優良図書の推薦について(神奈川県児童福祉審議会)

掲載日:2017年4月6日

心の成長期にある青少年が優良な図書に触れることは大切です。
 神奈川県では、青少年の皆さんに読んでいただきたい本を、神奈川県児童福祉審議会の審議を経て選びました。
 青少年に勧めていただく際の参考として、是非ご活用ください。

神奈川県児童福祉審議会の審議にあたり、神奈川県読書推進会には情報提供をお願いし、神奈川県立図書館には予備調査を実施していただくなど、ご協力をいただきました。


優良図書一覧

平成28年度(平成29年1月31日推薦)

平成27年度(平成28年1月28日推薦)

平成26年度(平成27年1月28日推薦)

平成25年度(平成26年2月4日推薦)

平成24年度(平成25年2月1日推薦)

平成23年度(平成24年1月30日推薦)

平成22年度(平成23年1月31日推薦)

平成21年度(平成22年2月8日推薦)

平成20年度(平成21年2月2日推薦)

平成19年度(平成20年1月31日推薦)

平成18年度(平成19年2月6日推薦)


推薦の流れ 【例年の実施時期】

 神奈川県読書推進会による情報提供 【秋頃】製作者等からの申請 【随時】 (※)
 
1県児童福祉審議会幹事(青少年課長)による推薦要件等の確認 【秋頃】
 
2県立図書館による予備調査 【11月から12月頃】
 
3県児童福祉審議会による審査 【1月から2月頃】
 
4県児童福祉審議会による優良図書の決定 【1月から2月頃】
 
5情報提供者への決定通知 【2月頃】製作者等申請者への決定通知 【2月頃】
県内小・中・高等学校、図書館、書店等関係機関へ広報 【3月頃】
   
   
 

※製作者等からの申請については、「推薦の要件等」を参照の上、次の様式により、お申し出ください。

なお、詳細は、神奈川県児童福祉審議会事務局(青少年課)あてお問い合わせください。


推薦の要件等

1推薦の要件原則として、社会保障審議会が児童福祉法に基づき推薦した文化財以外の文化財であり、かつ、児童の健全育成に資するものと期待できる文化財を推薦の対象としています。
2推薦の基準「1推薦の要件」を満たす文化財が、次のいずれかに該当するものを推薦しています。
(1)児童に適当な文化財であって、児童の道徳、情操、知能、体位等の向上に寄与し、その生活内容を豊かにすることにより、児童を社会の健全な一員とするために積極的な効果をもつもの
(2)児童福祉に関する社会の責任を強調し、児童の健全な育成に関する知識を広め、又は児童に係る様々な問題の解決についての関心及び理解を深める等児童福祉思想の啓発普及に積極的効果をもつもの
(3)児童の保育、指導、レクリエーション等 に関する知識及び技術の普及に積極的効果をもつもの
(4)児童が郷土を愛し、郷土の良さを知ること等を通じ、地域社会に貢献すること又は地域社会を担っていく心を醸成することに効果をもつもの
(5)その他、児童の健全育成に資することに効果をもつもの
3留意事項(1)推薦図書の価格は、高額でないもの(概ね5千円未満)としています。
4留意事項(2)推薦図書の初版発行の時期は、「申請時点及び情報提供の依頼の時点を基準として、その前年の1月以降のもの」としています。
 

関連リンク

神奈川県児童福祉審議会規則

社会保障審議会

 ※児童福祉法に基づき国が推薦した文化財(社会保障審議会推薦児童文化財)の内容は、

   福祉文化分科会の議事要旨をご覧ください。

神奈川県子ども読書活動推進ホームページ

  (神奈川県教育委員会教育局生涯学習文化財課)

アドビリーダーのダウンロードPDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社が無償配布しているAdobe Readerが必要です。アイコンをクリックすると、ダウンロードページが別ウィンドウで表示されます。

このページの先頭へもどる

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 県民局 次世代育成部 青少年課 です。