ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
【現在地】  ホーム > 産業・働く > 業種別情報 > 畜産業 > かながわの畜産 > 飼料倉庫等での作業における安全確保について

飼料倉庫等での作業における安全確保について


印刷用ページを表示する 掲載日:2011年3月1日

平成22年11月8日、苫小牧のしょうゆ製造の副産物の大豆搾りかすを保管する倉庫において、酸欠が原因とみられる死亡事故が発生しました。

  • エコフィード(食品残さ等利用飼料)の利用の取り組みがなされるなか、同様の事態の発生を防止するために、サイロのみならず、倉庫内で作業を行う場合にあっても、事前に十分な換気を行うとともに、酸素濃度を測定するなどの準備を行ってください。
     
  • 万が一、倉庫等で人が倒れた場合には、急いで入らず、換気を十分に行ったうえで、作業責任者や救急隊などの協力を仰いで救急にあたるなど、作業従事者の安全確保のための取り組みを徹底してください。

本文ここで終了