かなテクカレッジの概要

掲載日:2017年1月11日

「かなテクカレッジ」ってどんなところ?

東西2校体制

神奈川県では、横浜市鶴見区に東部総合職業技術校(愛称 かなテクカレッジ東部)、秦野市に西部総合職業技術校(愛称 かなテクカレッジ西部)を設置し、平成25年度より2校体制で職業能力開発を行なっています。
東部校・西部校のそれぞれが、工業技術・建築技術・社会サービスの3分野の訓練コースを実施する大規模・総合型の職業技術校としての機能を持っています。

 就職までのサポート

就職専門スタッフとして「求人開拓推進員」がいます。企業を訪問し、就職先を開拓するとともに、就職相談・職業紹介を行います。
求人企業とのマッチングや必要に応じて企業訪問に同行するなど、不安の多い就職までのプロセスを各コースの指導員と連携しながら万全の体制でサポートします。
修了後も一年間、このサポートを受けることができます。
平成27年度修了生の就職率は約95.4%です(修了3か月後の数値)。また、事業主で組織する「職業能力開発推進協議会」と連携して、合同就職説明会などを実施しています。

 最新設備、充実した環境

かなテクカレッジでは、企業の現場で使用されている機器と同等の環境を整備し、即戦力が身につく訓練を実施するように努めています。
3Dプリンタ等の最新の機器を導入し、時代のニーズを反映したカリキュラムを実践することで、企業からも評価されています。
また、訓練施設は太陽光発電設備、雨水利用設備を活用して環境に配慮、スロープや多機能トイレなども設置された充実の教育環境の中で、プロとしての技術を身に付けられます。

≪ページの先頭に戻る≫

訓練費用

6か月コース無料
チャレンジプロダクトコース
セレクトプロダクトコース
上記以外の1年・2年コース入校検定料
\2,200
入校料
\5,650
授業料
年間\118,800

※平成28年12月現在の金額です。
※授業料は月々9,900円(銀行引落し)
※ただし、教科書代、作業服代や、校外実習、資格取得のために必要な費用などは、全コース本人負担となります。
 負担額はコースによって異なりますが、おおよそ10,000円から60,000円程度となります。

※職業訓練生総合保険(任意)の保険料は、次のとおりです。(平成28年12月現在)

  • 6ヶ月コース  3,900円
  • 1年コース   6,800円 
  • 2年コース   12,300円

授業料の減免制度

対象者は以下のとおりです。

  • 生活保護を受けている世帯に属する方
  • 当該年度に納付すべき市町村民税が非課税となる世帯又は均等割のみとなる世帯に属する方
  • 中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律の規定による支援給付を受けている世帯に属する方
  • 火災、風水害等による災害を受けた世帯に属する方(被災した日から1年以内の申請に限る)
  • 以下のアからウの全てを満たす方

  ア 保護者等の市町村民税所得割額が304,200円未満の方
  イ 高等学校等就学支援金の支給に関する法律(平成22年法律第18号)第2条に掲げる高等学校等(以下「高等学校等」
    という。)を卒業(見込を含む)又は修了(見込を含む)していない方
  ウ 入校年度に高等学校等に在学予定でない方

教科書及び被服の支給

構成員全てが市町村民税の所得割、均等割ともに非課税である世帯に属する方は、申請により、教科書及び被服(作業服)が支給される場合があります。
支給品対象者(以下のいずれにも該当する方)
教科書
  • 構成員全てが市町村民税の所得割、均等割ともに非課税である世帯に属する方
  • 入校日現在20歳未満の方
被服(作業服)
  • 構成員全てが市町村民税の所得割、均等割ともに非課税である世帯に属する方
  • 訓練期間が1年以上で、別に規定する(※)訓練を受ける方

※詳しくは県産業人材課(045-210-5715)までお問い合わせください。

≪ページの先頭に戻る≫

授業時間・休日について

授業時間

1校時  8時50分から10時20分
2校時 10時30分から12時00分
3校時 13時00分から14時30分
4校時 14時40分から16時10分

※授業は月曜日から金曜日まで、毎日あります。
※水曜日は3校時までです。

 休日

○土曜日、日曜日、祝日
○夏休み、冬休み(それぞれ一週間程度) 等 

入校するには

応募資格や申込手続、入校選考について、詳しくはこちらをご覧ください。

≪ページの先頭に戻る≫

  
神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 労働部 産業人材課 です。