知事議会提案説明(提案説明 平成29年2回定例会)〔6月提案〕

掲載日:2017年6月14日

知事提案説明 【平成29年 第2回定例会】〔6月提案〕

 本日、提 案 し ま し た 平 成 29 年 度 補 正 予 算 案 な ら び に そ の 他 の 諸 議 案 に つ い て 、 そ の 概 要 を ご 説 明 申 し 上 げ る と と も に 、 併 せ て 当 面 の 県 政 に 対 す る 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べ た い と 思 い ま す。

 は じ め に 、東 京 202 0 オ リ ン ピ ッ ク・パ ラ リ ン ピ ッ ク 競 技 大 会 の 開 催 に 向 け た 取 組 み に つ い て で す。

 大 会 の 役 割 分 担 及 び 費 用 負 担 に つ い て は 、 東 京 都 知 事 が 期 限 と し て い た 本 年 の 3 月 末 を 過 ぎ て も 明 ら か に さ れ ず 、 大 会 の 円 滑 な 運 営 に 向 け た 準 備 に 支 障 が 生 じ か ね な い 状 況 と な っ て い ま し た。

 こ う し た 中 、 5 月 9 日 に 開 催 さ れ た 九 都 県 市 首 脳 会 議 に お い て 、 私 か ら 直 接 、都 知 事 に 対 し て 、役 割 分 担・費 用 負 担 に つ い て 回 答 を 求 め ま し た 。し か し 、都 知 事 か ら は「 5 月 末 ま で 待 っ て ほ し い 」と い う ほ か 、 明 確 な 回 答 が 得 ら れ ま せ ん で し た 。 そ こ で 、 こ れ で は ら ち が 明 か な い と い う 切 羽 詰 ま っ た 思 い か ら 、 そ の ま ま 官 邸 に 向 か い ま し た 。 も と も と 県 政 課 題 の 要 望 の た め に 菅 内 閣 官 房 長 官 と の 面 会 を 予 定 し て い ま し た が 、そ の 場 で 、埼 玉 県 知 事 と 千 葉 県 知 事 と と も に 窮 状 を 訴 え ま し た 。 そ う し た と こ ろ 、菅 官 房 長 官 の は か ら い で 、急 遽 、安 倍 総 理 大 臣 や 丸 川 担 当 大 臣 と も お 会 い す る こ と が で き ま し た 。 そ し て 、 大 会 開 催 の 危 機 を 訴 え る 私 た ち の 説 明 に 耳 を 傾 け て い た だ い た 安 倍 総 理 が 、 そ の 場 で 丸 川 大 臣 に 対 し て 、 速 や か に 東 京 都 や 組 織 委 員 会 と の 調 整 を 行 う よ う 指 示 さ れ ま し た 。

 そ の 2 日 後 、都 知 事 は 、安 倍 総 理 と の 面 会 の 中 で 、「 仮 設 施 設 の 整 備 費 用 は 都 が 負 担 す る 」 と 表 明 さ れ ま し た 。 そ し て 、 5 月 31 日 に 開 催 さ れ た 関 係 自 治 体 等 連 絡 協 議 会 に お い て 、 関 係 自 治 体 の 業 務 内 容 に つ い て は 、 私 た ち が 当 初 か ら 主 張 し 続 け た と お り 、 立 候 補 フ ァ イ ル 及 び 大 会 開 催 基 本 計 画 に 示 さ れ た 役 割 分 担 ・ 費 用 負 担 が 基 本 で あ る 、と の 合 意 に 至 る こ と が で き ま し た 。こ れ に よ り 、 江 の 島 会 場 に お け る 大 き な 課 題 と な っ て い た 湘 南 港 の 艇 移 動 に 係 る 経 費 や 漁 業 補 償 は 東 京 都 、 選 手 村 分 村 に か か る 経 費 に つ い て は 組 織 委 員 会 が 負 担 を す る こ と が 明 確 に な り ま し た 。

 今 後 、 大 会 運 営 に つ い て 、 細 部 に お い て は 詰 め る べ き 点 が あ り ま す が 、県 で は 、こ の た び 合 意 し た 、立 候 補 フ ァ イ ル 等 に 示 さ れ た 原 理 原 則 に 基 づ い て 、 鋭 意 調 整 を 進 め て い き ま す 。

 ま た 、 こ の た び の 合 意 に よ り 、 よ う や く 大 会 の 具 体 的 な 準 備 を 進 め る ス タ ー ト 地 点 に 立 つ こ と が で き ま し た の で 、 県 と し て 、 大 会 の 成 功 に 向 け て 、 全 力 を あ げ て 準 備 を 進 め て ま い り ま す 。

 さ ら に 、 こ の 大 会 の 準 備 と あ わ せ て 、 引 き 続 き 1,000 通 り の 観 光 ツ ア ー の 企 画 ・ 商 品 化 や 新 た な 観 光 の 核 づ く り 、 観 光 W e b サ イ ト の 多 言 語 化 の 拡 大 に よ る プ ロ モ ー シ ョ ン な ど を 通 じ た イ ン バ ウ ン ド の 取 組 み や 、 文 化 芸 術 の 魅 力 で 人 を 引 き つ け 、 地 域 の に ぎ わ い を つ く り 出 す マ グ カ ル の 取 組 み を 推 進 す る こ と で 、 世 界 の 人 々 の 神 奈 川 へ の 呼 び 込 み を 加 速 し て ま い り ま す 。

 次 に 、 共 生 社 会 推 進 の 取 組 み に つ い て で す 。

 津 久 井 や ま ゆ り 園 に お け る あ の 大 変 痛 ま し い 事 件 の 発 生 か ら 、 来 月 で 1 年 が 経 過 し ま す 。

 私 は 、 や ま ゆ り 園 の 利 用 者 の 皆 さ ん が 4 月 に 芹 が 谷 園 舎 に 移 転 さ れ た 後 、 施 設 を 訪 ね て 生 活 の 様 子 を 直 接 確 認 し て ま い り ま し た 。 利 用 者 の 皆 さ ん は 落 ち 着 い て 生 活 さ れ て お り 、 職 員 の 皆 さ ん が 生 き 生 き と 働 か れ て い る 姿 も 見 る こ と が で き 、 安 堵 し た と こ ろ で す 。

 県 で は 、 こ の よ う な 事 件 が 二 度 と 繰 り 返 さ れ る こ と が な い よ う 、 県 議 会 と と も に 策 定 し た「 と も に 生 き る 社 会 か な が わ 憲 章 」に つ い て 、これ ま で 、多 様 な 媒 体 を 活 用 し て 発 信 す る と と も に 、県 や 市 町 村 、団 体 等 の 様 々 な イ ベ ン ト を 通 じ て 、普 及 啓 発 に 精 力 的 に 取 り 組 ん で き ま し た 。

 今 後 は 、事 件 が 発 生 し た 7 月 2 6 日 を 含 む 1 週 間 を 、新 た に「 と も に 生 き る 社 会 か な が わ 推 進 週 間 」と 定 め 、事 件 を 風 化 さ せ る こ と な く 、憲 章 の 理 念 や 趣 旨 を 広 く 県 民 に 浸 透 さ せ る た め 、 集 中 的 な 広 報 を 展 開 し て ま い り ま す 。

 ま た 、推 進 週 間 の 初 日 に あ た る 7 月 24 日 に は 、事 件 で お 亡 く な り に な っ た 方 々 に 哀 悼 の 意 を 表 す る と と も に 、 こ の よ う な 事 件 が 二 度 と 繰 り 返 さ れ な い よ う 決 意 を 新 た に す る た め 、「 津 久 井 や ま ゆ り 園 事 件 追 悼 式 」 を 執 り 行 い た い と 考 え て い ま す 。

 さ ら に 、 10 月 21 日 、 22 日 に は 「 み ん な あ つ ま れ 2017」 の 開 催 を 計 画 し て い ま す 。こ の イ ベ ン ト で は 、多 く の 人 に 参 画 し て い た だ き 、と も に 作 り 上 げ て い く プ ロ セ ス も 非 常 に 重 要 で あ る と 考 え て い ま す 。 そ こ で 、 実 行 委 員 会 を 組 織 し 、 委 員 を は じ め 多 く の 方 か ら ア イ デ ア を い た だ い て 、内 容 の 検 討 を 進 め て い ま す 。多 く の 人 が 集 ま り 、お 互 い の 理 解 に つ な が る 体 験 を 共 有 で き る 共 感 型 の イ ベ ン ト を 、 市 町 村 や 団 体 等 が 開 催 す る イ ベ ン ト と 連 携 し て 、 オ ー ル 神 奈 川 で 開 催 し て い き た い と 考 え て い ま す 。

 な お 、 5 月 9 日 に 開 催 さ れ た 九 都 県 市 首 脳 会 議 に お い て 、 本 県 の 提 案 に よ り 共 同 で 広 報 活 動 を 展 開 す る こ と と し 、 あ わ せ て 国 に 対 し て 、 12 月 の 障 害 者 週 間 に お け る 広 報 等 の 取 組 み を 一 層 充 実 す る よ う 要 請 す る こ と と し ま し た 。ま た 、5 月 24 日 に 開 催 さ れ た 関 東 地 方 知 事 会 に お い て も 、 国 に 対 し て 同 様 の 要 請 を 行 う こ と と し ま し た 。

 県 で は 、 こ の よ う に 憲 章 の 理 念 を 発 信 し 、 共 感 を 広 げ る 様 々 な 取 組 み を 、市 町 村 や 団 体 な ど と と も に 年 間 を 通 じ て 展 開 し 、引 き 続 き 、と もに 生 き る 社 会 か な が わ の 実 現 に 向 け た 歩 み を 着 実 に 進 め て ま い り ま す 。

 そ れ で は 、 こ の た び 提 案 い た し ま し た 補 正 予 算 案 に つ き ま し て 、 ご 説 明 申 し 上 げ ま す 。

 今 回 の 補 正 予 算 で は 、 当 初 予 算 編 成 後 の 状 況 の 変 化 に よ り 、 早 急 に 対 応 す る 必 要 が あ る も の に つ い て 措 置 す る こ と と い た し ま し た 。

 具 体 的 に は 、県 内 中 小 企 業 に お け る 人 材 確 保・育 成 を 支 援 す る た め 、 人 手 が 不 足 し て い る 介 護・物 流・I T の 各 分 野 に お い て 、従 来 の 公 的 職 業 訓 練 の 枠 組 み で は 対 応 で き な い 人 材 育 成 等 の 取 組 み を 行 う と と も に 、 中 小 企 業 に お け る 「 攻 め の 経 営 」 に 必 要 な プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル 人 材 の 確 保 を 支 援 す る た め 、 大 企 業 か ら の 出 向 や 兼 業 等 と い っ た 柔 軟 な 働 き 方 の 導 入 等 を 促 す シ ン ポ ジ ウ ム の 開 催 や 、 中 小 企 業 と プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル 人 材 と の 交 流 会 等 を 実 施 し ま す 。

 以 上 の 結 果 、 補 正 予 算 の 総 額 は 、 一 般 会 計 で 1 億 3,30 0 余 万 円 と な り 、 財 源 と し ま し て は 全 額 国 庫 支 出 金 を 充 当 し て い ま す 。

 次 に 、 予 算 以 外 の 案 件 で す が 、 今 回 は 条 例 の 改 正 6 件 、 工 事 請 負 契 約 の 締 結 1 件 、 特 定 事 業 契 約 の 締 結 等 2 件 な ど 、 全 体 で 14件 の ご 審 議 を お 願 い し て い ま す 。

 ま ず 、 条 例 の 改 正 で す が 、 主 な も の に つ い て ご 説 明 し ま す 。

 神 奈 川 県 県 税 条 例 の 一 部 を 改 正 す る 条 例 は 、 地 方 税 法 の 一 部 改 正 に 伴 い 、 県 費 負 担 教 職 員 制 度 の 見 直 し に よ る 税 源 移 譲 が 行 わ れ た こ と か ら 、 指 定 都 市 に 住 所 を 有 す る 者 の 個 人 県 民 税 所 得 割 の 税 率 を 変 更 す る な ど 、 所 要 の 改 正 を 行 う も の で す 。

 条 例 に つ い て は 、 こ の ほ か 職 員 の 退 職 手 当 に 関 す る 条 例 の 一 部 を 改 正 す る 条 例 な ど 、 5 件 の 改 正 を お 願 い し て い ま す 。

 次 に 、 条 例 以 外 の 案 件 で す が 、 工 事 請 負 契 約 の 締 結 は 、 県 民 ホ ー ル本 館 の 舞 台 設 備 の 改 修 を お 願 い す る も の で す 。

 ま た 、 特 定 事 業 契 約 の 締 結 は 、 体 育 セ ン タ ー 及 び 総 合 教 育 セ ン タ ー の 再 整 備 等 を P F I 事 業 と し て 実 施 す る た め 、 提 案 す る も の で あ り 、 特 定 事 業 契 約 の 変 更 は 、 自 動 車 運 転 免 許 試 験 場 の 整 備 計 画 の 見 直 し に 伴 い 、 施 設 整 備 等 に 関 す る 費 用 の 変 更 を お 願 い す る も の で す 。

 さ ら に 、 公 立 大 学 法 人 神 奈 川 県 立 保 健 福 祉 大 学 定 款 に つ い て は 、 神 奈 川 県 立 保 健 福 祉 大 学 を 公 立 大 学 法 人 に 移 行 す る た め 、 地 方 独 立 行 政 法 人 法 第 7 条 の 規 定 に 基 づ き 、 所 要 の 定 め を す る も の で す 。 こ の ほ か 、 動 産 の 取 得 や 指 定 管 理 者 の 指 定 な ど 4 件 を 提 案 し て い ま す 。

 な お 、 平 成 28年 度 の 一 般 会 計 の 決 算 見 込 み に つ き ま し て は 、 現 在 計 数 を 精 査 中 で あ り 、 最 終 確 定 に は 至 っ て い ま せ ん が 、 単 年 度 収 支 で は 赤 字 と な る 見 通 し で あ る も の の 、 実 質 収 支 で は 黒 字 決 算 が 見 込 ま れ ま す こ と を 、 あ わ せ て ご 報 告 申 し 上 げ ま す 。

 さ て 、 小 田 原 出 身 で 、 明 治 期 の 詩 人 ・ 評 論 家 で あ る 北 村 透 谷 (と う こ く) の 言 葉 に 、 次 の も の が あ り ま す。「 熱 意 は 力 な り 。 必 ず 到 達 せ ん と す る と こ ろ を 指 さ せ る 、 一 種 の 引 力 な り 。」 透 谷 は 、 こ の 言 葉 で 、 目 標 を 達 成 し よ う と い う 熱 意 が 創 意 工 夫 を 生 み 、 ひ い て は 物 事 を 成 し 遂 げ る と い う こ と を 語 っ て い ま す 。

 この透谷 の言葉を心に刻みながら、さまざまな課題を乗り越え、県 民 の い の ち が 輝 く 神 奈 川 を 実 現 す る た め 、 不 屈不 撓(ふ く つふ と う) の 熱 意 を も っ て 県 政 の 諸 課 題 に 取 り 組 ん で ま い り ま す 。

 以 上 を 持 ち ま し て 、 私 の 説 明 を 終 わ り ま す 。

 細 部 に つ き ま し て は 、 議 事 の 進 行 に 伴 い 、 私 も し く は 副 知 事 以 下 関 係 局 長 等 か ら ご 説 明 さ せ て い た だ き た い と 存 じ ま す 。

 よ ろ し く ご 審 議 の う え 、 ご 議 決 く だ さ い ま す よ う お 願 い 申 し 上 げ ま す 。

※ 本会議場で配布した資料をそのまま掲載しています。

神奈川県

このページの所管所属は 知事室 です。