邸園(歴史的建造物)保全活用推進員養成講座 講座内容

掲載日:2014年5月30日

講座内容

「保全設計監理コース」と「活用マネジメントコース」の二つのコースを設定しています。

会場風景

    講座会場風景_講義    講座会場風景_演習

保全設計監理コース

邸園等の保全活用への助言や邸園等の活用を核とした地域づくりに関する専門家を目指すコース、建築士向け、全61.5時間。(平成24年度は全60時間)

カリキュラム(平成26年度)

1限2限3限4限
第一日邸園文化圏再生構想と邸園(歴史的建造物)保全活用推進員町並み調査と町づくり景観法と歴史まちづくり法造園
第二日登録文化財制度------------
第三日伝統的技法(木工事)伝統的技法(建具工事)伝統的技法(左官工事)伝統的技法(瓦工事)
第四日近代住宅史その1近代住宅史その2湘南邸園-現状と保全利活用に向けた課題和風住宅の様式と形成過程
第五日修復概論-歴史的建造物における保存・活用・再生建築基準法「私たちが見つけた歴史的建造物」登録文化財登録作業の実際・事前調査票の発表----
第六日歴史的建造物調査の実際実測調査演習その1所見作成演習その1----
第七日アートマネージメント歴史的建造物の活用事例-松陰コモンズ現場見学----
第八日歴史的建造物と防災鎌倉市 歴史を生かしたまちづくり耐震診断耐震補強
第九日改修工事の事例まちづくりNPOの活動・運営-藤野地域の町作りに携わってイタリアの歴史的建造物の保全と公開登録文化財に住むという事
第十日実測調査演習その2所見作成演習その2----
第十一日横浜市 歴史を生かしたまちづくり歴史的な邸宅と庭園の維持・管理・公開--------
第十二日歴史的建造物の発見(町歩き)------------
第十三日「私たちが見つけた歴史的建造物」調査票の発表「私が見つけた歴史的建造物の活用事例」発表--------

※一単位:1.5時間を標準とするが、それ以上の時間数の単位もあり。

活用マネジメントコース

邸園等の活用を核とした地域づくりを目指すコース、市民向け、全35.5時間。(平成24年度は全29.5時間)

カリキュラム(平成26年度)

1限2限3限4限
第一日邸園文化圏再生構想と邸園(歴史的建造物)保全活用推進員町並み調査と町づくり景観法と歴史まちづくり法造園
第二日登録文化財制度------------
第三日伝統的技法(木工事)伝統的技法(建具工事)伝統的技法(左官工事)伝統的技法(瓦工事)
第四日近代住宅史その1近代住宅史その2湘南邸園-現状と保全利活用に向けた課題和風住宅の様式と形成過程
第五日修復概論から歴史的建造物における保存・活用・再生------------
第六日----------------
第七日アートマネージメント歴史的建造物の活用事例-松陰コモンズ--------
第八日歴史的建造物と防災鎌倉市 歴史を生かしたまちづくり--------
第九日----まちづくりNPOの活動・運営-藤野地域の町作りに携わってイタリアの歴史的建造物の保全と公開登録文化財に住むという事
第十日----------------
第十一日横浜市 歴史を生かしたまちづくり歴史的な邸宅と庭園の維持・管理・公開--------
第十二日----------------
第十三日----「私が見つけた歴史的建造物の活用事例」発表--------
神奈川県

このページの所管所属は 県土整備局 都市部 都市整備課 です。