写真で見る!「黒岩日記」 2014年7月26日

掲載日:2014年7月28日

平成26年7月26日(土曜) ベトナム訪問

 県内中小企業の海外展開支援の一環として、企業の進出ニーズの高いベトナムを、7月24日から27日の日程で訪問しています。

 3日目は、県内中小企業向けインダストリアルパーク構想の参考とするため、現地で操業している日系企業や、工業団地を訪問しました。また、今後発展が期待されるクアンニン省を訪問し、人民委員会の委員長(知事)と会談しました。

 1

(タンロン工業団地内MHI Aerospace Vietnam Co.,Ltdにて)

 2

(タンロン工業団地内Y.H.SEIKO VIETNAM JSC.にて)

 日系企業が77社入居するタンロン工業団地では、操業している日系企業を訪問し、現地の操業環境を把握するとともに、貸工場に入居している企業も訪問し、現地のニーズなどを把握しました。単純作業では、日本人よりも仕損じが少ないとのことで、真面目で優秀な従業員が多いことに感心しました。ボーイングの製造の一翼を担う大工場や、社員10名程度の日本の町工場など、様々な規模の企業がグローバル競争に挑んでいる様を目の当たりにしました。

 日本における市場は先細り、このままでは会社が立ち行かなくなるという危機感からベトナムへ進出し、ビジネスが広がり急成長しているという入居企業の話は大変参考になりました。

 また、ベトナムに進出した理由を探ると、豊富な労働力や政治的な安定性が挙げられるようです。お会いした従業員は挨拶が徹底しており、礼儀正しい若い従業員が多いことが印象に残りました。

 3

 クアンニン省内のドンマイ工業団地を訪問し、日系企業からもお話を伺いました。

 4

 現地のインフラ整備状況把握のため、クアンニン省に3つある港のうち、日本のODAにより整備されたカイラン港の運用状況を視察しました。ここでも若い従業員が中心となって港湾を運営していました。施設内では機械化が進んでおり、少数の労働者で運営されていることが印象に残りました。

 5

 グエン・バン・ドク クアンニン省人民委員会委員長(知事)と会談し、クアンニン省の投資環境の優位性などについて説明を受けました。

 6

 クアンニン省訪問では、ドク人民委員会委員長(知事)をはじめ省をあげて大歓待をして下さいました。クアンニン省には、国際的観光地として有名なハロン湾があり、日本からの観光客をさらに呼び込むためのアイデアについても意見交換を行いました。交通の便は今ひとつですが、国際港湾にも近く、高速道路の計画も進んでいることから、将来を考えればたいへん有望な場所だと実感しました。


神奈川県

このページの所管所属は 知事室 です。