写真で見る!「黒岩日記」 2018年7月18日

掲載日:2018年7月18日

平成30年7月18日(水曜)知事の中国・遼寧省訪問(1日目)

訪問の様子1

 中国・遼寧省と友好提携を締結してから今年は35周年に当たる重要な年になりますので、記念事業の実施と今後の交流の充実を図るため、7月17日(火曜)から20日(金曜)の日程で遼寧省瀋陽市を訪問しています。

 本日18日は、午前中、中国で最も新しい経済開発地区である瀋撫新区や、瀋陽自由貿易区、中国のロボット産業のリーディング会社である瀋陽新松ロボット社を訪問しました。瀋撫新区は、かつて遼寧省の共産党書記であった李克強首相の提案の下で進めてきた肝いり事業で、広大なエリアにわずか数年で最新鋭のインフラが整備され、経済発展の勢いを肌で感じることができました。

訪問の様子2

 瀋陽自由貿易区では、通常であれば複数省庁に申請する必要のある会社登記や税関、検疫などの手続きが、縦割りを排してワンストップで行えるようにして、新規投資や外資誘致などを促進させるサービス体制が整備されていました。これは日本においても参考になる仕組みであると思いました。

訪問の様子3

 午後には、中国トップクラスの日本語教育を実施する中高一貫校である東北育才外国語学校において、学生による日本語スピーチコンテストに参加しました。この学校の多くの生徒は日本への留学を目指しており、東大や京大などの有名大学に多数進学しています。皆さんの日本語のレベルがとても高く驚きました。将来、日中の、神奈川と遼寧省の架け橋として活躍されることを期待しています。

訪問の様子4

 唐一軍省長との会談においては、両地域のさらなる交流を促進していくことについて改めて確認し、共同声明を行いました。この場にはほとんど全ての局の幹部を省長が集めており、神奈川県との交流に対する本気度が表れていました。人的交流をさらに活発にしていきたいとの省長の提案もあり、こうした地方交流をさらに広げ、太い絆をつくっていくことが重要であると感じました。

 明日(7月19日)は、未病・ライフサイエンスに関する神奈川県の取組みについて、遼寧省の皆様に紹介するともに、中国企業に本県ヘの投資を促すための経済セミナーを実施します。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる