関東ふれあいの道と踏破記念制度について

掲載日:2013年8月21日

関東ふれあいの道

環境省が計画する長距離自然歩道のひとつが首都圏自然歩道です。長距離自然歩道は、国土を縦断、横断又は循環し、多くの人々が四季を通じて手軽に楽しくかつ安全に国土の優れた風景地等を歩くことにより、沿線の豊かな自然環境や自然景観、さらには歴史や文化に触れ、国土や風土を再認識し、併せて自然保護に対する意識を高めることを目的としています。

関東ふれあいの道(首都圏自然歩道)は、梅ノ木平(東京都八王子市)を起終点に東京、埼玉、栃木、茨城、千葉及び神奈川の1都6県を時計回りに周回する1799キロメートルの路線です。より多くの人が利用できるように10キロメートル前後に区切った日帰りコースを160コース設定し、それぞれ起終点が鉄道やバス等と連絡するよう設定されています。

神奈川県内のコースの特徴

神奈川県内は、千葉県から東京湾フェリーで到着する久里浜港から東京都梅ノ木平までのバス等連絡区間を含め197.2キロメートルで、実際に歩く区間は17コース150.9キロメートルとなっています。

1番コースから7番コースまでは、一部丘陵に入る区間もありますが、三浦半島から湘南海岸の相模湾沿いを歩くコースです。8番コースからは田園地帯に入り、丹沢大山国定公園・県立自然公園を通る11番、12番、16番、17番の各コースは本格的な登山道を含みます。

「関東ふれあいの道」踏破記念制度

神奈川県17コース全てを踏破した方には認定証と記念バッジが交付されます。認定を希望される方は、各コースに定められた撮影ポイントで申請者自身を入れた写真を撮影してください。撮影ポイントはコース毎のコースマップの解説に記載しています。

全17コースの写真が揃いましたら、次の要領にしたがい申請書類を提出(郵送)してください。審査のうえ、首都圏自然歩道連絡協議会から認定証と記念バッジが交付(郵送)されます。

申請書類必要事項

各17コースの写真(各撮影ポイントで申請者自身が入った写真)、撮影年月日、各17コースの感想

ご住所、お名前、年齢

申請書類の送り先

〒243-0121 神奈川県厚木市七沢657

神奈川県自然環境保全センター自然保護公園部自然公園課

 注)申請書類は返却いたしかねますので、必要な方はあらかじめコピーをとるなどしてください。

なお、1都6県全160コースを踏破した方は、最後の都県の全コース踏破の認定申請の際に、今までに認定を受けた他都県の認定証の写しを併せて提出し、全都県全コース踏破した旨を記載してください。首都圏自然歩道連絡協議会から全都県全コース踏破認定証と記念バッジが交付(郵送)されます。

本文ここで終了

神奈川県

このページの所管所属は 自然環境保全センター です。