写真で見る!「黒岩日記」 2018年4月27日

掲載日:2018年4月27日

平成30年4月27日(金曜)ヘルスケア・ニューフロンティア・ファンドにおける社会的インパクト評価の推進に係る覚書締結式

three

 本日、ヘルスケア・ニューフロンティア・ファンド(ベンチャー企業の支援を目的に、本県も出資し、本年3月に設立された総額12億円規模のファンド)の運営者である、株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズの青木代表取締役と、当ファンドの出資者である、一般財団法人社会的投資推進財団の青柳代表理事を迎えて覚書を締結しました。
この覚書は、当ファンドにおいて、投資先ベンチャー企業の事業が、社会にどのような効果を与えたか、定量的・定性的に把握する、「社会的インパクト評価(※)」を導入し、投資先ベンチャー企業の成長を加速させることをねらいとしたものです。
(※)社会的インパクト評価
本ファンドの投資先の事業を通じて提供される技術、商品、サービス等により県民や社会に生まれる変化及び効果を「社会的インパクト」といい、それを定量的・定性的に測定することを、社会的インパクト評価」という。

all

 当ファンドでは、経済的な利益の追求のみならず、ヘルスケア分野における社会的課題の解決を目的にしており、今回導入する社会的インパクト評価は、これまでのファンドでは測ることが困難であった、社会的課題への貢献の度合いを明らかにすることができ、このファンドの価値を向上する、非常に意義があるものと考えています。
また、投資先ベンチャー企業にとっては、社会的な側面での企業価値という新たな価値の創出につながり、企業の成長がより加速されることも大いに期待しているところです。
今後は、3者で緊密に連携し、この取組みを確かなものとするとともに、積極的にその成果を発信していきたいと考えております。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる