写真で見る!「黒岩日記」 2018年5月18日

掲載日:2018年5月18日

平成30年5月17日(木曜) 東急建設株式会社技術研究所のZEB化改修完了報告・見学会

説明を受ける知事

 県では、エネルギーの地産地消を進めており、その一環として、補助制度を設けてエネルギー自立型の住宅やビルの普及を図っています。今回、県の補助を活用して東急建設株式会社技術研究所に、県内初の改修によるZEB棟が完成し、その完了を記念する報告及び見学会に出席しました。

ZEBを見学する知事

 見学会では、ZEBを実現するための主な省エネ技術を見学しました。はじめに、外皮の断熱性能を向上させるためにダブルスキン化(窓の二重化)したアトリウム及び再生可能エネルギーを利用する建物の壁面に設置した太陽光パネルを見学しました。

0517-003

 次に、空調熱源の高効率化を目指して設置した地中熱利用システム及び将来の水素社会を見据えた先進的な設備として、太陽光で発電した電気を水素として貯蔵する水素エネルギー供給システム(燃料電池システム)を見学しました。これらの技術により、既存の建物であっても、エネルギー自立型のビルに変えられ、しかも、快適な室内環境が実現できるということを証明した最先端の取組ということがいえます。

鏡割りする知事と関係者

挨拶する知事

 最後に、研究所の前で、鏡割りの後、関係者の皆様と記念撮影を行いました。今後とも、引き続き、ZEBの普及促進に尽力することを確認しました。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる