丹沢の自然豊かなブナ林を次の世代へ!『ブナ林の再生に向けて』研究報告会を開催します

掲載日:2016年2月9日

平成28年2月9日

参 考 資 料

(県政・相模原・厚木・秦野・小田原記者クラブ同時送付)

 いま、丹沢山地ではブナの立ち枯れや草地の拡大など、ブナ林の衰退が進行しています。自然環境保全センターではその原因を解明し再生するための技術開発に取り組んでおり、このたび、研究成果についての報告会を開催します。
 当日は、会場に記者席をご用意しております。ぜひお越しください。

 写真:衰退が進むブナ林
   衰退が進むブナ林の例(檜洞丸)

矢印

再生をめざすブナ林 
 再生を目指すうっそうとしたブナ林の例(菰釣山)

  

1 行事名  ブナ林の再生に向けて -衰退原因の解明と再生技術の開発-

2 日時    平成28年2月20日(土曜日) 13時30分から16時

3 場所    厚木商工会議所(厚木市栄町1‑16‑15) 

※  詳細は別添チラシ又はホームページをご覧ください。
   http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p986688.html(現在は閲覧できません。)

 

添付資料   ブナ林の再生に向けて(チラシ) [PDFファイル/696KB]

 写真:ブナハバチ幼虫にすべての葉を食べられたブナ
 ブナハバチ幼虫(右上)にすべての

 葉を食べられたブナ(大室山6月)

 

 

 

 

 

 

 

 

(問い合わせ先)

  神奈川県自然環境保全センター

  研究企画部長  山根 

  研究連携課長  西口 
  046-248-0321(内線406)

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 自然環境保全センター です。