定例記者会見(2018年8月14日)結果概要

掲載日:2018年8月16日

発表事項

江の島を自動運転バスが走ります!

 はじめに、「江の島を自動運転バスが走ります!」についてです。
 県では「さがみロボット産業特区」の取組みを中心に、ロボットの実用化や普及・活用を進めることで、ロボットが社会に溶け込み、いのちや生活を支えるパートナーとして活躍する「ロボットと共生する社会」の実現に向けた取組みを推進しています。
 この取組みの一つとして、セーリング・ワールドカップシリーズ江の島大会の開催に合わせて、小田急電鉄株式会社及び江ノ島電鉄株式会社と連携し、SBドライブ株式会社の協力のもと、江の島の公道において自動運転バスの実証実験を行いますので、お知らせします。自動運転バスの実証実験は全国各地で行われていますが、江の島のような多くの人が訪れる大規模観光地において実施するのは全国で初めてとなります。
 日程は、9月6日木曜日から16日日曜日までです。ワールドカップの競技が始まる11日火曜日以降は、一般のモニターの方に試乗していただきます。
 運行ルートは、江ノ島海岸バス停から江の島島内にある小田急ヨットクラブまでの約1kmを往復いたします。今回の実証実験では、一般車両や自転車、歩行者が行き交う環境での自動運転バスの走行検証及び実用化に向けた車内のモニタリングやアナウンス方法などサービス面の検証を行います。
 実験車両は、システムがすべての運転を実施し、緊急時のみドライバーが運転する「レベル3」で走行します。モニターについては、本日より、Yahoo!乗換案内または特設サイトからお申込みいただけます。なお、実証実験の初日、9月6日木曜日には出発式を開催し、私も試乗します。報道機関向けの試乗時間も設けていますので、ぜひ取材にお越しいただきたいと思います。
 江の島が世界から注目されるこの機を捉えて、自動運転を活用した公共交通の可能性を示すとともに、ロボットと共生する新しい社会の姿を神奈川から発信してまいります。

平成30年度「神奈川県風しん撲滅作戦」展開中!

 次に、「平成30年度『神奈川県風しん撲滅作戦』展開中!」についてです。
 県では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、平成26年度から「風しん撲滅作戦」を展開しています。県の風しん発生数は、平成25年の1,686件から、去年は年間10件に減少しましたが、未だゼロには至っていません。そこで、今年度も9月にイベントを実施し、PR動画を公開いたします。
 まず、無料の風しん抗体検査を、9月8日、9日に日本大通りなどで開催するベトナムフェスタの会場内で実施します。また、風しんから妊婦さんと赤ちゃんを守るためのPR動画を本日から公開します。昨年度に引き続き、各大学のミスキャンパスで構成される「キャンパスラボ」にご協力いただいています。それではこちらをご覧いただきたいと思います。
 動画のコンセプトは、風しんを「他人事だと思っていませんか?」ということで、風しんから妊婦さんと赤ちゃんを守るため、女性はもちろん、男性も抗体を持つことの大切さを伝えるとともに、予防接種を受けに行くという行動を促す内容になっています。
 風しんの一番の怖さは、妊婦さんが感染すると、生まれてくる赤ちゃんが「先天性風しん症候群」になる恐れがあるということです。「先天性風しん症候群」とは、風しんウイルスに感染した赤ちゃんに、生まれつきの難聴や心疾患、白内障などの症状が出る病気です。
 風しんの抗体を持っていない人は、性別に関わらず一定数いますが、かつて、男女で風しんの予防接種制度が異なっていたため、特に、成人男性で抗体を持っている人が少ない年齢層、30代から50代がいます。
 社会全体で、妊婦さんへの感染を防止するためには、女性にも、男性にも、抗体を持っていただくことが重要です。この動画は、本日から、「かなチャンTV」にて配信を開始するほか、駅改札や電車内で公開していきます。ぜひ多くの方にご覧いただきたいと思います。

知事出席主要行事

 知事出席主要行事については、事前に送付した資料のとおりですが、そのうち、1件コメントしておきます。8月16日木曜日に、「かながわハイスクール議会2018」の本会議に出席します。
 今年も県内から多くの高校生が参加して、共生社会、防犯・防災、スポーツなど8つの委員会に分かれて8月7日から議論がなされています。8月16日の本会議では、各委員会での議論の成果を、質問と政策提言という形で、高校生議員から発表していただきます。 高校生ならではの、みずみずしい感性を生かした斬新な政策提言を楽しみにしています。

質疑

江の島を自動運転バスが走ります!について

記者: 自動運転バスを江の島が走るという発表項目についてなのですけれども、大きな観光地で自動運転バスを走らせるということが初めてということで、それを神奈川で実施するということについて、まず、知事として意気込みですとか期待ですとかお聞かせいただければと思います。

知事: このエリアというのは、さがみロボット産業特区のエリアになっております。そしてここで、さまざまな今までロボットの開発を進めてまいりました。そのような中で、全国に先駆けて、自動運転走行システム、この実証実験も行ってまいりました。これは全国で、全世界でしょうかね、初めてとなる高速道路を使った自動運転走行システム。これは日産の当時の志賀副会長と私が乗って、開通したばかりの相模縦貫道路で乗ったということがありました。その後、国家戦略特区を使って、ロボットタクシーといったものを街の中を走らせたり、そして、最近では、ロボネコヤマトという宅配便、これのロボット無人走行システム、こういったことも積み重ねてまいりました。
 そういう中で、世界中に、無人走行システムが普及し始めているという大きなきっかけをつくったのがこのエリアだと自負をしているところです。そのような中で、今度、オリンピックを迎える前に、この江の島、実際のオリンピックの会場でありますけれども、ここを使って、バスの無人運転走行システム、これが実証実験できるということが、これまで積み重ねた実績の上に基づくものでありまして、これを成功させることによって、実際の2020年には、ドライバーが乗らずに運転できる「レベル4」といったところまでもっていきたいと考えています。

記者: 今のお話でもちょっと触れられたところではあるのですけれども、バスの自動運転というと、バスの運転手の人手不足の対策というような側面もあるかと思います。
 一方で、現行の法律では、無人運転というものができないという状況で、これをやっていくには規制緩和というようなものも必要になってくるというような状況かと思うのですけれども、それに関して知事としてのご意見であったり、国への要望であったり、改めてですがお聞かせいただければと思います。

知事: この無人運転走行システムというのは、大変大きな期待が集まっている、新しいテクノロジーだと思っています。今、ご指摘のとおり、ドライバー不足といったものは非常に深刻な問題になっています。それを解決するという大きな可能性もあります。
 しかし、法規制といったもの、これがまだまだ高く残っているということもあります。しかし、われわれは、もともと特区を取ってやってきたわけですから、それぞれ、さまざまな法規制なんかを特別に緩和、規制緩和するエリアという形で実証実験をやってきたわけであります。バスがどういう形になっていくのかということは、これからの推移を見ていくことが必要です。それとともに、近日中に出来上がると思いますけれども、トラックがずっと隊列走行で、1台目の後は、ずっと前についていくという、そういった形の無人運転走行システム、こんなことも目の前にきています。
 そういうものを積み重ねながら、新しいシステムですから、それに合わせて規制緩和、法体系がまた新しく出来上がってくると思っています。そういったことの流れを全体的に加速させる意味で、われわれは先陣をきっていきたいと考えています。

平成30 年度「神奈川県風しん撲滅作戦」展開中!について

記者: もう一件のテーマで、風しん撲滅作戦。これは資料にもあるとおり平成26年度から展開されている。それで、被害者数は確かに減ったということなのですが、もう一歩踏み込んでですね、抗体検査だけではなくて、予防接種の一部公費負担とかですね、そういったリスク軽減に向けた、もう一歩踏み込んだ対応というのはお考えではないですか。

知事: 先程申し上げたように、数は随分と減っているのです。25年が1,686件。26年が70件ということで、最近は10件ということです。減っている。今までやってきたことが、効果を奏しているということは間違いないと思います。今までやってきたことが、全く効果を示さないのであるならば、また、特別なことを考えるということが必要でしょうけれども、かなり効果を上げてきているということもあるので、今の段階では、これをしっかりと進めていくということだと思っています。

翁長沖縄県知事の逝去について

記者: 先日、沖縄県の翁長知事が、8日の日にお亡くなりになりました。渉外知事会の会長、副会長というご関係もあろうかと思います。翁長知事の逝去に対する所感を改めてお願いします。

知事: これは、私も驚きました。今ご指摘のとおり、私が渉外知事会の会長。そして翁長知事は副会長というかたちで、いつも一緒に動いておりました。ですから、渉外知事会の会議の時に、一緒に議論するとともに、その後、必ず防衛省、外務省、そして在日米大使館に要請に行くといったことも、ずっとご一緒させていただいておりました。信念の方です。信念の政治家だというような思いがすごくありました。
 沖縄の基地負担の軽減のために、全力を捧げてこられた人生だったのかなと思います。われわれも基地負担軽減のために、できる限り沖縄の気持ちに寄り添って、渉外知事会の会長としても事態に向き合うということを心掛けてまいりました。それだけに非常に素晴らしい方を失ったなということで残念でなりません。
 手術をされたということを聞いておりまして、映像で見る限り、かなり痩せられたなという思いはありましたけれども、あのような暑い中での式典にも出られていたということもあり、きっとこれは乗り越えられたのだと私は楽観的に考えておりましたので、今回の訃報には非常に驚いたところでありました。心からご冥福をお祈りしたいと思います。

記者: 今、まさにおっしゃるように、沖縄に米軍基地の7割が集中しているという事実に対してですね、第2の基地県として、いわゆる本土と沖縄という構図が出来ちゃっているわけなのですが、その解消に向けて何か改めてご決意というか、ありましたらお願いします。

知事: 翁長知事もずっと主張されていた沖縄基地負担の軽減。これはただ単なる沖縄の問題ではないと思っております。日本全体の問題だと受け止めています。誰がどう考えても沖縄に基地負担があまりにも偏り過ぎているといったことは間違いのない事実であります。そうは言っても、神奈川県はそれに次ぐ基地負担を負っている県でもあります。
 こういった辺りを、沖縄の問題といったものを、ただ沖縄だけの問題にしないで、日本全体で考えていくこと、これが必要だと、改めて問い直したいと思います。

江の島を自動運転バスが走ります!について

記者: 自動運転バスの件なのですけれども、これまでタクシーですとか、宅配をやってこられて、バスならではの、大型車ならではの技術的な難しさですとか、あるいは神奈川県としての、制度的なものや道路上の問題ですとか、バスならではのものというのはございますか。

知事: 私は慶応大学のSFCキャンパスで、このあいだ、実際のバスの自動運転走行システムの体験をいたしました。バスですから、いつも同じ所を走るわけです。自由自在にあちこち走るわけではなくて、同じ所を走るということなので、そのへんがうまくいくようになれば、実は自由自在に走るよりも技術的には楽なのかもしれないですけれども、しかし、大勢の人が同時に乗りますから、その人たち全員に目が行き届くというような、そういう安全走行の在り方、ただ単に、車自体が事故なくスムーズに走ればいいというものではなくて、大勢のお客様の安全を確保しながら走るということ、こういったことは大きな技術的な課題としてあるのではないかと思っています。それと、私もこの間、慶応大学のSFCキャンパスで体験したのですけれど、まだまだ今の状況では十分ではないということがありました。
 やはり道路上というのは何があるか分からないわけです。突然子どもが飛び出してくることもあるでしょうし、自転車が飛び出してくることもあるでしょうし、停まっているはずがないところに車が停まっていることもある。そういうさまざまな応用問題、それを瞬時に解決していかなければいけない。私が体験した中でもそれに対して十分対応できてない瞬間も、実はこの目で確認しました。その時はドライバーがフォローしていましたけど。
 ですから、まだまだ完成品ではないけども、そういった実証を繰り返すことによって完成度を上げていくということですから、これは避けて通れない道だと思います。今回、実証することによって、より精度の高い、安全性の高い、そういう自動運転走行のバス、こういったものの完成度を高めていきたいと思います。

記者: 先程、レベル4にもっていくという目標といいますか、言及がございましたけれども、大体いつくらいにレベル4までもっていきますか。

知事: 目標は、やはり2020年のオリンピック開催時です。この時に、レベル4というものをやってみたいです。おそらく世界があっと驚くというか、世界中のメディアが注目している中で、江の島に無人の本当にドライバーが乗っていない無人運転走行車が走っているよと。
 ここは実は、さがみロボット産業特区。いち早くロボットの開発を進めてきた、無人運転走行システムの、ここがむしろ発祥の地だといったアピールもできると思っています。そういったことを踏まえながら、組織委員会と2020年の実施に向けて調整していきたいと思っています。

記者: 少し懸念といいますか、先程、安全面、安全確保についてのお言葉がございましたけれども、仮に、なんらか事故があった場合の神奈川県としての責任については、どのように整理されているのでしょうか。

知事: それは、その事故の内容をみて、その場、現場で対応していくしかないです。アメリカでそういう事故がありました。その1件事故があったからといって、じゃあ、もうこういう研究開発はやめてしまおうと、そういう議論にはならないものでありまして、二度とそういうことを起こらないようにどうすればいいか、万が一起きてしまった場合には徹底した検証と再発防止といったことをしっかりやるといった流れの中で、やはり、われわれは前を向いて進んでいくということが大事だと思っています。

平成30 年度「神奈川県風しん撲滅作戦」展開中!について

記者: 風しんの件なのですけど、確か去年も申し上げたと思うのですが、この動画を作成第1弾されたときに、どうも男目線を感じると。何て言ったらいいのでしょう、ちょっと見ていて、女性の方の中では嫌悪感を覚える方もいらっしゃるのではないかなと思っているのですけれども、これはまた同様の視点で作られたのは、特にこれが効果的だというお考えだからですか。

知事: これは、中身見ていただいてお分かりいただいたとおり、まさに男性に向けてのメッセージが強いです。ですから、男性の方が風しんの抗体を持っていない人が多いということなので、このターゲットは男性というふうにあえて決めていますから、ですから男性目線だという思いを持たれるのは、あえての試み、狙いどおりだと思います。

記者: 特に前回の動画の際は、神奈川県にそのクレームというか、ご意見とかは頂いてないですか。

健康危機管理課長: やはり、そういうご意見はあったのですが、その目的をご説明したら、納得していただきました。クレームは1件、2件ぐらいです。

サマータイム導入について

記者: 国の方でサマータイムの導入を検討しているという話がありましたけども、知事のご意見を聞かせてください。

知事: サマータイムですか。私はアメリカのワシントンD.Cに2年間住んでいまして、サマータイムというのは経験していますけども、サマータイムというのは結構、生活している中で疲れるんです。切替の時っていうのは意外に。アメリカでは、わずか1時間ですかね。1時間の差で変わるだけなのだけれども、結構、体馴染むまで疲れるという、そのような経験がありましたけど、しかし、それは馴染んでなかったので、初めての体験だったので強く感じたのだと思います。
 こういうものは、やっていって慣れてくると、そういうものだっていう形になってくると思います。今この猛暑ですから、こういう状態だったら、時計の針をグッと変えた方が、いろんな形でむしろ、効率的なのかな、楽なのかなと思うと、こういったことを機会にしてサマータイムの導入というのは、これは多くの皆さんに納得いただける話なのではないかと感じています。

記者: 今の関連で、まさに五輪の暑さ対策という視点でサマータイムの導入が議論されているわけなのですが、五輪の開催地としては、今おっしゃるように、推進すべきだというお考えでよろしいでしょうか。

知事: これは庁内で別に議論したわけではないですけれども、私の感覚としては、サマータイムということは1回実験的にやってみるという、いい機会ではないのかなと思います。1回やって、やはりこれは、どうしてもわれわれに向いてないよというのだったら、また戻せばいいのでしょうし、1回やってみるというのは1つの手だとは思います。

(以上)

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる