写真で見る!「黒岩日記」 2019年9月26日

掲載日:2019年9月26日

令和元年9月26日(木曜)セブンイレブン100%再生可能エネルギーによる実証店舗オープニングセレモニー

セレモニー開幕

 県は今年4月にセブン&アイ・ホールディングスとSDGs推進協定を締結しました。このなかで、両者は「エネルギーの地産地消」に取り組むこととしています。その取組みの一環として、県内のセブンイレブン10 店舗で、太陽光発電と電気自動車のリユースバッテリーを活用した、100%再生可能エネルギーによる店舗運営の実証がスタートしました。本日、そのオープニングセレモニーが横浜中山南店(横浜市緑区)で行われ、私も参加しました。
蓄電池を確認する知事

 コンビニエンスストアは私たちの生活に欠かせないものになっており、こうした生活の拠点に太陽光発電と蓄電池を設置し、電気が確保できれば、災害時における県民の安全・安心につながります。まさにSDGsのゴール「7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに」「11 住み続けられるまちづくりを」「13 気候変動に具体的な対策を」などに貢献する具体的な取組といえます。(写真は、電気自動車「日産リーフ」の中古バッテリーを活用したオリジナル蓄電池)
太陽光パネル

 100%再生可能エネルギーを活用した店舗による実証は、新しいエネルギーの先駆けになるものです。県では、引き続き、SDGs最先進県として、様々なプレイヤーと連携したパートナーシップによる取組みを進めていきます。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa