審議結果(懇話会H20.10.22)

掲載日:2011年3月1日
かながわ国際政策推進懇話会のイメージ         

次の審議会等を下記のとおり開催した。



審議結果

審議会等名称かながわ国際政策推進懇話会専門委員会(外国籍県民かながわ会議及びNGOかながわ国際協力会議第6期委員選考委員会)
開催日時2008(平成20)年10月22日(水曜日)18時から21時
開催場所かながわ県民センター 会議室
出席者
※委員長◎
宮島 喬(法政大学大学院社会学研究科教授)、高木 紀世子((財)神奈川産業振興センター理事)、村山 正和((財)かながわ国際交流財団専務理事)、大橋 正明(恵泉女学園大学人間社会学部国際社会学科教授)、 ◎千賀 瑛一(経営倫理実践研究センター(BERC)主任研究員)
次回開催予定日
問い合わせ先所属名、担当者名:国際課企画班 近内
電話番号:045-210-3748
下欄に掲載するもの議事録要約 要約した理由会議の決定による。
審議経過【議題】
1 委員長選出
2 会議公開・非公開の決定
3 両会議の提言の施策化状況
4 NGOかながわ国際協力会議第6期委員選考
  (1)選考の考え方について
  (2)応募状況等について
  (3)選考
5 外国籍県民かながわ会議第6期委員選考
  (1)選考の考え方について
  (2)応募状況等について
  (3)選考

【議事の概要】

1 委員長選出

 外国籍県民かながわ会議及びNGOかながわ国際協力会議委員選任要領の規定に従い、委員の互選により、委員長の選出を行い、千賀委員が委員長に選出された。
 なお、選考委員として選任されていた古石篤子委員(慶應義塾大学総合政策学部教授)は所用のため本選考委員会に出席できなくなったことから、同委員が事前に事務局あて提出のあった委員選考メモの扱いについて審議を行い、同委員の正式な意見として採用することを決定した。

2 会議公開・非公開の決定

 本選考委員会を非公開とし、議事録は要約とすることを決定した。

3 両会議の提言の施策化状況

 事務局より両会議(第1期から第5期)提言の主な施策化状況を説明した。

4 NGOかながわ国際協力会議第6期委員選考

  (1)選考の考え方について
   NGOかながわ国際協力会議委員選任要領に基づく選考の考え方について、事務局より説明を行った。

  (2)応募状況等について
   地域の国際化、国際交流及び国際協力の活動分野から12名の応募があった旨、事務局より説明を行った。

  (3)選考
   NGOかながわ国際協力会議の第6期委員について、地域の国際化、国際交流及び国際協力を活動分野とする8名を選考した。
   なお、辞退者や欠員が生じた場合の対応として、補欠者を複数決定した。

5 外国籍県民かながわ会議第6期委員選考

  (1)選考の考え方について
   外国籍県民かながわ会議委員選任要領に基づく選考の考え方について、事務局より説明を行った。

  (2)応募状況等について
   12の国・地域から26名の応募があった旨、事務局より説明を行った。

  (3)選考
   外国籍県民かながわ会議の第6期委員について、11の国・地域から20名を選考した。
   なお、辞退者や欠員が生じた場合の対応として、補欠者を複数決定した。
神奈川県

このページの所管所属は 県民局 くらし県民部 国際課 です。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019