東日本大震災による被災地からの転入学幼児・児童・生徒・保護者の皆さんへ

掲載日:2016年11月21日

新着情報

現在、掲載されている情報はありません。

支援窓口のご案内

 東日本大震災により、岩手県、宮城県、福島県などから多くの方々が全国各地に避難されており、避難される前にお住まいの市町村や県では、避難者の方へのサービス情報の提供が課題となっています。
 このため、国では「全国避難者情報システム」を立ち上げ避難者の方々の情報把握に努めています。
 このシステムは、避難者の方から避難先の市町村へ避難先等に関する情報を任意にご提供いただき、その情報を避難される前にお住まいの市町村や県へ提供しています。このシステムをもとに、情報の提供を受けた市町村や県では、避難者へのサービス情報等を提供しています。
 このほか、神奈川県では「東日本大震災 支援・情報ステーション」を設置し避難者の皆様からのご相談をお受けしているほか、「かながわ避難者見守り隊」が定期的に避難者宅を訪問し、避難者の皆様が孤立するのを防ぐとともに、さまざまなニーズの把握や、効果的な支援の提供に取り組んでいます。

全国避難者情報システム

 次のリンクから、「全国避難者情報システム」の概要や、お住まいの市町村の連絡先窓口等についてご確認いただけます。

県による被災者支援

 次のリンクからは、神奈川県が設置する「東日本大震災 支援・情報ステーション」や「かながわ避難者見守り隊」についてご紹介しています。

被災地からの転入学児童・生徒に対する神奈川県の取組

「東日本大震災に伴う被災者に対する県立高校への転入学の弾力的受け入れ」について

 東日本大震災に伴う被災者の神奈川県立高校への転入学の受け入れについては、一家転住の場合以外に、本人のみが本県に居住する親戚等と同居する場合も可としております。詳細については下記の「転編入学情報センター」まで、お電話にてご相談ください。

問い合わせ先
教育委員会教育局教育指導部
高校教育課入学者選抜・定員グループ
電話:045-210-8085(ダイヤルイン)

教育委員会教育局教育相談室 転編入学情報センター
電話:045-210-8235(ダイヤルイン)

「予防接種」について

 予防接種法に基づく定期の予防接種(以下をご参照ください。)については、避難先の市町村にある医療機関で接種することが可能な場合があります。
 詳しくは、市町村の予防接種担当課にお問い合わせください。

 ※予防接種法に基づく定期の予防接種(児童・生徒等を対象とするもの)
   ジフテリア、百日せき、破傷風、急性灰白髄炎、風しん、麻しん、日本脳炎

 避難先市町村の予防接種担当窓口にご確認ください。

 保健福祉局保健医療部
 健康危機管理課健康危機管理グループ
 電話:045-210-4634

「県による被災者(被災地)への支援」について

 神奈川県では、被災者(被災地)に対する様々な支援を実施しています。
 詳細は次のリンクからご確認ください。

その他・各種情報

「東日本大震災を受け県内で避難生活を送っている東北の子どもたちを対象にした、大学生による学習支援「とどろき学習室」「よこはま学習室」」について

対象:東日本大震災を受け県内で避難生活を送っている東北の中学1年生〜高校3年生
   ※小学生の参加には、行き帰りの大人による送り迎えが必要です
場所:「とどろき学習室」小杉こども文化センター(川崎市中原区小杉町3-417;武蔵小杉駅徒歩1分)
   「よこはま学習室」横浜市西区社会福祉協議会(横浜市西区高島2-7-1 ファーストプレイス横浜3階;横浜駅徒歩3分)
開催日:週2回、18:30-20:30 ※「よこはま学習室」は当面土曜日のみ。専用ホームページで日程を御確認ください。
内容:大学生による学校授業の補習や受験勉強のサポート。1回あたり2時間。無料。
講師学生:慶應義塾大学、東京大学、一橋大学、千葉大学、上智大学、中央大学ほか
参加申し込み:氏名・学校名・学年・住所・電話番号を代表鈴木までメールもしくは電話でお知らせください。
ホームページ:http://g-edu.kmd.keio.ac.jp/todoroki_school/index.html

関連ページへのリンク

公立小・中学校・高等学校等への転入学の受け入れ状況

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 教育局 支援部 学校支援課 です。