消費者力アップ!県民提案事業

掲載日:2016年3月1日

平成28年度の募集を開始しました!
  【応募期限:3月31日(木曜)午後5時 必着】

県民提案トップ画像


おしらせ


「消費者力アップ!県民提案事業」とは?

みんなの企画実践例
 

 消費者市民社会の形成に向けて、消費者を取り巻く様々な問題の解決を図るため、消費者の「より良いくらし」を実現する事業を募集します!

「悪質商法被害」を防止するための講座の開催や、子どもの事故防止のための啓発資料の作成など、皆さん自身が企画するものであればその内容や手法は自由です!県の委託事業として採用された企画は、実際に皆さんに実施・運営していただきます!

「私はこんなアイデアを持ってる!」「自分たちにはこんなことができる!」そんな想いや強みをアピールしてください!

募集内容

  消費者を取り巻く様々な課題の解決を図り、より良いくらしを実現するために、県内で活動を行う様々な団体等が、
 自ら企画・実施する事業で、平成29年2月10日(金曜)までに完了するもの。

 (※過去の事業内容については、こちらをご覧ください。)

 

募集コース/委託料の上限額

 以下のいずれかのコースを選択してください。

 ◆「特定課題コース」 ≪委託料の上限額:60万円≫

   県が特に力を入れる必要があると考えるテーマに取り組むコースです。〔※(1)・(2)いずれかを選択〕
    (1) 消費者市民社会の形成に向けた倫理的消費(エシカル消費)の普及・啓発
    (2) 高齢者・障がい者の見守りを通じた消費者被害未然防止

 ◆「自由課題コース」 ≪委託料の上限額:40万円≫

   団体等がテーマを自由に設定し、取り組むコースです。

※ 平成28年度「消費者力アップ!県民提案事業」に係る予算案については、神奈川県議会平成28年第1回定例会
  の審議を経て決定されますので、当該契約の締結は、平成28年度当初予算発効時以降に行います。

 

応募できる方

 次のすべての要件に該当し、自ら提案した企画を実施できる団体等とします。

  (1) 県内に住所があるか、又は県内で提案事業を行う団体等であること。
  (2) いわゆる宗教活動、政治活動、選挙活動及び営利を目的とした団体等ではないこと。
  (3) 提案事業の連絡責任者が特定でき、かつ平日日中の連絡がとれること。
  (4) 県の実施する、委託事業に関する交流会や報告会への出席が可能なこと。
  (5) 暴力団(※1)でないこと。
  (6) 代表者又は役員のうちに暴力団員(※2)に該当する者がいないこと。
  (7) 神奈川県暴力団排除条例第9条に基づき、代表者または役員に暴力団員がいないことを確認するため、
    神奈川県が代表者及び役員の氏名等を神奈川県警本部に対して照会を行うことについて同意できること。

  ※1 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(以下「法」という。)第2条第2号に規定する暴力団をいう。
  ※2 法第2条第6号に規定する暴力団員をいう。

 

応募方法

 応募書類に必要事項を記入し、県消費生活課まで持参または郵送してください。

 ・ 募集要綱 [PDFファイル/487KB]

 ・ 様式1-5号 [Wordファイル/56KB]

 ・ 様式4号(記入例) [PDFファイル/534KB]

 提出先 〒221-0835
 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 かながわ県民センター6階
 神奈川県 消費生活課 「消費者力アップ!県民提案事業」担当者 宛

※ 受付時に提出書類の確認をさせていただきますので、事前に電話でご連絡ください。
  電話:045-312-1121(内線2643)

応募期限

 平成28年3月31日(木曜)午後5時 ≪必着≫
 

審査

 応募書類による第一次審査、プレゼンテーションと面接による第二次審査により決定します。

  ※ 詳細は募集要項をご覧ください。


Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 県民局 くらし県民部 消費生活課 です。