写真で見る!「黒岩日記」  2014年11月20日

掲載日:2014年11月21日

平成26年11月20日(木曜:ドイツ現地時間) ドイツ・バーデン=ビュルテンベルク州友好提携25周年記念事業

 今年は、本県とドイツ・バーデン=ビュルテンベルク州との友好提携25周年にあたります。

 そこで、公式セレモニーへの出席や、より発展的な関係構築のため、11月20日から22日まで、同州を訪問しています。バーデン=ビュルテンベルク州は、ドイツの産業を支える南ドイツに位置し、ドイツの中でも最も元気な州の一つです。20日は、クレッチュマン州首相主催の公式セレモニーに参加し、バーデン=ビュルテンベルク州とのさらなる友好交流の促進に関する覚書の調印などを行いました。

 1

 最初に、バーデン=ビュルテンベルク州環境省を訪問し、ウンターシュテラー州環境・気候・エネルギー大臣と会談しました。ドイツは、再生可能エネルギーの世界的な先進国ですが、太陽光発電の買取制度の見直しを迫られるなど、課題先進地域でもあります。大臣とは、「これからは、分散型発電と蓄電技術が重要になる」という点で意見が一致し、今後、両地域が持つ高い研究能力や製造技術を生かし、共通の課題に対し連携して取り組んでいこうと話し合いました。

2 

 次に、バーデン=ビュルテンベルク州新宮殿を訪問し、クレッチュマン州首相主催の公式セレモニーに参加しました。 

3

 今回は、両地域の共通の関心事である、再生可能エネルギー及びエネルギー効率化の促進や電気モビリティ、また、ヘルスケアといった今日的な課題分野においても、より緊密な協力体制を敷いて取り組んでいくことに合意しました。その為、これまでの友好交流に関する覚書を発展させ、これら新しい分野における協力を新たに盛り込んだ「日本国神奈川県及びドイツ連邦共和国バーデン=ビュルテンベルク州のさらなる友好交流の促進に関する覚書」に調印しました。

 その後の昼食会では、世界に先駆けて原発の廃炉を進めるバーデン=ビュルテンベルク州の取組についての話もあり、大変参考になりました。

4

 昼食会をはさんで、県内に日本法人を置く板金機械メーカーのトルンプ社を訪問し、クレッチュマン州首相と同社の代表取締役を務めるカミュラー日本国名誉領事が共催する歓迎レセプションに出席しました。

5

 レセプションでは、私から出席者に対し、神奈川県の観光地をアピールするとともに、「スマートエネルギー計画」や「ヘルスケア・ニューフロンティア」への取組等についてプレゼンテーションを行いました。参加した方からは、予想以上の反応があり、「神奈川の取組に期待している」といった声や、「協力していきたい」といった声が多く寄せらせました。

6 

 クレッチュマン首相、カミュラー名誉領事、中根在ドイツ日本国大使、素晴らしい演奏を披露してくださったトルンプ社の研修生の皆さんとともに記念撮影を行いました。

 本日は、バーデン=ビュルテンベルク州からまさに大歓待を受け、本県への強い期待を感じるとともに、25年にわたる友好関係をとても大切に考えていただいていることに深い感銘を受けた一日でした。この絆を生かし、二つの地域が力を合わせて課題を乗り越えていくことを目指すとともに、課題解決の取組などから生まれる新たな技術や仕組みによって、経済のエンジンを回していきたいと思います。


神奈川県

このページの所管所属は 知事室 です。