かながわ消費生活注意・警戒情報第60号(インターネット回線の契約変更は内容をよく理解してから!)

掲載日:2016年10月7日

インターネット回線の契約変更は内容をよく理解してから!

電話で、インターネット回線(光ファイバーやCATVなど)と電話をセットで契約すれば安くなるといわれ、現在利用している大手回線事業者と思い、申し込みをした。ところが、後から書面を見ると、別会社の代理店との契約であることがわかった。解約したい。

ここに注意

・「プロバイダの変更によりメールアドレスが変わってしまった」「前の契約先から解約料を請求された」といった事例や「有料オプションがついていたため、以前より高額になってしまった」という相談もあります。

アドバイス

◆契約は慎重に!

困る消費者のイメージ

契約の相手はどの事業者なのか、契約変更によるメリットだけでなく、デメリットについてもよく確認しましょう。内容がよく分からない場合は、すぐに契約せず、じっくり検討してから契約しましょう。

◆光回線契約は初期契約解除ができます

平成28年5月21日以降に交わされた、光回線やケーブルテレビによるインターネットサービスの契約は、契約書面の受領日を含め8日以内であれば、契約の解除ができます(一部費用負担あり)。

◆心配なときや困ったときは、身近な消費生活相談窓口に相談しましょう。

◆消費生活相談は、消費者ホットライン 局番なし188(身近な消費生活相談窓口につながります。)

神奈川県

このページの所管所属は 県民局 くらし県民部 消費生活課 です。