写真で見る!「黒岩日記」 2019年12月15日

掲載日:2019年12月15日

令和元年12月15日(日曜)共生社会実現フォーラム

フォーラムの開催

 本日、「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念を広めるために県が主催した「共生社会実現フォーラム」に出席しました。フォーラムでは、「カッコいい大人・学生たちが魅せる!誰もが行動する社会へ」をテーマに、ともに生きる社会を実現するため、現在のプレイヤーたちの活動に焦点を当てるとともに、次のプレイヤーたちのアクションへとつなぐ、様々なプログラムが展開されました。

VRを体験する知事

次世代型福祉機器を体験する知事

 まず次世代型福祉機器等の体験を行いました。ドローンとVRを活用することで、障がいや病気などを理由に街中に出ることができなくても県内の観光を楽しめる機器や、足腰が弱っても快適に事務作業に従事できるオフィス機器などを体験しました。

競技用車椅子を体験する知事

 次に、「かながわパラスポーツ」のブースで競技用車いすの体験をしました。手でこぐ自転車・ハンドサイクルは、腕の力が必要でなかなかの運動量でした。県では、誰もが同じように楽しみながらスポーツをする・観る・支えることである「かながわパラスポーツ」を推進しています。

ブースを回る知事

 フォーラムプログラムでは、ともに生きる社会の実現に向けて取り組む大人たちの活動を聴講するとともに、参加した学生たちと「障がい」についてともに考え、意見を交えました。皆さん、人それぞれに障がいを捉え、解決に向けた具体的な行動を発表されました。

集合写真

 最後に、参加者の皆さんと一緒に、書家:金澤翔子さんに揮毫いただいた「感謝」の文字とともに、記念撮影を行いました。県では、ともに生きる社会の実現に向けて、これからも県民の皆さんとともに、取組みを進めてまいります。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa