写真で見る!「黒岩日記」 2019年9月26日

掲載日:2019年9月26日

令和元年9月26日(木曜) 金沢臨海部産業団地の被災状況の視察

被災した護岸を見る知事

 令和元年台風第15号は風速40mを越える猛烈な風を伴い、県東部を中心に大きな被害をもたらしました。
 本日、被害が甚大であった横浜市の金沢臨海部産業団地の状況を視察しました。まず、被災した護岸で応急復旧作業の状況を確認しました。壊れた護岸に積まれた土嚢や折れた木々を見て、被害の大きさを実感しました。
被災した企業を視察する知事

 次に、CFTランズバーグ株式会社で代表取締役社長の平瀬さんと意見交換し、被災状況などについて伺いました。
 工場の奥にある炉が動き破壊されているなど、水による被害の大きさに驚きました。被災した企業と意見交換する知事

 また、雨宮自動車工業株式会社で、代表取締役の小宮さんから、被災状況などについて伺いました。水の被害に対して保険が十分に対応できていないなどのご意見をいただきました。

 最後に、横浜市金沢産業振興センター内に設置した中小企業向け「現地相談窓口」、「国・県・市等の巡回相談本部」を視察しました。
 今回、改めて被害状況を目の当たりにし、自然の猛威を実感しました。また、被害を受けた多くの企業の中には、災害以前の操業に戻す目途が立たない状況が続いている企業もあります。
 一日も早い復旧には、これまでの金融支援などに加え、更なる支援を求められており、国や横浜市と一丸となって早急に対応を検討していきます。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa