ともに歩む 富士フイルム株式会社 先進研究所/宮台開発センター

掲載日:2016年9月6日

外注業務の内製化で障害者雇用を拡大

富士フイルムの研究開発を担う「先進研究所/宮台開発センター」では、平成26年3月清掃グループに4人、平成28年4月クリーニンググループに3人を採用するなど、障害者の雇用と職務拡大を継続して取り組んでいます。清掃/クリーニングとも元々は外注業務のため、内製化し職場を新設しました。初期メンバーの1人である鈴木さんは前職での清掃経験を活かしこつこつと習熟をスタート。今では実習生指導も任され、またメンバーとのコミュニケーションも活発になり、入社当時よりもさらに意欲的に取り組むことができています。

企業紹介主な取組|  社員の声会社の声支援機関

企業紹介

事業内容:ヘルスケア・高機能材料・グラフィックシステム各分野における研究開発

所在地:先進研究所:足柄上郡開成町牛島577

      宮台開発センター:足柄上郡開成町宮台798

従業員数:5,226人 先進研究所/宮台開発センター:1,226人(平成28年6月30日現在)

障害のある方の担当業務:構内清掃、作業着クリーニング

ホームページ:富士フイルム株式会社

障害者雇用のきっかけ・採用までの流れ

  • 鈴木さんが小田原養護学校の進路相談で清掃業務での就職を希望、障害者しごとサポーターに支援を申し込み
  • 当初就職した事業所の撤退が決まったため再就職を検討
  • ハローワーク主催の富士フイルム(株)面接会に鈴木さんが参加
  • 面接、職場実習を経て平成26年3月より就労

主な取組

障害者就労支援経験者を起用、支援機関との連携

知的障害者の雇用経験/ノウハウがなかったため、職場新設に当たって障害者就労支援の経験がある担当者を指揮命令者に起用したことで、会社/メンバー双方に安心感が生まれました。また、支援機関との定期的な情報交換の機会を活用し、メンバー一人ひとりの人となりや障害特性への理解を深めていき、安心して働ける職場づくりを心がけました。

定例ミーティングでメンバー同士の意見交換

初めての場所でメンバーが共同で作業習熟・改善するにあたり、指揮命令者からの指導だけでなく「安全かつ効率的な作業」に向けて各自が作業方法について考える時間を定例ミーティングに取り入れ、自主的な工夫を促しました。「閉まっている扉の前でダスターをかける際は注意が必要だね」「排水口を掃除し易いように冶具を考えてみたよ」など、メンバー同士で意見交換することで改善意識やグループの一体感につながりました。

ミーティングをする鈴木さん

皆さんとミーティングをする鈴木さん(中央)

社員の声

仕事を任されること、メンバーとのコミュニケーションにやりがい、楽しさを感じる

鈴木尚史さん(入社:平成263月)

進路相談の時、父に清掃業務の経験があったため、何か困ったことがあったら相談しやすいと思い、清掃業務を希望しました。研究所の構内が広いことに不安はありましたが、職場実習を通じて前向きに頑張れる自信が持てました。とても気さくな雰囲気の職場で、チームでコミュニケーションを取りながら仕事ができ、毎日楽しく働いています。任される清掃エリアが徐々に広がっていることや、実習生指導も任されることに大きなやりがいを感じており、これからももっと構内をきれいにしていきたいと思います。

鈴木さん

会社の声

一人ひとり個性を活かした職場貢献でチームワーク向上

富士フイルム株式会社 R&D統括本部 事務部 金森克之さん

清掃グループの4人は障害の状況もそれぞれ異なるだけでなく、清掃面でも各人のこだわりがあり、それが相互の刺激になっているようです。鈴木さんは仕事に対して真面目なことに加え、人に教えるのがとても上手。口頭で説明することは得意ではありませんが、自分からやってみせるなど、我慢強く教える姿勢に感心しています。

職務拡大に積極的にチャレンジ

富士フイルム株式会社 人事部 礒野晋作さん

清掃グループメンバーの着実な仕事ぶりから清掃以外にも職務拡大できると考え、今回クリーニング業務での新規採用につなげることができました。また、社内イベントの会場設営など他業務へのトライアルも行っており、作業が早く丁寧であるため依頼部門からも感謝されています。「ありがとう!」と声をかけられることもメンバーにとって大きな励みになっているようです。

金森さんと礒野さんの画像

 金森さん(左)、礒野さん(右)

 支援機関

神奈川県障害者就労相談センター 湘南西部地域相談コーナー

所在地:平塚市西八幡1-3-1 県平塚合同庁舎別館1階 かながわ労働センター湘南支所内

電話番号:045-633-6110(各地域相談コーナー共通)

ファックス:045-633-5405(各地域相談コーナー共通)

ホームページ:神奈川県障害者就労相談センター 

仕事に自信を持ち始める

4人は別々の経緯で就労しましたが、受け入れる側がそれぞれの特徴を活かし、各人のよさをうまく引き出してくれたことに感謝しています。気軽に冗談を言えるような雰囲気を作ってリラックスさせる一方、きちんとすべきことはきちんとさせる、そんなメリハリの効いた指導が鈴木さんには合っていたようです。就労当初の鈴木さんはあまり周囲と話しませんでしたが、会うたびに明るくなって笑顔が増え、今では自分がここをきれいにしているという自信が感じられます。


神奈川県

このページの所管所属は 障害者雇用促進センター です。