神奈川県廃棄物の不適正処理の防止等に関する条例について

掲載日:2015年10月20日

1 はじめに

 神奈川県では、廃棄物に係る環境への負荷の軽減を図り、良好な生活環境を保全することを目的に、「神奈川県廃棄物の不適正処理の防止等に関する条例」を平成19年4月1日から施行しています。

 なお、平成22年に「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(以下「法」という。)」が改正されたことに伴い、条例第10条における産業廃棄物の保管場所の届出について、法に基づく届出を条例の適用除外とする改正を行っています。

 また、平成26年に「行政手続法」が一部改正され、法令違反の事実を発見した場合に、行政庁等に対して是正のための処分等を求めることができる制度が新設されたことに伴い、条例第13条の同趣旨の規定について、内容を整理する改正を行っています。

2 条例の概要

 ・ 目的、定義(第1条、第2条)

 ・ 県、事業者、廃棄物処理業者、県民の責務(第3条から第6条)

 ・ 海岸等における美しい環境の保全(ポイ捨ての禁止)(第7条)

 ・ 土地所有者等の責務及び所有地等を賃借人等に使用させる場合の土地所有者等の責務(第8条、第9条) 

 ・ 産業廃棄物の保管場所の届出(第10条) 

  (注意)法に基づく届出については、下の「4 法に基づく保管場所の届出と条例に基づく保管場所の届出」をご覧ください。

 ・ 立入検査等、公表(第11条、第12条) 

 ・ 産業廃棄物の不適正処理に関する調査等の求め(第13条)

 ・ その他雑則(第14条から第17条) 

3 条文等

 (1)条例本文は「こちら [PDFファイル/21KB]

 (2)条例施行規則は「こちら [PDFファイル/71KB]

 (3)保管場所の届出の手引きは「こちら [PDFファイル/242KB]」(法及び条例共通)

4 法に基づく保管場所の届出と条例に基づく保管場所の届出

 平成22年に法が改正されたことに伴い、事業者が産業廃棄物の生じた場所以外の場所で当該産業廃棄物を保管する際には、次による届出が必要です。

(1)法による届出

  建設工事に伴って生じた産業廃棄物を300平方メートル以上の保管用地に保管する場合。

  届出の手引きをご確認の上、様式 [Wordファイル/110KB]に記入を行い、必要な書類を添えて提出してください。

(2)条例による届出

  建設工事に伴って生じた産業廃棄物を100平方メートル以上300平方メートル未満の保管用地に保管する場合。

  上記以外の産業廃棄物を100平方メートル以上の保管用地に保管する場合。

  届出の手引きをご確認の上、様式 [Wordファイル/38KB]に記入を行い、必要な書類を添えて提出してください。

5 かながわ不法投棄情報ダイヤル

 不法投棄の早期発見・早期対応を図るため、資源循環推進課内に、不法投棄情報ダイヤルを設置しています。

(連絡先)

  ・ 電話:(045)210-4151、4154

  ・ ファックス:(045)210-8847

※休日・夜間などの業務時間外には、ファックスによる情報提供をお願いします。なお、ファックス様式は、特に定めはございません。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 環境部 資源循環推進課 です。