写真で見る!「黒岩日記」 2019年7月16日

掲載日:2019年7月16日

令和元年7月16日(火曜)知事の米国訪問(3日目:ニューヨーク)

america3-01

 本日はまず、慶応義塾大学SFC研究所が主催するシンポジウムに出席し、講演を行いました。現地企業関係者やアカデミアなどの方々に、「ME-BYO」や「SDGs社会的インパクト評価実証事業」など、本県のSDGs達成に向けた先進的な取組を紹介するとともに、「いのち輝く神奈川」の「いのち」を、「Inochi」として説明しました。
 その後の質疑応答では、アフリカの方から、「ME-BYO」や「Inochi」は日本のみならず世界に通じる言葉だ、との熱いコメントをいただき、私のこれまでの思いは間違っていなかったと自信を深めました。

america3-02

 次に、今回の一番の目的である、国連ハイレベル政治フォーラム(HLPF)の主要イベントである「Local2030」に登壇しました。ここで、オランダ、フランスなどの代表とともに登壇し、本県のSDGsの取組や、「SDGs全国フォーラム2019」で発表した「SDGs日本モデル」宣言を世界に向けて発信しました。
 会場は、自治体、国連、企業、アカデミアなどの様々なステークホルダーで埋め尽くされ、いかに強固な協力関係、「パートナーシップ」を築くかなど、SDGsのローカライゼーションに向けた議論が交わされました。
 私は県の取組を紹介しましたが、最後に「ミッション、パッション、アクションで一緒にSDGsに取り組んでいきましょう!」と締めくくると、期せずして参加者から大きな拍手が沸き起こり、SDGs達成に向けて会場が一体となって大変な盛り上がりとなりました。
※上記発言の模様は国連広報センターのページ(https://www.facebook.com/UN.Japan/videos/vb.124920904252426/361516854744346/?type=2&theater)の5分10秒あたりからご覧いただけます。

america3-03
 夜には、国連本部で開催された日本政府主催レセプションに出席し、日本の地方自治体を代表して、挨拶するとともに、各国の要人とも意見交換し、本県の取組をPRしました。また、「SDGsの伝道師」を務め、海外でも人気を博すキティちゃんとのフォトセッションは大変な賑わいでした。こうした海外における積極的な情報発信を「いのち輝く神奈川」の実現につなげてまいります。

 明日は、国連開発計画(UNDP)のシュタイナー総裁との会談や国連関係者との意見交換、環境省・IGES主催のイベントでの登壇を予定しています。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa