神労委平成25年(不)第19号桐蔭学園事件命令交付について

掲載日:2015年5月28日
  神奈川県労働委員会(会長 盛誠吾)は、申立人フリーター全般労働組合(組合)が、被申立人学校法人桐蔭学園(学園)が、学園の運営する桐蔭横浜大学においてAが中心となって進められていた科目であるアウトドア実習Ⅰの担当から同人を外したことが不当労働行為であるとして、Aをアウトドア実習Ⅰの担当に戻すことなどを求める桐蔭学園事件(神労委平成25年(不)第19号 平成25年7月25日申立て)について、また、その後、学園が大学運営会議でAの雇用を継続しない件について審議するとしたことが不当労働行為であるとして、Aの雇用を継続しない件について大学運営会議で審議しないことなどを求める追加申立て(平成25年8月6日)について、平成27年5月28日、以下の命令を発しました。

1 命令主文の要旨

  1. 学園は、本命令受領後、学園がAをアウトドア実習Ⅰの担当から外したことが不当労働行為であると認定された旨を記載した文書を、組合に手交しなければならない。
  2. その余の申立てを棄却する。

2 判断の要旨

  1. 学園がAをアウトドア実習Ⅰの担当から外したことには、職務上の不利益性が認められ、これはAが組合員であることを理由とするものであるところ、学園の行為に合理性は認められず、労働組合法第7条第1号に該当する不当労働行為である。
  2. 大学運営会議における審議等は、解雇に当たり必要とされている手続にすぎず、このことのみをもってAに対する不利益性があると一概に論じることはできない。したがって、その余を判断するまでもなく、学園がAの雇用を継続しない件について大学運営会議で審議するとしたことは、労働組合法第7条第1号に該当する不当労働行為ではない。

※ 詳細は、不当労働行為救済申立事件の命令の概要 [PDFファイル/150KB] を参照してください。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 労働委員会事務局 です。