農林水産品

掲載日:2015年7月8日
かながわ名産100選

NO.1 横浜のしゃこ

横浜のしゃこ

商品紹介】東京湾で、小型底曳き網により漁獲され、体長11cm以上のものが出荷されている。旬は春から夏で、江戸前の寿司だねとして有名。
問い合わせ先】横浜市漁業協同組合柴支所
電話番号】045-701-8182

このページの先頭へもどる

NO.2 横浜のあなご

横浜のあなご

商品紹介】東京湾で、あなご筒により漁獲され、全長36cm以上のものが出荷されている。旬は5月半ばから9月までで、江戸前ものとして寿司、天ぷら、白焼きなどで食されている。
問い合わせ先】神奈川県あなご漁業者協議会
電話番号】045-773-8877

このページの先頭へもどる

NO.3 三浦の船凍いか

三浦の船凍いか

商品紹介】海から釣り上げた新鮮ないかを、-40℃以下の超低温で一杯ずつ急速冷凍する。高鮮度なので、どんないか料理にも最適。
問い合わせ先】神奈川県中型いか釣漁業協会           *現在(掲載日)は製造中止中です。        電話番号】046-882-1402

このページの先頭へもどる

NO.4 三浦のキンメダイ

三浦のキンメダイ

商品紹介】関東近海の主漁場は相模灘周辺から伊豆諸島海域。県内では三浦市での漁獲量が一番多い。近年は鍋だけでなく刺身や煮物等の人気も上がり、1年を通して漁獲されている。
問い合わせ先】みうら漁業協同組合
電話番号】046-881-7261

このページの先頭へもどる

NO.5 三崎のまぐろ

三崎のまぐろ

商品紹介】まぐろいえば三崎、三崎といえばまぐろといわれるほどの全国有数のまぐろの本拠地。刺身、寿司だねに用いられている。
問い合わせ先】(1)三崎水産物協同組合 (2)神奈川県漁業協同組合連合会三崎加工場
電話番号】(1)046-881-7111 (2)046-882-5166

このページの先頭へもどる

NO.6 松輪サバ

松輪サバ

商品紹介】三浦市松輪で一本釣り漁で漁獲されるサバは、肉付きが良く脂ののった格別な旨さから、松輪の黄金サバと称され、高級食材として使われている。
問い合わせ先】みうら漁業協同組合南下浦支所松輪販売所
電話番号】046-886-1746

このページの先頭へもどる

NO.7 みうらのさざえ・あわび

みうらのさざえ・あわび 

商品紹介】横須賀市、三浦市で多く水揚げされている。豊富な海草を食べて育ったさざえは身がやわらかく、磯の風味も格別。あわびも味・香り・歯ごたえがよい。
問い合わせ先】(1)長井町漁業協同組合 (2)横須賀市大楠漁業協同組合 (3)みうら漁業協同組合 (4)城ヶ島漁業協同組合(あわび)
電話番号】(1)046-856-2556 (2)046-856-4116(3)046-881-7261 (4)046-882-2160

このページの先頭へもどる

NO.8 湘南の生しらす

湘南の生しらす

商品紹介】三浦から小田原の相模湾沿岸で水揚げされる。鮮度が低下しやすいため、獲れた日にしか味わうことができない貴重品である。
問い合わせ先神奈川県しらす船曳網漁業連絡協議会

このページの先頭へもどる

NO.9 相模川の鮎

相模川の鮎

商品紹介】相模川の鮎は人気が高く、夏になると多くの観光客が鮎を求めて訪れる。
問い合わせ先】神奈川県内水面漁業協同組合連合会
電話番号】045-212-4016

このページの先頭へもどる

NO.10 芦ノ湖のわかさぎ

芦ノ湖のわかさぎ

商品紹介】100年近い歴史をもつ芦ノ湖の特産品。地元のレストラン、食堂の料理として観光客に人気がある。
問い合わせ先】芦之湖漁業協同組合
電話番号】0460-83-7361

このページの先頭へもどる

NO.11 相模湾のアジ

相模湾のアジ

商品紹介】定置網や一本釣りで漁獲される。主な水揚げ地は、小田原、三浦、真鶴。相模湾を代表する魚の一つ。
問い合わせ先】(1)みうら漁業協同組合 (2)真鶴町漁業協同組合直販所
電話番号】(1)046-881-7261 (2)0465-68-0164 

このページの先頭へもどる

NO.12 三浦のだいこん

三浦のだいこん

商品紹介】三浦大根は江戸時代末期から栽培され、大正時代には産地化された。80年代以降青首系品種が主流となっている。全国的にも生産量が多い。
問い合わせ先】(1)特産・三浦野菜生産販売連合 (2)三浦市農業協同組合
電話番号】(1)046-888-3151 (2)046-888-3151

このページの先頭へもどる

NO.13 三浦のすいか

三浦のすいか

商品紹介】明治16年頃から栽培が始まったといわれている。近年は大玉のスイカに代わり、小玉スイカや楕円形のスイカが増加傾向にある。
問い合わせ先】(1)特産・三浦野菜生産販売連合 (2)三浦市農業協同組合 (3)JAよこすか葉山
電話番号】(1)046-888-3151 (2)046-888-3151 (3)046-857-9183

このページの先頭へもどる

NO.14 三浦のとうがん

三浦のとうがん

商品紹介】昭和末期の「バブル・飽食」の時代に、健康志向に合致した野菜として注目され導入された。全国的にも生産量が多く、三浦の特産として定着している。
問い合わせ先】(1)特産・三浦野菜生産販売連合 (2)三浦市農業協同組合
電話番号】(1)046-888-3151 (2)046-888-3151

このページの先頭へもどる

NO.15 みうらのキャベツ

みうらのキャベツ

商品紹介】明治25年頃から栽培が始まったといわれている。緑が美しく食感に優れた春系のキャベツとして定評がある。三浦市、横須賀市で主に栽培されており、全国的にも生産量が多い。
問い合わせ先】(1)特産・三浦野菜生産販売連合 (2)三浦市農業協同組合 (3)JAよこすか葉山
電話番号】(1)046-888-3151 (2)046-888-3151 (3)046-857-9183

このページの先頭へもどる

NO.16 みうらのかぼちゃ

みうらのかぼちゃ

商品紹介】三浦市、横須賀市で多く生産されている。栽培、品質を徹底し、品質も粉質、ホクホク感が特徴の「みやこ」を導入、「こだわりかぼちゃ」として市場評価も高い。
問い合わせ先(1)特産・三浦野菜生産販売連合 (2)三浦市農業協同組合 (3)JAよこすか葉山
電話番号】(1)046-888-3151 (2)046-888-3151 (3)046-857-9183

このページの先頭へもどる

NO.17 湘南のキュウリ

湘南のキュウリ

商品紹介】明治30年代に平塚市で栽培が始まった。平塚、藤沢など湘南地域で多く生産されている。
問い合わせ先】(1)JA全農かながわ農産総合課 (2)JA湘南施設野菜部会
電話番号】(1)0463-53-1744 (2)0463-58-7799

このページの先頭へもどる

NO.18 湘南レッド

湘南レッド

商品紹介】昭和28年米国留学青年が持ち帰った品種から県園芸試験場が選抜。普通のタマネギに比べて辛みが少なく水分や甘みがある。
問い合わせ先】JA全農かながわ農産販売課
電話番号】0463-53-1570

このページの先頭へもどる

NO.19 神奈川の小松菜

神奈川の小松菜

商品紹介】明治40年頃、横浜市で栽培が始められ、各地域に栽培が広がった。横浜、平塚、茅ヶ崎で多く生産されている。
問い合わせ先】(1)JA横浜経済部 (2)JA湘南露地野菜部会 (3)JAさがみ営農課
電話番号】(1)045-805-6612 (2)0463-58-7799 (3)0466-48-2501

このページの先頭へもどる

NO.20 神奈川のトマト

神奈川のトマト

商品紹介】県では藤沢市で大正中期に篤農家がガラス温室で栽培したのが最初であるといわれている。横浜、藤沢、川崎、茅ヶ崎、平塚、厚木など県内各地で生産されている。
問い合わせ先】JA全農かながわ農産総合課
電話番号】0463-53-1744

このページの先頭へもどる

NO.21 みうらの露地メロン

みうらの露地メロン

商品紹介】三浦市、横須賀市で多く生産されている。1975年以降露地栽培可能なネット系メロンが相次いで開発され、三浦半島に定着した。
問い合わせ先】(1)特産・三浦野菜生産販売連合 (2)三浦市農業協同組合 (3)JAよこすか葉山
電話番号】(1)046-888-3151 (2)046-888-3151 (3)046-857-9183

このページの先頭へもどる

NO.22 小田原の梅・梅干し

小田原の梅・梅干し

商品紹介】小田原の梅は、北条時代に城内や屋敷に梅の植樹を奨励したことが始まりと言われている。梅干しは腐敗防止などの薬効から大変重宝されている。
問い合わせ先】(1)JAかながわ西湘下曽我営農経済センター (2)小田原名産漬物工業組合 (3)湘南漬物工業組合
電話番号】(1)0465-42-8887 (2)0465-22-5545 (3)0463-71-0073

このページの先頭へもどる

NO.23 神奈川のみかん

神奈川のみかん

商品紹介】県西地域の代表作物であり、甘みと酸味のバランスがとれたみかん。県内では、「大津4号」「青島みかん」を中心に栽培している。
問い合わせ先】JA全農かながわ農産販売課
電話番号】0463-53-1570

このページの先頭へもどる

NO.24 神奈川のなし

神奈川のなし

商品紹介】横浜、川崎、伊勢原、厚木、小田原で多く生産されている。横浜では「浜なし」、川崎では「多摩川梨」、厚木では「あつぎの梨」、足柄地域では、「足柄梨」として親しまれている。
問い合わせ先】(1)横浜市園芸協会 (2)JAセレサ川崎営農部 (3)JAいせはら果樹部会 (4)JAあつぎ営農指導課 (5)JAかながわ西湘販売課
電話番号】(1)045-711-0636 (2)044-877-2509 (3)0463-93-8115 (4)046-221-2273 (5)0465-38-0125

このページの先頭へもどる

NO.25 神奈川のキウイフルーツ

神奈川のキウイフルーツ

商品紹介】昭和40年代後半に県西地域を中心に産地化。エメラルドグリーンの果肉には、ビタミンCが豊富に含まれている。
問い合わせ先】JA全農かながわ農産販売課
電話番号】0463-53-1570

このページの先頭へもどる

NO.26 神奈川のいちご

神奈川のいちご

商品紹介】海老名、厚木、秦野、横須賀、平塚、小田原などで多く栽培されている。ハウス栽培で12月から5月まで出荷されている。
問い合わせ先】JA全農かながわ農産総合課
電話番号】0463-53-1744

このページの先頭へもどる

NO.27 横濱ビーフ

横濱ビーフ

商品紹介】厳選した黒毛和種の子牛を指定配合におから、ビール粕を加えた独自の餌でじっくり育てた横濱ビーフは、脂質が良く、まろやかで風味豊かな牛肉。
問い合わせ先】横濱ビーフ推進協議会
電話番号】045-761-4191

このページの先頭へもどる

NO.28 葉山牛

葉山牛

商品紹介】三浦半島で生産されている黒毛和牛。優秀な和牛の血統を受け継ぎ、丹誠込めて育て上げた珠玉の逸品。とろけるような脂身と肉の甘味が絶妙のバランス。
問い合わせ先】三浦半島酪農組合連合会(JAよこすか葉山)
電話番号】046-857-9656

このページの先頭へもどる

NO.29 高座豚(豚肉)

高座豚

商品紹介】由来は戦前より旧高座地方で飼われていた中型種が起源。現在では県下で改良飼育され、肉質がきめ細かく柔らかで脂の質が良く、旨みが多いのが特徴。
問い合わせ先】(一社)神奈川県畜産会
電話番号】045-761-4191

このページの先頭へもどる

NO.30 馬絹の花桃

馬絹の花桃

商品紹介】花桃は春の訪れを告げる花木で、ひな祭りには欠かせない。川崎では江戸時代中期から栽培されており、品評会でも高い技術には定評がある。
問い合わせ先】JAセレサ川崎宮前支店
電話番号】044-866-4231

このページの先頭へもどる

NO.31 湘南のバラ

湘南のバラ

商品紹介】昭和30年頃から、栽培したのが始まり。平塚、秦野などの湘南地域で多く生産されている。全国的にも生産量が多い。
問い合わせ先】平塚市園芸協会バラ部会(平塚市農水産課内)
電話番号】0463-35-8103

このページの先頭へもどる

NO.32 湘南のスイートピー

湘南のスイートピー

商品紹介】昭和初期より寒川、海老名、茅ヶ崎を中心に栽培。国内で先駆者的存在で全国的にも生産量が多い。
問い合わせ先】寒川町温室組合スイトピー部
電話番号】0467-75-6005

このページの先頭へもどる

NO.33 神奈川のカーネーション

神奈川のカーネーション

商品紹介】県のカーネーション生産は、明治の末の露地栽培が始まり。秦野、伊勢原、海老名、寒川で多く生産されている。全国的にも生産量が多い。
問い合わせ先】(1)JAはだの営農課 (2)JAいせはら温室部会 (3)寒川町温室組合カーネーション部
電話番号】(1)0463-81-7718 (2)0463-93-8115 (3)0467-75-6005

このページの先頭へもどる

NO.34 神奈川のシクラメン

神奈川のシクラメン

商品紹介】平塚、横浜、秦野で主に生産されている。消費地に近いため直売が多い。全国的にも生産量が多い。
問い合わせ先】(1)平塚市園芸協会(平塚市農水産課内) (2)横浜市園芸協会
電話番号】(1)0463-35-8103 (2)045-711-0636

このページの先頭へもどる

NO.35 神奈川のパンジー

神奈川のパンジー

商品紹介】藤沢、横浜、川崎で多く栽培されている。全国的にも生産量が多い。豊富な花の色や飾り方の応用の幅広さが、ガーデニングを始めたばかりの方に人気がある。
問い合わせ先】(1)横浜市園芸協会 (2)JAセレサ川崎中原支店
電話番号】(1)045-711-0636 (2)044-751-5911

このページの先頭へもどる

神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 観光部 観光企画課 です。