写真で見る!「黒岩日記」 2019年8月31日

掲載日:2019年8月31日

令和元年8月31日(土曜)ビッグレスキューかながわ

19083101救護訓練

 伊勢原市内で実施された大規模な緊急医療支援訓練「ビッグレスキューかながわ」を視察しました。この訓練は、大規模地震発生時の自主防災組織をはじめとした地域防災力の向上と、医療救護や救出救助を主体とした実践的な活動を行い、地域防災力の強化及び防災意識の高揚を目的とした県・市、防災関係機関との合同総合防災訓練です。今年度は、伊勢原市と合同で、中央会場(伊勢原市総合運動公園)及び地域会場4か所で実施しました。

 DMAT及びDMAT-Lを中心とした医療チームと、自衛隊、在日米軍医療チームが連携して医療救護活動訓練を行っています。
 

19083102油圧ショベル

 道路復旧のため、陸上自衛隊第4施設群が建設機器を遠隔操作するロボットを用いて油圧ショベルを操作しています。

19083103救急訓練

 伊勢原市消防本部が高速道路内の多重衝突事故現場で車両に取り残された負傷者の救出活動を行っています。

19083104ドローン訓練

 ドローンが、孤立地域からの要請を受けてAEDを運んでいるところです。

19083105救助犬

 神奈川県警の部隊と救助犬訓練士協会が協力して捜索活動を行っています。

19083106ヘリコプター
 米海軍のヘリコプターが、孤立地域に取り残された負傷者の救助活動を行っています。

19083107消防車

 中高層建物での火災に、伊勢原市消防本部、平塚市消防本部、厚木市消防本部、米海軍日本管区司令部消防隊及び在日米陸軍基地管理本部緊急業務局統合消防本部が統合して一斉放水を行っています。

19083108知事講評

 閉会式であいさつをしました。「ビッグレスキューかながわ」は本年で8年目を迎え、今年もまた、100を超える防災関係機関の積極的な参加をいただき、神奈川の防災機関が有する一体感とポテンシャルの高さは、本県の災害対応力の強化に大きく寄与するものと感じました。
 今後も地域防災力の向上や関係機関との連携強化に取り組み、災害に強い神奈川の実現を目指してまいります。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa