今からできる節電アクション 

掲載日:2015年4月13日

 節電アクション -取組例-

家庭で!

    1確認する!   2減らす!  3工夫する!  4使う!

1確認する!

 まずは、過去の検針票などで、ご自宅の消費電力を確認してみましょう。また、電力使用のピーク時間を意識して節電に心がけることも有効です。ピーク時間の情報をチェックしましょう。

  • 携帯電話やパソコンなどで、電力の需給状況、ピーク時間の情報をチェックする。
  • 過去の検針票などで、自宅の消費電力を確認する。

 

2減らす!

 エアコン、冷蔵庫、照明器具、テレビで家庭の電力消費の約4割を占めると言われています。電化製品の使用はできる限り控え、電化製品を使用する場合は、電力を消費しないよう機器の調整をするなど、使い方を見直しましょう。

 また、温水洗浄便座やポットなどの保温機能で知らず知らずのうちに電力を使用しています。保温機能の使用は控えましょう。

 さらに、家庭における電力消費のうち、待機時消費電力が約6%を占めると言われています。使用しない電化製品はコンセントを抜くなど、待機電力の消費を徹底的に減らしましょう。 

(1)エアコン
  • 設定温度は冷房28℃以上、暖房20℃以下を目安にする。

◇室外機(夏)

  • 日光が当たらないよう、日よけ等を設置する。
  • 放熱がこもらないよう、風通しのよい場所に設置する。
(2)冷蔵庫
  • 設定温度は「強」にしないで、「中」(夏)、「弱」(冬)にする。
  • 詰め込みすぎず、開け閉めはすばやくする。
  • 壁から適切な間隔をあける。
(3)照明
  • 居室や廊下・玄関等の不要な照明を消す。
  • 生活に支障のない範囲で、電球や蛍光灯の一部を照明器具からはずす。
(4)

電気ポット・電気炊飯器(保温機能)

  • 保温機能は利用しない。
(5)テレビ
  • 家族で一緒に視聴する。
  • 画面の明るさや音量を落とす。
  • 本当に見たい番組だけにして、つけっぱなしにしない。
(6)温水洗浄便座
  • 電源をオフにする。
  • 温水の温度を下げる。
(7)パソコン
  • 使用時は省エネ設定にする。
  • 使用しないときは電源をオフにする。
(8)洗濯機・衣類乾燥機
  • まとめ洗いで洗濯回数を少なくする。
  • 衣類乾燥機は使用せず、晴れた日は天日干しに、雨の日は部屋干しにする。
(9)掃除機
  • 掃除の前に部屋を片付けて、効率的に掃除機を利用する。
  • 簡単な掃除は、ほうきなどで済ます。
(10)待機電力
  • 電化製品を使わないときはコンセントから抜く。
  • 給湯機器を利用しないときは、電源をオフにする。

 

3工夫する!

 ライフスタイルを見直し、省電力型の生活になるよう工夫してみましょう。

(1)ピークカット
  • 洗濯機・衣類乾燥機・掃除機などを使用する家事はピーク時間外に行うよう生活を工夫する。
  • アイロン、ドライヤーなど利用時間が短くても大きく電力を消費する電化製品はピーク時間には使用しない。
(2)早寝早起き
  • 明るいうちに活動を開始して、暗くなったら早めに就寝する。
(3)クールビズ・ウォームビズ
  • 季節に合った服装を心がけ、クールビズやウォームビズを徹底する。
(4)一家団らん
  • 家族はなるべく一部屋で過ごし、団らんをする。

 

4使う!

 電化製品を買い替えるときは、省エネラベルを確認し、エネルギー効率のよい省エネ型の機器に買い替えましょう。

  太陽光発電や太陽熱利用などの新エネルギーを導入しましょう。 

(1)買い替える
  • 白熱電球をLED電球や電球形蛍光灯に交換する。
  • エアコンや冷蔵庫、テレビは省エネラベルを確認して、より消費電力の少ない製品に交換する。
(2)新エネルギー
  • 太陽光発電設備や太陽熱利用設備を利用する。

こちらもご活用下さい!

環境家計簿

 日常生活で使用する電気・ガス・灯油・ガソリンなどの使用量を入力して、CO2排出量を計算することができます。

STOP温暖化!私の取組

 皆さまの工夫を凝らした節電をはじめとした、環境配慮の取組を紹介しています!
 ☆ユニークな取組を募集しています  →節電の取組事例募集中!

工場、オフィス、店舗などで!

   事業所における電力の使用形態は様々ですが、共通する取組事例についてご紹介します。

  (節電アクションの取組例)

(1)

産業分野

(製造業他)

  • 工場内の室温の設定は、冷房28℃以上、暖房19℃以下を目安とする。
  • 照明を削減する(使用していないエリアの消灯など)。
  • 生産プロセスの一層の合理化や設備運用の最適化を進める。
  • 省エネ設備を導入する。
  • 節水を推進する。
  • 操業時間の短縮やシフトを実施する。
(2)

業務分野

(オフィスビル、

商業施設、

飲食店、

ホテル、

学校等)

  • 室温の設定は、冷房28℃以上、暖房19℃以下を目安とする。
  • 照明を削減する(窓際での消灯、ネオンの消灯など)。
  • 空調時の換気量を調整する(今より少なくする)。
  • 建物の遮熱性・断熱性をあげる(窓に遮熱フィルム、ブラインド、カーテンなど)。
  • パソコン、プリンター等のOA機器の使用を削減する。
  • 省エネ設備を導入する。
  • 節水を推進する。  
  • 営業時間の短縮やシフトを実施する。
  • 節電ビズ(クールビズ・ウォームビズの一層の強化)を実施する。

こちらもご活用下さい!

排出削減事例集

 中小規模の事業所でも実施しやすい二酸化炭素排出削減対策の事例を取りまとめ、公表しています。

中小規模事業者省エネルギー対策支援

 省エネ相談・省エネ診断・省エネルギー対策事業費補助制度など、県の中小規模事業者省エネルギー対策への支援施策に関する情報を提供しています。

節電の取組事例募集中!

地球温暖化防止につながる、皆さまの工夫を凝らした節電の取組事例を募集しています。

  • わが家は○○で電気代半減!
  • 意外と知られていない!?見落としがちな○○に関する取組
  • 電気を使わないで涼しく/暖かく過ごす、とっておきのコツ

など、家庭や職場で実践しているユニークな取組や、大きな成果があった取組を教えてください!

◆ご応募いただいた取組は、ホームページで紹介します。
 STOP 温暖化!私の取組  

※ご応募いただいた取組みは、事務局にて内容を確認させていただき、地球温暖化の防止に寄与する内容と異なる場合は、掲載しない場合もありますので、ご了承ください。

応募先

神奈川県 環境農政局 環境部 環境計画課 地球温暖化対策グループ
環境計画課へのお問い合わせフォームをご利用ください 

 関連情報

現在の電力使用状況とでんき予報(東京電力)

電力使用状況

   

節電のご協力ありがとうございます

  
神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 環境部 環境計画課 です。