スクールソーシャルワーカーについて

掲載日:2016年12月9日
  • 平成29年度スクールソーシャルワーカーを募集します!

 神奈川県教育委員会では、いじめや暴力行為、不登校などの課題解決を図るため、教育の分野をはじめ社会福祉に関する専門的な知識や技術を有するスクールソーシャルワーカーを教育事務所に配置するとともに、各教育事務所に配置したスクールソーシャルワーカーへの指導・助言等を行うスーパーバイザーを教育局に配置するため、次のとおりスクールソーシャルワーカー等を募集します。

   募集案内【印刷用】 [PDFファイル/230KB]

 1 職務内容

(1)スクールソーシャルワーカーは、配置された教育事務所を拠点に、管内の市町村教育委員会が所管する公立小・中学校等を訪問して、概ね次の業務を行います。

 ア 問題を抱える児童・生徒が置かれた環境への働きかけ

 イ 関係機関等とのネットワークの構築、連携・調整

 ウ 学校内におけるチーム支援体制構築の支援

 エ 保護者、教職員等に対する支援や相談、情報提供

 オ 教職員等への研修活動  等

(2) スーパーバイザーは、概ね次の業務を行います。

 ア 上記(1)のアからオの業務(県立高等学校への対応)

 イ スクールソーシャルワーカーへの指導・助言

 ウ 県内の活動状況の取りまとめ、事業の方向性等についての検討

 エ その他関連する業務

2 募集人員

  スクールソーシャルワーカー 10名程度

  スーパーバイザー 1名

3 応募資格

 社会福祉士や精神保健福祉士等の資格を有する者のほか、教育と福祉の両面に関して専門的な知識・技術を有するとともに、過去に教育や福祉の分野において活動経験の実績等がある者で、次の場所での勤務が可能である者。

(1) スクールソーシャルワーカー

  小・中学校  ( )内は、教育事務所管内の市町村

   湘南三浦教育事務所 (鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、逗子市、三浦市、葉山町、寒川町)

   県央教育事務所(厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村)

   中教育事務所 (平塚市、秦野市、伊勢原市、大磯町、二宮町)

   県西教育事務所(小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町)

(2)スーパーバイザー

   神奈川県教育委員会教育局支援部子ども教育支援課(横浜市中区日本大通)

  県立学校、県内の公立小・中学校(横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市を除く)

4 勤務条件 (今後変更の可能性あり)

(1) 勤務日等

  ア スクールソーシャルワーカー

    原則として1日7時間、週1日(年間35日、合計245時間)又は週2日(年間70日、合計490時間)のいずれか

  イ スーパーバイザー 

    原則として1日7時間、週1日(年間50日、合計350時間)

(2) 報酬

  ア スクールソーシャルワーカー 1時間あたり 3,500円 交通費別途支給

  イ スーパーバイザー      1時間あたり 5,000円 交通費別途支給

(3) 身分 

  神奈川県教育委員会の特別職非常勤職員

(4) 任用期間 

  平成29年4月7日から平成30年3月23日まで(予定)

(5) 勤務地

  ア スクールソーシャルワーカー

    「3 応募資格(1)」にあるいずれかの教育事務所に配置

  イ スーパーバイザー

    「3 応募資格(2)」にある場所

5 応募方法

  次の送付書類に必要事項を記載のうえ、神奈川県教育委員会教育局支援部子ども教育支援課あてに直接持参するか、郵送する。

送付書類

     1 平成29年度神奈川県教育委員会スクールソーシャルワーカー等採用選考申込書(様式1)
                様式1 [Excelファイル/44KB]            
                様式1 [PDFファイル/232KB]
     2 返信用封筒 2通

         (定型封筒に82円切手を貼り、宛名に自宅住所・氏名を記載したもの)

応募締切 平成29年1月12日(木曜日)   (午後5時必着のこと)

6 選考日程等

 (1) 一次選考  

  • 選考区分 書類選考
  • 合否発表 平成29年1月20日(金曜日)、郵送により通知します。電話、電子メール等による問い合わせには応じません。
  • (2)二次選考(予定)  

  • 選考区分 面接
  • 日程   平成29年1月30日(月曜日)から2月7日(火曜日)のうち1日
  • その他  面接日程の詳細は、一次選考合格者に対し別途通知します。

 (3) 二次選考合否発表 

  • 平成29年2月15日(水曜日)に郵送により通知します。電話、電子メール等による問い合わせには応じません。

7 留意事項

  • 平成29年度に神奈川県教育委員会が雇用するスクールカウンセラーとして週2回勤務する予定の方は、応募できません。(スクールカウンセラーとして週1回勤務する予定の方は、スクールソーシャルワーカーとして週1回の勤務であれば応募可能です。)
  •   合格者は、勤務開始前に健康診断書を提出していただきます。
  •   なお、合格者には勤務開始前に採用説明会を予定しています。
問い合わせ先・応募先
    神奈川県教育委員会教育局支援部子ども教育支援課
             担当 星野 (ほしの) 櫻井 (さくらい) 
    所在地:〒231-8509 横浜市中区日本大通33 住宅供給公社ビル5階
    電話:(045)210-8292(直通)
スクールソーシャルワーカー からスクールソーシャルワークの視点に立った支援の構築に向けてから 

スクールソーシャルワーカー活用事業リーフレット新規

 神奈川県教育委員会では、各学校や教育委員会等においてスクールソーシャルワーカーの活用が推進されるように、「スクールソーシャルワーカー活用事業リーフレット」を作成しました。

スクールソーシャルワーカー活用事業リーフレット [PDFファイル/190KB]


スクールソーシャルワーカーを配置しています!

 神奈川県教育委員会では、いじめや暴力行為、不登校などの課題解決を図るため、教育の分野をはじめ社会福祉に関する専門的な知識や技術を有するスクールソーシャルワーカーを教育事務所に配置するとともに、各教育事務所に配置したスクールソーシャルワーカーへの指導・助言等を行うスーパーバイザーを教育局に配置しています。

職務内容

(1)  スクールソーシャルワーカーは、配置された教育事務所を拠点に、管内の市町村教育委員会が所管する公立小・中学校等を訪問して、概ね次の業務を行います。

  ア 問題を抱える児童・生徒が置かれた環境への働きかけ

  イ 関係機関等とのネットワークの構築、連携・調整

  ウ 学校内におけるチーム支援体制構築の支援

  エ 保護者、教職員等に対する支援や相談、情報提供

  オ 教職員等への研修活動   等

(2)      スーパーバイザーは、概ね次の業務を行います。

  ア 上記(1)のアからオの業務(県立高等学校への対応)

  イ スクールソーシャルワーカーへの指導・助言

  ウ 県内の活動状況の取りまとめ、事業の方向性等についての検討

  エ その他関連する業務 


スクールソーシャルワーカーについて

スクールソーシャルワークとは?

■ 問題を人と環境との関係においてとらえ、問題を抱えた児童・生徒とその置かれた環境への働きかけを行います。

■ 学校だけでは対応が困難な事例は、関係機関等と連携して支援を行います。

■ チームで役割分担を行い、社会福祉の視点を持った働きかけを行います。 

スクールソーシャルワーカーとは?

 SSWは教育の分野に加え、社会福祉に関する専門的な知識や技術を有する者で、問題を抱えた児童・生徒に対し、当該児童・生徒が置かれた環境への働きかけや、関係機関等とのネットワークの構築など、多様な支援方法を用いて課題解決への対応を図っていく人材です。


Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 教育局 支援部 子ども教育支援課 です。