神奈川版オープンイノベーション

掲載日:2016年6月10日

神奈川版オープンイノベーションの概要


生活支援ロボット等を最短期間で商品化するため、専門家のコーディネート等により、企業や大学等の各機関がもつ資源を最適に組み合わせて研究開発を促進します。

神奈川版オープンイノベーション

【高度専門コーディネート支援】
技術等の資源の最適な組み合わせを提案し、製品化の可能性を向上させるための各種助言。

【総合プランニング支援】
知財戦略の策定等、分野特有の出口を見据え、課題と解決方法を提案し、事業化を支援。

研究開発テーマ

 
「神奈川版オープンイノベーション」による生活支援ロボットの研究開発テーマを、「さがみロボット産業特区協議会」で決定しました。

分野テーマ内容

介護・医療

移乗介助ベッドから車椅子への乗り移りを簡単・迅速にアシストするロボット
移動介助障害者の建物内における安全で自由な移動をアシストするロボット
排泄介助寝たきり患者等の排泄を介助するロボット
夜間巡回介護施設の夜間巡回を行うロボット(入所者の呼吸等を検知する機能をもつ)
リハビリ患者の体型・状態に合せて自動的にフィットし、リハビリを支援するロボット

高齢者への生活支援

外出支援買い物など高齢者の安全な外出をサポートするロボット
見守りセンサーで身体や精神の健康状態をモニターし、異常を検知した場合に家族・救急への連絡など対応を行うロボット

災害対応

水難救助水難事故で中州に取り残されたり、水面に漂う遭難者へ確実に救命具を届けるロボット
安全確保崩落した建物内での救助において、周囲の状況を認識して隊員の安全を守るロボット
情報収集救援者が近寄れない災害現場などで、被災者の状況等の必要な情報を収集するロボット

技術課題の整理

 研究開発テーマごとに「ロボットのイメージ」「達成すべき技術目標」「必要な個別技術等」を取りまとめました。

ロボット研究会

参加企業を随時募集しています!

整理したそれぞれの技術課題のソリューションを検討し、共同研究開発グループの形成を目指す「ロボット研究会」を設置しています。
参加を希望される場合は、参加申込書 [Wordファイル/39KB]に必要事項をご記入のうえ、下記の申込先にFAXかE-maiでお申込みください。

  • 申込先 : 神奈川県産業技術センター 企画部 研究開発連携室 
                     TEL 046(236)1500[代表] 
                     FAX 046(236)1526
              E-mail innovation@kanagawa-iri.jp
ロボット研究会の開催状況
開催日内容

平成27年12月15日

『さがみロボット産業特区』オープンイノベーション交流会

詳細はこちら(産業技術センターHP)

平成27年9月8日

ロボット研究会フォーラム -箱根大涌谷における火山活動対応ロボット活用の可能性について-

詳細はこちら(産業技術センターHP)

平成26年12月10日

介護用リフトプロジェクト創出に向けた勉強会

詳細はこちら(産業技術センターHP)

平成26年8月22日

介護・リハビリロボットプロジェクト創出検討会

詳細はこちら(産業技術センターHP)

平成26年7月3日

ロボット研究会フォーラム

詳細はこちら(産業技術センターHP)

平成26年3月28日

ロボット研究会フォーラム -介護現場の課題、ニーズ-

詳細はこちら(産業技術センターHP)

平成26年1月24日

ロボット研究会 災害対応プロジェクト検討会

詳細はこちら(産業技術センターHP)

平成25年10月18日、21日

ロボット研究会  シーズ検討会

詳細はこちら(産業技術センターHP)

平成25年9月26日

ロボット研究会フォーラム -生活支援ロボットとそのニーズ-

詳細はこちら(産業技術センターHP)

共同研究開発

  • ロボット研究会での議論を経て、高度専門コーディネーターが、開発するロボットの優先順位や技術等の資源の最適な組み合わせを提案します。
  • オープンラボによる試作・評価を実施します。(その後、場合によっては、オープンな研究会ではなくクローズで展開)
  • 総合プランナーの支援を受け、共同開発を実施していきます。
生活支援ロボットプロジェクト

開発テーマ

【分野】

プロジェクトメンバー概要
高齢者向け在宅見守りシステム

【高齢者生活支援(見守り)】

株式会社バイオシルバー

株式会社セック

bio sync(バイオシンク)株式会社

株式会社富士通エフサス

高齢者に意識させずに24時間見守ることができるシステムを構築する。

災害対応マルチローター機

【災害対応(水難救助)】

株式会社横浜ケイエイチ技研

川本重工株式会社

横浜国立大学

株式会社日本サーキット

株式会社TBSテレビ

株式会社JVCケンウッド

火災などの災害時に、上空から情報収集や監視を継続して行うマルチローター型無人飛行体を開発する。

社会インフラ点検と災害対応両用ロボット

【災害対応(情報収集)】

株式会社移動ロボット研究所

長岡技術科学大学

首都大学東京

平常時は、社会インフラのための検査ロボット、災害時は、倒壊した建物などの瓦礫に入って情報収集するロボットとして活用する両用ロボットを開発する。

移動支援シルバーカー

【高齢者生活支援(外出支援)】

川崎商工会議所
株式会社トーキンオール
株式会社日の出製作所
よこはまティーエルオー
明治大学

障害物回避や自律運転などの技術を用いた、車いすロボットタイプの移動支援シルバーカーを開発する。

外出支援アクティブ歩行補助車

【高齢者生活支援(外出支援)】

日本精工株式会社

株式会社タクマ精工

上り坂でのアシスト機能や下り坂での制動機能を搭載した高齢者の外出支援ロボットを開発する

移乗支援および着座ずれ防止車いすロボット

【介護・医療(移乗介助)】

ヨコキ株式会社
株式会社風の谷プロジェクト

よこはまティーエルオー株式会社
横浜国立大学

移乗支援及び着座ずれ防止を可能にする自在座面を備えた車いすロボットを開発する

火山活動対応ドローン

【災害対応】

株式会社日本サーキット
株式会社アート1
オキノ工業株式会社

火山活動が活発な区域での映像などの情報収集を行うドローンを開発する。

火山活動対応地上走行車

【災害対応】

株式会社移動ロボット研究所
理研計器株式会社

人が立ち入る前の安全確認のための火山ガス濃度などの情報収集するロボットを開発する。

火山活動対応地すべり警報システム【災害対応】

株式会社菊池製作所
株式会社イ・エム・テクノ
株式会社自律制御システム研究所

地すべりの兆候を把握し作業者等の安全を確保する警報システムを開発する。

高齢者用電動ショッピングカート【高齢者生活支援(外出支援)】

国立東京工業高等専門学校
株式会社リベカ
株式会社ミツバ

大型の商業施設では、購入した物品を持ちながら長距離を移動するため、高齢者の移動をサポートする小型軽量で安価な電動車を開発する。

神奈川版オープンイノベーション開発促進事業

 「神奈川版オープンイノベーション」において、早期の実用化が望まれている生活支援ロボットの新たな共同開発プロジェクトを募集し、その立ち上げ当初にかかる開発・調査費用等を支援します。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 産業部 産業振興課 です。