「津波浸水予測図」元禄型関東地震

掲載日:2016年4月1日

元禄型関東地震による津波浸水予測図

 1703年(元禄16年)に発生した地震は、揺れが非常に大きく、震度6以上の地域が房総半島から伊豆半島にかけての広範囲に存在しており、房総半島の南端部の他、県内でも平塚等で震度7となっている。また、震源域となった房総半島の南端部では4m(その後の沈降量を考慮するとこの約1.5倍)以上の隆起量があった。
 元禄地震による津波は、房総半島の和田で最大10.5mの推定津波高となっており、県内でも鎌倉では二の鳥居まで浸入し(推定津波高8m)、片瀬で6m、藤沢から平塚、小田原で4mの推定津波高となっている。
 相模トラフ沿いの地震として、元禄型関東地震は、地震調査研究推進本部(平成23年1月の長期評価)によれば、次のように評価されている。
発生間隔:2300年程度、今後50年間の発生確率:ほぼ0%

※詳しい断層モデルの設定等については解説書P20検討対象地震を御覧ください。

元禄型関東地震 神奈川県全県図 [PDFファイル/8.15MB]

元禄型関東地震 神奈川県22分割図

湯河原町 真鶴町 [PDFファイル/6.69MB]
小田原市西部 [PDFファイル/5.09MB]
小田原市中部 [PDFファイル/7MB]
小田原市東部 二宮町 [PDFファイル/5.21MB]
大磯町 平塚市西部 [PDFファイル/6.94MB]
平塚市東部 茅ヶ崎市 [PDFファイル/6.62MB]
寒川町 平塚市相模川沿岸 [PDFファイル/6.6MB]
藤沢市 [PDFファイル/8.59MB]
鎌倉市 逗子市 [PDFファイル/7.59MB]
10葉山町 横須賀市久留和漁港・秋谷漁港周辺 [PDFファイル/8.67MB]
11横須賀市佐島漁港・長井漁港・北下浦漁港周辺 三浦市北部 [PDFファイル/6.77MB]
12三浦市南部 [PDFファイル/8.39MB]
13横須賀市久里浜港から鴨居港周辺 [PDFファイル/4.22MB]
14横須賀市走水港から横須賀新港周辺 [PDFファイル/5.47MB]
15横須賀市横須賀本港・長浦港周辺 [PDFファイル/8.94MB]
16横浜市金沢区 [PDFファイル/8.93MB]
17横浜市磯子区 [PDFファイル/6.71MB]
18横浜市中区 [PDFファイル/5.03MB]
19横浜市西区 神奈川区 [PDFファイル/4.82MB]
20東京湾扇島 [PDFファイル/3.28MB]
21横浜市鶴見区 [PDFファイル/6.16MB]
22川崎市川崎区 [PDFファイル/5.64MB]
※見出しの市町区名は、大まかなものであり、市町区境は近隣に含まれる場合もあります。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 県土整備局 河川下水道部 砂防海岸課 です。