資金調達支援ガイド

掲載日:2016年9月7日

NPOが自らの活動への「共感」を広げ支援者を増やすことが、資金調達力強化につながります。 一方、インターネットを活用したいわゆる「ネット募金」に多くの参加が有るなど、活動の目的や内容に賛同できる非営利活動等に対する寄付を考える方々は根強くいらっしゃいます。
 そこで、NPOと支援者のマッチングに向けたヒントとなるツールを紹介します。団体の活動が共感を得られるのか客観的に把握でき、さらなる支援者獲得のノウハウが得られるかもしれません。資金調達力強化の取り組みにお役立てください。

ネット募金の活用

 インターネットを通じて集める方式の募金、いわゆる「ネット募金」を扱うウェブサイトが数多く運営されています。 「ネット募金」は、ネットユーザーからの寄付のほか、インターネットショッピングで発生したポイントを活用したり、ユーザーに代わって企業等が寄付するため募金者の金銭提供が不要なものなど、さまざまな方式で寄付金を集め、NPOの活動資金に充当する取り組みが多く見られるようになっています。
 ここでは、NPOの寄付集めをサポートしている「ネット募金」を扱う主なサイトを紹介します。

ネット募金を扱う主なウェブサイト

名称

運営者

主な内容

寄付金送付先

CharityNAVI (チャリナビ

特定非営利活動法人チャリティ・プラットフォーム

寄付先として信頼できるNPOを厳選し紹介するNPOのデーターベース。データベースの検索機能を用いて、特定の団体への寄付、目的に応じて、または、感性的な視点からの選択といったように、ベストな支援先を探し出すことが可能です。

寄付者が選んだサイト登録団体

クリックで救える命がある。

株式会社ディ・エフ・エフ

表示のスポンサー企業名をクリックするだけで無料で募金ができる「クリック募金」のポータルサイト。応援したい取り組み等に寄付する。

スポンサー企業が選定した団体

注:ネット募金サイトの掲載団体となるには、各々掲載基準があります。

 

企業・金融機関の取り組みの活用

 CSR活動を推進する企業や金融機関には、NPOを直接、資金援助する取り組みを行うところもあります。 ここでは、企業の例として株式会社ファミリーマートの取り組みを紹介します。近年の社会貢献に対する関心の高まりを団体支援に繋げる、コンビニエンス業界で初の試みです。

企業取り組み
(例)Famiポート募金(株式会社ファミリーマート)

 ファミリーマート全国約7,500店舗に設置されているマルチメディア端末「Famiポート」に募金画面を設け、お客さまが画面上でご希望の団体・募金先と金額を選択し、レジでお支払いいただく仕組みです。募金は選択された団体へ送金されます。 簡単でわかりやすい募金方法で、募金活動を通じて社会貢献の幅を広げる取り組みです。

 

詳細はこちら 

 また、金融機関でも、あらゆるメニューでNPOの資金調達を支援する動きが見られます。例に取り上げた労働金庫では、主に次のメニューを提供しています。

金融機関取り組み(例)ろうきんNPO支援事業(労働金庫)                               労働金庫の主なNPO支援メニュー

名称

主な内容

ろうきんサンクスポイント「貯めCiao!」
社会貢献コース

中央ろうきんとの取引に応じて発生するポイントを、NPOを助成する基金「中央ろうきん社会貢献基金」へ寄付する。

ろうきんNPO事業サポートローン

NPOの活動を支援することを目的とするNPO法人専用の融資制度

中央ろうきん助成プログラム

関東エリア1都7県のボランティアグループ・市民団体(NPO)等を対象に実施する。

詳細はこちら                       

 紹介しましたように、寄付の種類の多様化をはじめ、NPO支援の新しいカタチが見受けられるようになっています。
 団体活動活性化に向けて、これらの動きの情報収集に努め、活用の検討をおススメします。

このページの先頭へもどる

 

神奈川県

このページの所管所属は かながわ県民活動サポートセンター です。