FM放送:大また歩きで3033運動を

掲載日:2018年3月8日

Q.こんにちは。今日のテーマは「大また歩きで運動を」ということですが、3033運動はこれまでの放送でも紹介していますね。
A.はい。3033運動とは、1日30分、週3回、3ヶ月間継続して運動やスポーツを行い、運動やスポーツをくらしの一部として習慣化しようという神奈川県の取組です。今日は、日常生活の中に簡単に取り入れることができる運動として、「大また歩き」をご紹介します。

Q.「大また歩き」ですか。
A.はい。「歩く」ことは日常生活の中でされていると思いますが、少し工夫するだけで、簡単にできる運動にかわりますよ。

Q.なぜ普段の歩き方ではなく「大また歩き」なのですか。
A.はい。「大また歩き」は、普通に歩くよりもカロリー消費量が高く、下半身の筋力アップやカラダの引き締め効果が期待できると言われています。

Q.そうなんですね。ちなみに、大またというと、どのくらいの歩幅で歩けばよいのでしょうか。
A.はい。みなさんが、普段歩いているときの歩幅に、こぶし1個分の長さを上乗せするイメージで歩いてみてください。

Q.なるほど。イメージすることで自然と「大また歩き」になりますね。
A.はい。何度か繰り返しているうちに、気持ちよくリズミカルに歩ける歩幅が発見できると思います。そして、歩幅だけを意識するのではなく、姿勢も意識します。

Q.姿勢で意識するポイントを教えてください。
A.はい。目線は4メートルから5メートル先を見るようにし、顔をあげて軽くアゴを引きましょう。また、肘を軽く曲げて、腕は振り子のように大きく振りましょう。そして、肩の力を抜いて背筋を伸ばし、かかとから頭の先までピンとした姿勢で歩くようにしましょう。

Q.大またで歩くことと、姿勢を意識することが大切なのですね。
A.そうです。姿勢を意識することで、カラダの引き締め効果がさらに高まります。

Q.それは嬉しいですね。では、どのくらいの時間行えばよいのでしょうか。
A.はい。まさにこれが3033運動で、1日30分が目安です。ただ、初めから30分継続して「大また歩き」をしようとするのではなく、日常生活の中で歩く機会があるときに、今日紹介した大またで歩くことを意識してみてください。短い時間の積み重ねで、1日合計30分でも構いません。大また歩きを意識して、3033運動にトライしてみてください。

Q.なるほど。日常生活の中で簡単にできる歩くことなら、意識して継続することができそうです。
A.そうですね。長続きのコツは、無理をせず、体調に合わせてできることから始めてみることです。今日ご紹介した「大また歩き」の他にも、県立体育センターのホームページでは、日常生活の中に簡単に取り入れることができる運動などを紹介しています。

Q.そうなんですね。他の運動も早速チェックしてみます。それでは、運動について詳しい問合せ先を教えてください。
A.はい。県立体育センタースポーツ推進班、電話0466-81-2803までお気軽にお問い合わせください。

Q.今日はありがとうございました。
A.ありがとうございました。

神奈川県

このページの所管所属は 体育センター です。