包茎手術のトラブルにご注意!

掲載日:2016年6月29日

 PIO-NET(パイオネット:全国消費生活情報ネットワークシステム)には美容医療サービスに関するトラブルが寄せられており、男性からの相談では、包茎手術に関する相談が多くあります。高額な自由診療や、即日施術を強く迫られたケースのほか、不要と思われる手術を受けたケースだったというトラブルがあり、独立行政法人国民生活センターでは、注意を呼び掛けていますので、お知らせします。

相談事例

◆即日契約・即日施術の事例が多くみられます。
◆効果や必要性の説明を十分に受けていない施術が追加されている。
◆施術後に痛みが残る、化膿した、感覚障害が生じるようになったなどの事例がみられます。
医療機関ホームページガイドラインによりホームページに掲載すべきでない事項にあたると思われる表現がみられます。 

ご注意いただきたいこと 

◆効果だけでなく、リスクについてもしっかり説明を受けましょう。
◆理解して納得できるまで契約しないようにしましょう。不要な施術は断り、即日施術は慎重に。
◆ホームページや広告の情報を鵜呑みにせず、情報を集めましょう。
◆契約か勧誘に疑問や不安を感じた場合には、恥ずかしがらずにお近くの消費生活相談窓口までご相談ください。
消費者ホットライン「188(いやや!)」番に掛けると、お近くの消費生活相談窓口をご案内いたします。
詳しくは、国民生活センターのホームページ美容医療サービスにみる包茎手術の問題点をご覧ください。

病院

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188

神奈川県

このページの所管所属は 県民局 くらし県民部 消費生活課 です。