同等品によりオープンカウンター方式見積合せに参加する場合の手続きについて

掲載日:2015年4月1日

同等品によりオープンカウンター方式見積合せに参加する場合の手続きについて

 調達情報に同等品「可」と表示のある物品については、調達情報に示した物品のほか、それと同等以上の物品(以下「同等品」という)により、見積合せに参加することができます。

 

1 同等品とは

 同等品とは、規格・品質・性能が調達情報に示した物品と同等以上であることを調達所属(出先機関)により認められたものをいいます。

2 同等品確認の方法

 見積書提出期限の前日(土日祝日を除く)正午(調達情報において日時を指定している場合は、指定された日時)までに、次の書類を調達所属(出先機関)へFAX等により送付してください。

 (1) 同等品確認票 [Excelファイル/34KB] 同等品確認票 [PDFファイル/7KB]   

     同等品確認票(継続用紙) [Excelファイル/30KB]  同等品確認票(継続用紙) [PDFファイル/3KB]

     同等品確認票(記載例) [PDFファイル/9KB]

 (2) 同等品候補の掲載されたカタログ等の資料

3 同等品確認結果の連絡

 期限までに提出された同等品確認票については、調達所属(出先機関)において、同確認票の「確認」欄に、認定の場合は「○」を、不認定の場合は「×」を記入し、FAX等により返送します。

 なお、確認結果が見積書提出期限の当日正午までに届かない場合は、調達所属(出先機関)に連絡してください。

4 見積書の提出

 見積書の提出にあたっては、見積書の余白に「同等品確認済み」の旨を記載するとともに、同等品確認票(認定済のもの)の写しを添付してください。

5 その他

 事前に確認を受けていない物品で見積もり、契約相手方となった場合、原則としてその物品で契約を締結することはできませんので、必ず事前に確認を受けてください。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 会計局 調達課 です。