に低下または廃絶した慢性腎不全の状態であり、人工透析を要することが多くなります。また、CKDの進行は、その原因となった糖尿病や高血圧による影響を差し引いても、脳卒中、心筋梗塞等の心血管疾患の危険を高めると考えられています。

 

CKDの発症にご注意を!

 肥満、運動不足、飲酒、喫煙、ストレスなどの生活習慣は、CKDの発症に大きく関与していると言われています。

 ○ 次に該当する方は、特に注意が必要です。

  • 高齢の方
  • 高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣病やメタボリックシンドロームがある方
  • 過去に心臓病や腎臓病になったことがある方
  • 家族に腎臓病の人がいる方
  • 検診などでタンパク尿が見つかったことがある方
  • たばこを吸っている方

 CKDの予防には、定期的に健康診断を受診することに加え、普段からこまめに血圧をチェックし、尿検査を受けることが必要です。

CKDになったときは・・・

 CKDは、生活習慣の改善や薬物療法等によって進行予防が可能な病気です。人工透析が必要な末期腎不全への進行を遅らせるとともに、心血管疾患になることを防ぐことが大切です。

 ○ CKDになった場合

  1. 早期にかかりつけの医師の診察を受ける
  2. 禁煙、肥満を是正するなど、規則正しい生活を心がける
  3. 血圧を適切にコントロールする(急激に血圧を下げると腎機能が悪化する可能性があるので、2から3カ月かけて徐々にコントロールする)
  4. 糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病がある人はその治療もしっかり受ける
  5. 腎機能が相当に低下すると貧血等の問題を生じるので、その際には腎臓専門医の診察も受ける
  6. 腎機能が低下すると薬の調整が必要になるので、薬剤師にも相談する
 
降圧目標値(外来血圧)
CKDのない高血圧の方130/85mmHg未満
高齢の方140/90mmHg未満
CKDの方130/80mmHg未満
尿タンパクが1g/日以上の方125/75mmHg未満

 

神奈川県のCKDに対する取組

 神奈川県では、CKD対策として、普及啓発、CKDの進行状況を改善させるための腎臓移植の推進に努めております。

普及啓発について

 腎臓病講演会・相談会

 「慢性腎臓病(CKD)の予防と重症化防止」を中心とした腎臓病講演会・相談会を年2回開催しています。

第1回 腎臓病のお話と相談会

~慢性腎臓病(CKD)の予防と治療~

【日時】 平成28年6月26日(日曜日) 13時30分から15時30分

【会場】 あつぎ市民交流プラザ 6F 

            (厚木市中町2丁目12-15 アミューあつぎ)

【医療講演会】 厚木市立病院 院長 山本 裕康 先生

【医療相談会】 厚木市立病院 

          小林 賛光 先生 (腎臓高血圧内科 上席医長)

          長濱 真希 管理栄養士

【申込み先】 NPO法人神奈川県腎友会 事務局

         TEL:045-321-4621     FAX:050-3488-3553

                     メール:info@kanajin.com

詳細は、以下のチラシをご覧ください。

・ 腎臓病のお話と相談会 ~慢性腎臓病(CKD)の予防と治療~ [PDFファイル/97KB]          

CKDパンフレット

・ CKDに要注意-慢性腎臓病- [PDFファイル/3.61MB]

・ かかりつけ医の皆様へ 慢性腎臓病(CKD)の発見、予防と治療 [PDFファイル/2.17MB]

CKDポスター

・ CKD(慢性腎臓病)、ご存知ですか? [PDFファイル/131KB]

神奈川県慢性腎臓病(CKD)対策連絡協議会について

   神奈川県では、神奈川県慢性腎臓病(CKD)対策連絡協議会を年1回開催しています。

   神奈川県慢性腎臓病(CKD)対策連絡協議会について(県ホームページ)

腎臓移植の推進について

  公益財団法人かながわ健康財団腎・アイバンク推進本部が行う腎臓提供者の登録募集等の活動に対する補助を行うとともに、臓器移植コーディネーターを配置し、腎臓移植の円滑な実施を図っています。

 公益財団法人かながわ健康財団腎・アイバンク推進本部ホームページ

 臓器移植の普及推進(県ホームページ)

災害時の透析患者に対する支援について

  神奈川県では、災害時の透析患者に対する支援として、災害時透析患者支援マニュアルの策定等の取り組みを行っています。

  災害時の透析患者に対する支援について(県ホームページ)

世界腎臓デー

 国際腎臓学会と腎臓財団国際協会の共同提案により、毎年3月の第2木曜日を「世界腎臓デー」と定め、腎臓病の早期発見と治療の重要性を啓発する国際的な取り組みが行われます。

 この日を機に腎臓への理解を深めていただき、腎臓病の早期発見と治療につなげてください。

 日本慢性腎臓病対策協議会ホームページ

問い合わせ

   がん・疾病対策課 がん・肝炎対策グループ

   電話番号 045-210-4795

関連サイト

 

※ このホームページの作成にあたっては、厚生労働省・腎疾患対策検討会「今後の腎疾患対策のあり方について」、日本慢性腎臓病対策協議会ホームページ、厚生労働省科学研究「慢性腎臓病(CKD)に関する普及啓発のあり方に関する研究」を参考にし、一部引用しています。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 保健医療部 がん・疾病対策課 です。