黒岩知事との“対話の広場”に関するアンケート結果

掲載日:2017年3月2日

e-かなネットアンケートの集計結果をお知らせします。

本アンケートは、県民の皆様と知事が直接意見交換を行う「黒岩知事との“対話の広場”」の今後の開催にあたり、参考とさせていただくために実施しました。


調査の概要

調査対象インターネット利用者
調査期間平成29年1月19日(木曜日)から2月24日(金曜日)
回収状況101人

調査の項目

調査結果

Q1.【必須】あなたは“対話の広場”が開催されていることを知っていましたか。次の中からあてはまるものを1つ選んでください。(n=101)

開催されていることを知っており、実際に参加したことがある

インターネット生中継の視聴を含む)→Q2へ

棒グラフ(14件 13.9%)
開催されていることは知っていたが、参加したことはない→Q3へ棒グラフ(39件 38.6%)
開催されていることを知らなかった→Q3へ棒グラフ(48件 47.5%)

Q2.【Q1で「開催されていることを知っており、実際に参加したことがある(インターネット生中継の視聴を含む)」を選択された方にお聞きします。】今年度に開催された “対話の広場”に参加されましたか。次の中からあてはまるものをすべて選んでください。(複数回答)(n=14)

10月17日(月曜日)「社会参加について-生涯現役社会の実現-(Live神奈川 第17回)棒グラフ(4件 28.6%)
11月24日(木曜日)「スポーツが育てる“生きがい”-生涯を通してスポーツを楽しむには-」(Live神奈川 第18回)棒グラフ(7件 50%)
12月21日(水曜日)「スマイルハッピーシティ☆-みんなで支えあう地域社会の将来像-」(Live神奈川 第19回)棒グラフ(2件 14.3%)
7月12日(火曜日)「「ちょこっと田舎」生活-未病の戦略的エリアへの移住-」(地域版 県西会場)棒グラフ(1件 7.1%)
9月27日(火曜日)「元気に暮らせる「食と運動」とは」(地域版 横須賀三浦会場)棒グラフ(1件 7.1%)
10月25日(火曜日)「川崎発 新時代の人生設計図」(地域版 川崎会場)棒グラフ(1件 7.1%)
11月2日(水曜日)「スポーツと健康長寿社会」(地域版 湘南会場)棒グラフ(1件 7.1%)
11月9日(水曜日)「ロボット技術が支える人生100歳時代-ロボットと共に歩む未来を目指して-」(地域版 県央会場)棒グラフ(1件 7.1%)
今年度は参加していない棒グラフ(6件 42.9%)

Q3.【必須】あなたが“対話の広場”に参加するとしたら、どのようなことを期待しますか。次の中からあてはまるものをすべて選んでください。(複数回答)(n=101)

知事に直接意見を言うこと棒グラフ(28件 27.7%)
知事の考えを直接聞くこと棒グラフ(50件 49.5%)
神奈川県の取組みを聞くこと棒グラフ(45件 44.6%)
他の参加者の意見を聞くこと棒グラフ(28件 27.7%)
事例発表者やゲストの話を聞くこと棒グラフ(27件 26.7%)
特にない棒グラフ(19件 18.8%)
その他棒グラフ(2件 2%)

その他の意見

  • 知事と県の福祉に対する考えや実行することを聞きたい。
  • 「福祉とは何か」について県と知事の考えを聞きたい。
  • 直接請求の機会となること

Q4.【必須】開催回数について伺います。“対話の広場”の開催回数は、どれくらいが適当だと思いますか。次の中からあてはまるものを1つ選んでください。(n=101)

年に1回棒グラフ(5件 5%)
年に2から3回程度棒グラフ(45件 44.6%)
年に4から5回程度棒グラフ(17件 16.8%)
年に6回以上棒グラフ(15件 14.9%)
わからない棒グラフ(18件 17.8%)
その他棒グラフ(1件 1%)

その他の意見

  • 月1回以上、各自治体に出張の形で。

Q5.【必須】開催時間帯について伺います。あなたが“対話の広場”に参加するとしたら、もっとも参加しやすい時間帯はどれですか。次の中からあてはまるものを1つ選んでください。(n=101)

平日の日中棒グラフ(29件 28.7%)
平日の夜間棒グラフ(19件 18.8%)
土曜日の日中棒グラフ(13件 12.9%)
土曜日の夜間棒グラフ(5件 5%)
日曜日の日中棒グラフ(9件 8.9%)
日曜日の夜間棒グラフ(2件 2%)
いつでもよい棒グラフ(8件 7.9%)
わからない棒グラフ(15件 14.9%)
その他棒グラフ(1件 1%)

その他の意見

  • 平日や土日と決めずにやってほしい。時間も決めずに色々な時にしてほしい。

Q6.【必須】会場の規模(定員)について伺います。あなたは“対話の広場”の会場の規模については、どれくらいが適当だと思いますか。次の中からあてはまるものを1つ選んでください。(n=101)

50名未満棒グラフ(27件 26.7%)
50名以上100名未満棒グラフ(36件 35.6%)
100名以上200名未満棒グラフ(22件 21.8%)
200名以上300名未満棒グラフ(0件 0%)
300名以上棒グラフ(2件 2%)
わからない棒グラフ(13件 12.9%)
その他棒グラフ(1件 1%)

その他の意見

  • 対話方式が有効で15人位が望ましい。知事は、多くの意見を聞かれたいと思えるので、別に50名未満の場所の二通りの場所を設ける必要がある。

Q7.【必須】“対話の広場”のテーマについて伺います。あなたが“対話の広場”で取り上げてほしいと思うテーマは何ですか。次の中からあてはまるものをすべて選んでください。(複数回答)(n=101)

安全・安心(例:災害対策、治安対策、交通安全対策)棒グラフ(57件 56.4%)
健康・福祉(例:高齢者福祉、障害者福祉、医療整備、食・食育)棒グラフ(54件 53.5%)
環境・農政(例:自然保護、農林水産業振興)棒グラフ(29件 28.7%)
県民生活(例:男女共同参画、ボランタリー活動、青少年育成、消費者保護)棒グラフ(23件 22.8%)
教育・子育て(例:子育て支援、学校教育、スポーツ)棒グラフ(32件 31.7%)
産業・労働(例:産業振興、観光、雇用対策、エネルギー対策)棒グラフ(27件 26.7%)
県土・まちづくり(例:まちづくり、住宅対策、道路整備)棒グラフ(40件 39.6%)
地域の課題棒グラフ(22件 21.8%)
わからない棒グラフ(9件 8.9%)
その他棒グラフ(4件 4%)

その他の意見

  • 動物愛護保護センターについて、動物福祉・動物殺処分ゼロの課題
  • 県の財政と今後の見通し、これらに関連して具体的施策。
  • カジノ誘致の是非
  • 基地周辺の騒音に対する健康問題

Q8.【必須】“対話の広場”の広報について伺います。あなたがご覧になったことがある“対話の広場”の広報を次の中からすべて選んでください。(複数回答)(n=101)

県の広報紙「県のたより」棒グラフ(67件 66.3%)
県のホームページ棒グラフ(32件 31.7%)
“対話の広場”ツイッター(@Taiwa_Hiroba)棒グラフ(4件 4%)
神奈川県PRキャラクター「かながわキンタロウ」フェイスブック棒グラフ(8件 7.9%)
チラシ棒グラフ(10件 9.9%)
tvk 自治体データ情報棒グラフ(4件 4%)
新聞棒グラフ(7件 6.9%)
タウン情報誌棒グラフ(13件 12.9%)
市町村の広報紙棒グラフ(11件 10.9%)
その他棒グラフ(1件 1%)
見かけたことが無い棒グラフ(17件 16.8%)

Q9.【任意】“対話の広場”の広報について、あなたが広報したらよいと思う広報媒体があればお答えください。(n=101)

  • Facebook
  • 神奈中のバス広告(広く県民の方が利用しているので)
  • テレビ
  • tvkテレビ神奈川の「あっぱれ!KANAGAWA大行進」のCM枠を使う。
  • ラジオ
  • タウンニュース
  • 市町村の広報紙
  • 電子メール
  • 県と県民個々との関連事項が市町村と違って薄いので、県民個々にどんな影響をするか、しているかの分かりやすい、個々から見て分かりやすく身近なものにする必要を感ずる。

Q10.【必須】“対話の広場”がどのようであれば参加(インターネット生中継の視聴も含む)したいと思いますか。次の中からすべて選んでください。(複数回答)(n=101)

開催テーマに関心がある棒グラフ(76件 75.2%)
興味のあるゲストが参加する棒グラフ(34件 33.7%)
会場が近い棒グラフ(41件 40.6%)
日程・時間が合う棒グラフ(54件 53.5%)
特に参加したいと思わない棒グラフ(12件 11.9%)
その他棒グラフ(1件 1%)

その他の意見

  • 県民が行政に何を求めているかを把握して、それに関連したテーマにすべきで、当然副題として 要望も取り入れることが肝要。

Q11.【必須】“対話の広場”Live神奈川では、インターネット生中継動画の配信と共にツイッターでご意見を受け付けています。 あなたはツイッターを利用していますか。(n=101)

はい棒グラフ(25件 24.8%)
いいえ棒グラフ(76件 75.2%)

Q12.【任意】あなたの年齢(年代)について、次の中からあてはまるものを1つ選んでください。(n=101)

20歳未満棒グラフ(4件 4%)
20歳代棒グラフ(2件 2%)
30歳代棒グラフ(14件 13.9%)
40歳代棒グラフ(23件 22.8%)
50歳代棒グラフ(21件 20.8%)
60歳代棒グラフ(18件 17.8%)
70歳以上棒グラフ(17件 16.8%)
不明棒グラフ(2件 2%)

Q13.【任意】あなたのお住まいの地域について、次の中からあてはまるものを1つ選んでください。(n=101)

横浜(横浜市)棒グラフ(51件 50.5%)
川崎(川崎市)棒グラフ(14件 13.9%)
相模原(相模原市)棒グラフ(8件 7.9%)
横須賀三浦(横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町)棒グラフ(6件 5.9%)

県央(厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、

清川村)

棒グラフ(9件 8.9%)

湘南(平塚市、藤沢市、茅ケ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、

大磯町、二宮町)

棒グラフ(7件 6.9%)

県西(小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、

開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町)

棒グラフ(2件 2%)
神奈川県外棒グラフ(3件 3%)
不明棒グラフ(1件 1%)

Q14.【任意】あなたの職業について、次の中からあてはまるものを1つ選んでください。(n=101)

会社員・公務員棒グラフ(41件 40.6%)
自営業・自由業棒グラフ(9件 8.9%)
主婦・主夫棒グラフ(18件 17.8%)
児童・生徒・学生棒グラフ(5件 5%)
無職棒グラフ(24件 23.8%)
その他棒グラフ(3件 3%)
不明棒グラフ(1件 1%)

関連リンク

神奈川県

このページの所管所属は 県民局 くらし県民部 情報公開広聴課 です。