精神障害者入院医療援護金を受けるには

掲載日:2016年7月15日
問い合わせ先  

 精神疾患で病院に入院している人は、月1万円の医療援護金を受けることができます。

 対象となるのは、精神疾患で精神科病院又は一般病院の併設精神科病棟に月の初日から末日まで入院している人で、医療費の保険治療にあたる自己負担額が月額1万円以上の人です(食事代・差額ベッド代は除く)。ただし世帯全員の前年の所得税の合算額が87,000円以下であること等の制限があります。
(上記は神奈川県の条件です。政令市に住所がある方は、各政令市に問い合わせてください。)

 申請用紙に、世帯全員の住民票と所得税の証明書を添えて県庁がん・疾病対策課に提出(横浜市民、川崎市民、相模原市民はそれぞれ横浜市障害福祉課、川崎市精神保健課、相模原市精神保健福祉課へ必要書類を確認の上、提出)してください。

なお、申請用紙については病院又は県がん・疾病対策課(政令市の申請用紙については、各政令市)に問い合わせてください。

このページの先頭へもどる

本文ここで終了

神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 保健医療部 がん・疾病対策課 です。